キャンプ・デービッド

会社で美味しいコーヒーが飲めみたい! ので「コーヒーマエストロ」を試してみます

梅雨寒の今日、コーヒーが飲みたくなりました

ども、デイビッドのキャンプでございます。今日の雨はあまり激しくはなかったですが一日ずっと振ってましたね。気温も下がって、半袖だとちょっと寒いくらいでした。

こんなときはコーヒー!なんですが、家ではパナソニックの自動ミル付きコーヒーメーカー NC-A56-K で毎朝簡単に美味しいコーヒーを楽しんでます。

会社では、自動販売機で購入するのはもったいないので、タイガーの湯沸かしポット わく子 さんを置いていて、お湯を沸かしてインスタントのコーヒーやお茶、白湯を飲んでますけど、やはり美味しいコーヒーで一息つきたいときもあるんですよね。

で、登山やキャンプのときに持ち出すアウトドア用のコーヒーセットというのは持っているんです。 下記の記事の後半で使っているセットがそれです。

これももちろん使えるんですが、キャンプや登山と違って毎日のことですし、会社と家を往復したりもするので、できれば一体化しているようなもっと便利なものを探してました。

コーヒーマエストロを試してみる

で、定番といえば「カフラーノ」なんですが、ちょっとお高い! 1万円くらいしちゃうので、ちょっとお財布が…で、そんなときに見つけたのがわがんせの「コーヒーマエストロ」です。 3,673円(税込)なので、約1/3の値段ですね。

f:id:davetanaka:20180611204726j:plain

箱から出しても、イメージよりはちょっと大きかったです。高さ18.9cm、直径8.9cmでした。

f:id:davetanaka:20180611204828j:plain

一番上のフタ部分はお湯を注ぐためのカップになります。左に、コーヒーミルがありますね。ハンドル部分が折り畳めるようになっています。で、このコーヒーミル部分を反時計回りにひねるとスポっと取れて、その下にアルミのメッシュでできたフィルター部分が出てきます。

f:id:davetanaka:20180611204850j:plain

上のミルで砕いた豆が、そのままこのフィルターの上に落ちてたまるんですね。

f:id:davetanaka:20180611204934j:plain

早速淹れてみます

さて、早速コーヒーを淹れてみましょう。コーヒー豆を入れるんですが、ちょっとたっぷり飲みたかったので、1.5人前の30gくらい入れてみます。下のスクープだと、軽く2杯といった感じです。

f:id:davetanaka:20180611205715j:plain

ミルのハンドルを伸ばしてぐるぐる回します。蝶番式の、一見頼りないハンドルですが、これがくるくるするのに十分な強度をもっており、また手を回転させるときに、蝶番部分がちょっと内側に折れてくれることで、非常に回しやすいというのが意外な発見でした。アマゾンのレビューでは、「豆を挽く時に非常に疲れる」とか「ボトルが太くて持てない」というのがありました。確かに、直径8.9cmの太さは女性とか、手の小さい方だとちょっとホールドが難しいかも知れません。でも、私はぜんぜんOKでした。

f:id:davetanaka:20180611205818j:plain

そんなわけで、結構回しやすいハンドルに気をよくしながらくるくる、くるくると、約30gくらいの豆を約2分間くらいで挽くことができました。

f:id:davetanaka:20180611210106j:plain

沸かしておいたお湯を、トップのカップに注いて、そこから豆に注ぎます。カップの上についている黒い部分をひねると外れるのですが、これをやかんのフタのようにかぶせることで、熱いお湯が入った状態でも、安全に注ぐことが可能です。

f:id:davetanaka:20180611210637j:plain

トップのカップ8割くらい、わりとたっぷりめに注いでみたのですが、抽出されたコーヒー自体は下のタンブラー部分の半分くらいでした。

f:id:davetanaka:20180611211118j:plain

さて、肝心の味ですが今回は結構マイルドな感じで入ったと思います。もうちょっと豆を細挽きにしたほうが良かったかも。ペーパーフィルターを使っていないので、コーヒー豆の油分がそのまま抽出されるので、マイルドながらコクがあるのが特徴だと思います。このクオリティのコーヒーが会社で飲めるんだったら嬉しいなぁ。

ちょっと面倒くさいところもアリ

毎日のことなので、メンテナンスのしやすさも気になるところですが、やはりかなりパーツ点数があるので、そこはちょっと面倒だと思いました。全部水洗いできるので、それは良いのですが、会社だと、洗ってさらに乾燥させて、となると不便を感じるかと思います。

f:id:davetanaka:20180611211723j:plain

一番面倒なのはコーヒーミル部分なのですが、まぁ本当は毎回洗ったほうが良いのかも知れませんが、ここは下記の写真みたいにブロワーとかで細かい豆を吹き飛ばすくらいの簡単な掃除いいかな、と思いました。

f:id:davetanaka:20180611210348j:plain

そうすれば、お湯しか注いでいないトップのカップ部分は拭くだけでOKだし、フィルターとタンブラーを洗うだけで良いので、大分楽になると思います。もっと美味しく入れるコツとか、メンテナンスとかもちょっと長く使ってみないとわからないので、ちょっと使ってみてまた追記してみたいと思います。それでは、また!