キャンプ・デービッド

ホットクック レシピ#02:まずは王道メニュー「無水カレー」を作ってみた

ホットクックの代表的なレシピ「無水カレー」を作る

ホットクックを購入するかどうかを5ヶ月悩みまくっている間に、購入したら作ってみたいレシピもいろいろチェックしていたのですが、どのレビューを見ても「美味しい」「ホットクックならでは!」と書かれているのが今日作る無水カレーなんですよね。

昨日は夜も遅かったので、ウォームアップ的に材料も調理時間も短めの鶏大根を作りましたが、お休みの前の日なので待望の無水カレーにチャレンジしてみます。材料は下記の通りです。

材料 分量
トマト 4個
玉ねぎ 3個
人参 小2本
セロリ 1本
豚肩ロース 薄切り300g
カレールー 5皿分

オリジナルレシピよりも、トマトと玉ねぎが+1個になっており、またチキンではなく豚肩ロースにしています。これは完全に好みですね。

f:id:davetanaka:20180316193603j:plain

トマトは角切り、玉ねぎはあらみじん切り(1個は薄くスライス)、セロリみじん切り、人参薄切りをどんどんホットクックの内鍋に入れていきます。一番下が水分の出やすい野菜、今回だとトマトが良いみたいです。豚肉は薄切りなので、一番上に並べ、その上にカレールーを載せてフタをします。

f:id:davetanaka:20180316231014g:plain

メニューから「No.007 チキンと野菜のカレー(無水カレー)」を選択して調理開始です! スイッチを押すだけで、後は好きなことができるのはしみじみ便利だなぁと思います。カレーって、結構焦げ付かせたりしちゃうんですよね。

f:id:davetanaka:20180316195857j:plain

約1時間15分で完成しました!フタを開けると、あれだけ入れたトマトはすっかり溶け、たまねぎも形は残っていますが全体的にとろとろです。ちょっとだけカレールーが固まっている部分があるので、調理スプーンでかき混ぜました。

f:id:davetanaka:20180316213526j:plain

フタを開けるシーンを動画で撮影してみました。無駄?に4K動画になっています。全画面でお楽しみください~(無性にカレーが食べたくなっても当方は責任を負いかねますのでご注意ください)。

美味しい!けど改善の余地はあるかも

  • 一口食べた時に感じたのは、トマトの軽やかな酸味と玉ねぎの甘味でした。カレー成分については、ちょっとたってから口全体にスパイスのぴり感を感じるようなバランスでした(ジャワカレー中辛 半箱使用)。甘みが強いレシピなので、次回は辛口でトライしてみたいと思います
  • これはこれでお好きな方もいると思います。私はもうちょっとカレーカレーしてほしかったので、カレールーをもう1欠片追加して5分追加加熱しました。ルー1個追加後はすごく美味しいカレーに仕上がりました! ご、ご飯が食べたいですが明日まで我慢です…
  • フタを開けてまだ加熱が必要かな、という時に、本体は加熱モードでスタンバイしてくれているので、追加加熱の分数を指定するだけでさっと再加熱できるのはとても便利でした
  • 一番上に、どさっとおいた豚肉は、もちろん火は十分に取っているのですが、固まっちゃっていたので、シリコンの調理スプーンでほぐして食べました。お野菜の間に敷いた方が良かったのかもしれません
  • 準備に関しては、例によってただ刻みまくるだけ、だけなので超ラクなのですが、よく考えたらフードプロセッサ使えばもっと楽だったな、と思いました。
  • 今日の分量で2.4Lの内鍋ぎりぎりでした(これ以上だとまぜ技ユニットにぶつかる)。夫婦揃って炭水化物控えめなので、おかずの分量が多い我が家ではやはり2.4Lが必要でした

f:id:davetanaka:20180316220623j:plain

明日が炭水化物解禁日なので、フタをして冷蔵庫に保存します。並行してもう1品調理するために、内鍋を追加で購入する方も多いようですね。本格的にいただくのは、明日朝に取っておこうと思います。それでは、また!