キャンプ・デービッド

ホットクック レシピ#11:アドリブで蒸し煮を作ってみる

デイビッドのキャンプでございます。今日は昨日とうって変わって寒い一日でしたねー。毎年4月は実は寒いことが多く「もう4月なのに寒いねぇ」なんてセリフを聞くと「いやいや例年4月は結構寒いから!」とツッコミを入れていたのですが、今年はちょっと異常ですね。

 

木曜日ということで、明日の金曜日は。土曜日の筋トレ一日前ということで抑えめの食事日のため、今日の木曜日はちょっと美味しいものが食べたくなりました。ホットクックや無水鍋関連のレシピをチェックしていたのですが、今日はなにかピンと来ません。ちょっと悩んだのですが、そういえば家にも結構野菜が残っていたことを思い出し、家にある野菜をどかどかアドリブで入れてみて、ホットクック任せで仕上げてみたいと思います! 

 

材料は右上から時計回りに、豚バラ肉240g、ニンジン1本、レンコン、長ネギ1本、ゴボウ2本、白菜1/4、大根1/2、ウィンナー1袋です。

f:id:davetanaka:20180405182516j:plain

さて、これも水分が多くでそうな、白菜と大根を下の方に入れ、一番上にお肉を広げました。これだけだと、流石に水分が少ない気がしたので、今回はお酒を大さじ2杯入れて、お酒の量も含めた全体量の0.6%の塩を投入しました。

f:id:davetanaka:20180405205746g:plain

メニューは「煮物(まぜる)」>沸騰後5分調理、でやってみました。ところが、レンコンや大根の火の通りがいまいちで芯が残りまくりだったので、そこからさらに再加熱10分しました。こういう時、仕上がりをチェックしてすぐ再加熱をセットできるのが便利ですね!

f:id:davetanaka:20180405192054j:plain

f:id:davetanaka:20180405195151j:plain

完成しましたー!大根に火が通ったら、急に全体的にまとまりがでてきました。豚肉やウィンナーのお蔭でボリュームもたっぷりですし、野菜も6種類も摂れているので、なんか健康に良いモノを食べた気になりますね。

 

とりあえず、基本的な文法(水分の出る野菜を下にする、水分が出ない場合は無水にせず多少水分を追加する、とか)さえ理解してしまえば、失敗しないし、かつちょっとアレでも再加熱でリカバリーできるのは、ホットクックの素晴らしいところだと思います。それでは、また!