キャンプ・デービッド

福岡日帰り出張で細うどんを食べ、帰宅する

今日も暑かったですねぇ。なんかTVで春先の寒暖差が原因で起きる「春バテ」について紹介していましたが、症状としては眠くてだるくてやる気がでないそうです…気温も激しく変化するし、人によっては人間関係やお仕事などもがらっと変わる時期なので、ストレスによるものが大きいそうですが。

 

知り合いでも、転職されたり、同じ会社内で転部されたり、いろいろ変化が聞こえてきています。私はあまり変化ナシ、という感じなのですが、こんな時こそちょっと立ち止まって自分の立ち位置をチェックし直さねば、と思っているデイビッドのキャンプでございます。

 

さて、今日は、福岡でビデオ撮影があったので、日帰りで福岡出張してきました。

f:id:davetanaka:20180403082250j:plain

f:id:davetanaka:20180403084734j:plain

朝9時の羽田発福岡空港行きだったのですが、先方の都合もあり、福岡空港についたそうそう、空港で昼食を取ることになりました。今回チョイスしたのは、因幡うどん 福岡空港店さんです。前回出張時に「牧のうどん」をいただいたので、今回はこちらにしてみました。

f:id:davetanaka:20180403114142j:plain

博多うどん超定番のごぼう天うどんかな、と思ったのですが、かなり暑かったので今回は「冷たい細うどん 大」にしました。

f:id:davetanaka:20180403115232j:plain

会計を済ませた後に、青ネギがたっぷり盛ってあって取り放題なので、がっつり取ってしまいました(この後お客様に合うのに…フリスク一杯食べました)

細うどんも博多うどんと同じように絶妙に柔らかくてのどごしがつるつると気持ちよい感じです。これ大盛りでも2分で食べられちゃいますね。つゆも、見た目は辛そうですが、塩分よりも出汁の風味が強くて美味しかったです。うーん、もう冷たい麺の季節かと思うとちょっとアレな感じですがお腹はいっぱいになりました。よっしゃ、仕事じゃ!

 

…と、気がつけば撮影も無事に終わりました。こんな時に限って、高速バスの時間とか、帰りのフライトの変更とか、もろもろスムーズに行ってしまい、そのままどこにも立ち寄らず、スムーズに真っ直ぐ、羽田に帰ってきてしまいました(もったいないですよねぇ)。

f:id:davetanaka:20180403194803j:plain

あまりにスムーズにいったので、福岡空港での搭乗時間が結構ぎりぎりのタイミングだったのですが、なんとか自宅用にお土産を買ってきました。博多の料亭 稚加榮(ちかえ)さんの辛子明太子の「つぶこ」です。

f:id:davetanaka:20180403210029j:plain

「つぶこ」という名前からわかるように、切れ子よりもさらに粒のみに鳴っている商品で、パッケージはこんな感じです。

f:id:davetanaka:20180403210106j:plain

フタをあけると、本当に辛子明太子の粒だけが入っています。皮が取り除かれているので、料理に使うのにはとても便利なんですよね。

辛子明太子って、うまく皮だけ取り除けなくてなんか損した気になることありませんか? その皮を集めて商品にしちゃったのが、先日秋葉原で思わず買ってしまった「醤明太(ひしおめんたい)」みたいな商品に生まれ変わるんだと思うのですが、

うちは普段ご飯をあまり食べないので、料理やトッピングに向いているつぶこの方が便利に使える気がします。お値段も、130g入って1,080円(税込)とリーズナブルではないでしょうか。

f:id:davetanaka:20180403210133j:plain

福岡には美味しいものがたくさんあるのに、日帰りかつ食事も空港で1食というのはなかなか寂しい感じなのですが、細うどん美味しかったし、つぶこ楽しみなのでOKだと思います。春バテに負けないよう、頑張ろう!と思った夜でした。それでは、また!