キャンプ・デービッド

雪の日:「九州うまかもん祭り」経由→「有機ELテレビ」行き

悪天候の祝日、でも出かけよう!

今日は3月21日(祝)ですね。全国的に寒くなり、東京でも最高気温7度、最低気温4度で雨の予報でした。結構寝過ごして、お昼前に外に出てみたら雪! 桜の開花も確認されたというのに、なんだかなぁな祝日です。でも、今日は久しぶりに秋葉原に行きたかったので、しまいかけてたダウンを引っ張り出して、外出しました。

地方の物産展ってなんでこんなに物欲を刺激されるんだろうか?

秋葉原の駅について、さてアキヨドに行こうかな、と思ったら、コンコースのところで「九州うまかもん祭り」というのをやっていました。この駅ナカのスペースは、よく地方物産展をやってるところですね。日頃物産展に目がない私としてはしっかりチェックしちゃいました。

f:id:davetanaka:20180321152151j:plain

明太子関連と並んで、ラーメンやお菓子も結構ありました。

そして、福岡・大分限定のフチ子さんもいました。

f:id:davetanaka:20180321152543j:plain

梅ヶ枝餅…く、これは我慢だな。

f:id:davetanaka:20180321152240j:plain

なん面白いチョコがあったので、これは購入しました。ネジ?

f:id:davetanaka:20180321152258j:plain

結構お客さん並んでました。秋葉原は、いついっても混んでますねぇ。こんな雨・雪の日でもどこも人でが凄かったです。最終的に購入したものは後ほど~。

f:id:davetanaka:20180321152214j:plain

迷っているときが一番楽しいかもしれないですね…

今日の「目的その1」はヨドバシカメラで4Kテレビのチェックです。実は、今は4K TVって買い時とは言えないんですよね。NHKは今年年末、12月1日から4K・8Kの本放送を開始しますが、その受信機となるチューナーやアンテナなどは今販売されているものは使えなかったりします。自宅はケーブルTVのセットトップボックスで地上波やBS放送を受信しているので、TV本体のチューナーは不要なのですが、引っ越すかもしれませんしね。

もう1つ、悩ましいのが今年から登場する「HDR10+」という規格ですね。従来の「HDR10」をさらに高画質化するもので、この2つの条件を兼ね備えたTVが大本命!なのですが、いずれも登場するのは2018年後半になりそうです。

とはいっても、現状すでに4Kを再生できるソース機器として、スマートホームの記事でご紹介したGoogle Cast UltraやAmazon Fire TVのNetflixなど、もろもろありますし、自分が撮影・編集したビデオも4Kだったりするので、上記の本放送に本格対応した製品が出てくるまでのつなぎとして、安価だけど楽しめる4K TVはないかなぁ、と思って探しているところです。画質としては、店頭で見れば一発でわかるとおり、有機ELが液晶に勝っています。で、LGの55inch 2017年モデルがこちら。有機ELと考えると、十分びっくりする安さだと思います。

f:id:davetanaka:20180321170549j:plain

国内メーカーで気になっているのはパナソニックのこちら。なんだかんだ値引きされると約10万円もの差がついちゃうんですよね。ちなみに、現在テレビ用の大型の有機ELパネルを作っているのはLGのみです。つまり、パナソニックやソニーなどの国内メーカーも全社LGのパネルを購入して有機ELテレビを製造しているんですよね。パネルを駆動する仕組みや画作りのためのエンジン、スピーカー、筐体デザインなどは各社の個性が出ています。そのため、私の目でもLGのものよりパナソニックの方が高画質ですし、さらにソニーのA1というモデルが一番綺麗でした。お値段もきれいに10万円ずつあがっていく感じですね。

f:id:davetanaka:20180321171726j:plain

今日も決定打はなく、3月末決算ということで今週・来週末くらいがぎりぎりなのかな、などと考えながら、ヨドバシを後にしたのでした。

コーヒー飲んで一息入れましょう

「目的その2」はコーヒー豆です。秋葉原に行くと、ほとんど毎回よるコーヒーショップがあります。「やなか珈琲店 CHABARA店」さんです。CHABARAも地方の物産を1箇所に集めたショップなんですが、その入口入ってすぐにやなかさんがあります。

f:id:davetanaka:20180321155235j:plain

やなかさんで販売している「ラ・リベルタード・グァテマラ」という豆が夫婦ともに大好きなんです。コクと甘みが強く、酸味と苦味は程よい感じのコーヒー豆だと思います。ローストはお店のオススメでいただいており、パナソニックの全自動コーヒーメーカー NC-A56で淹れています。この豆はブラックでもとても美味しいです。

f:id:davetanaka:20180321161543j:plain

戦利品を早速楽しむ

「九州うまかもん祭り」の戦利品は(左から)「ねじチョコ」「醤明太(ひしおめんたい)」「めんたい辛子たかな」の3点です。

f:id:davetanaka:20180321185604j:plain

まずはネジチョコから。

f:id:davetanaka:20180321185659j:plain

北九州市の「官営八幡製鐵所関連施設」が2015年に「明治日本の産業革命遺産」として世界遺産に登録されたことをきっかけに、鉄をイメージして作られたチョコだそうです。なんだそりゃ? 早速個装の1つを明けてみます。

あ、ほんとにネジた。オスメス1個ずつ入ってますね。

f:id:davetanaka:20180321190331j:plain

ちゃんと組み上がるし!

f:id:davetanaka:20180321190412j:plain

f:id:davetanaka:20180321190438j:plain

お味は、普通のチョコですね。意外に組み付け精度が高くて、口の中でくるくる回せるかと思ってやってみましたがびくともしませんでした。

次は「醤明太(ひしおめんたい)」です。これ、なんと「明太子の皮を集めてつくった佃煮」なんですね。フタを開けるとぎっしり明太子の皮が詰まっていました。生の明太子を食べる時、皮の部分って確かにちょっと邪魔だったりしますけど、それをこんな風に商品化するとは!

f:id:davetanaka:20180321190628j:plain

これは日本酒が合いそうなので、用意してみました。先日のお誕生日の時にお友達からいただいた、「浦霞 エクストラ 大吟醸酒」を開けちゃいました。このお酒、年に一度しか仕込まれない限定品で、なんと「ワイングラスでおいしい日本酒アワード2016 金賞」を受賞しちゃったくらい、香りが楽しめるお酒なんです。

ワインのように、常温か、ちょっと冷やしたくらいでいただくのが一番美味しいと思います。口に含んだ時の鼻に抜ける香りや優しい口当たりがとても良く、いわゆる日本酒日本酒したお酒が苦手な方でも美味しいと思えるのではないでしょうか。

そして、醤明太との相性もばっちりです。甘辛で旨味が詰まった醤明太をちょびっといただき、そこに浦霞をくいっと流し込む! ヤバイ、これ酒と肴を結ぶ、夢のノンストップ・エクスプレス完成しちゃいました。少なくごも1瓶&1本開けちゃいそうです。

f:id:davetanaka:20180321191934j:plain

雨・ときどき雪の祝日はこんな風に過ごしていました。みなさんはどうでしたか? それでは、また!