キャンプ・デービッド

通販ヘビーユーザー必携の【価格調査ツール】2点を紹介します(追記あり)

誰だって、損はしたくないですよね!

どもです。もしあなたがGoogle Chromeを使っていて、かつAmazonや他のECサイトで頻繁に買い物をするなら、ぜったい追加しておいた方が良い拡張機能が2つありますので、今日はそれを紹介したいと思います。それは「Keepa」と「自動価格比較/ショッピング検索」です。

① Keepa

f:id:davetanaka:20180227214157j:plain

② 自動価格比較/ショッピング検索

f:id:davetanaka:20180227214156j:plain

インストール方法について

Googe Chromeに拡張機能を追加するには【Chromeウェブストア】を使用します。Chromeウェブストアも、それぞれの拡張機能もURLが固定なので、すでに Google Chromeを使用してれば下記URLをクリックして直接アクセス可能です。

念のため、Google Chromeのメニューからアクセスする方法は下記のとおりです。

  1. メニューバーの右上にある「︙」をクリック
  2. サブメニューから「その他の機能」を選択
  3. さらにサブメニューから「拡張機能」を選択
  4. 一番下にスクロールして「他の拡張機能を見る」を選択 する

f:id:davetanaka:20180227215156j:plain

早速使ってみましょう!

勝間和代さんのブログで頻繁に登場し、かなり気になっている自動調理鍋(無水調理対応)のホットクックをチェックしてみます。下記は小さい1.6Lのモデルです。普通は、このように今の価格が表示されるだけですが、ちょっと下にずずずいっとスクロールすると…

f:id:davetanaka:20180227214152j:plain

こんな↓画面が表示されます。折れ線グラフで、Amazonやマケプレ業者の販売状況が手に取るようにわかります。

f:id:davetanaka:20180227214153j:plain

右側のアイコンをオン/オフしたり、期間を変更することでより詳細な価格チェックが可能になります。特にお勧めなのはタイムセール情報で、いつ行われたか、またもし行われていたらその時の価格がいくらだったか、などがわかるので、次回のセールの時の参考にできます。

f:id:davetanaka:20180227221903p:plain

KeepaはあくまでAmazonサイト上での販売実績ですが、これにさらに自動価格比較/ショッピング検索を組み合わせることで、他のECサイトでの販売価格を同時にチェックできます! ページ一番下にこんな↓リストが表示されます。

f:id:davetanaka:20180227214154j:plain

価格の安い順に、どのECショップでいくらで販売されているがリストアップされます。比較対象店舗はなんど楽天、Yahooショッピング、Amazon、ヤフオク、ビッダーズ、ライブドアデパート、買う市ショッピングモール、Gマーケット、コメ兵、ショッピングフィード(約4,000店)などなど…合計6万店以上も網羅しています

情報戦を制したものだが手にできる「満足感」がそこにある

この2つを使いこなすことによって、

  • Amazon本体が品切れの時にマケプレ業者に高値で買わされてしまう
  • タイムセールの情報を見逃して買い急いだり、買い逃す
  • 通常販売価格と比較してあまりオトクでないタイムセールにひっかかる

などの事故を防げます。意外なな掘り出しものも発見できると思います。ちょっとでも損したくない人(私がまさにそうですが)は、今すぐインストールされることをおすすめします。それでは、また!

追記:タイムセールになった!

この記事を作成した2日後、Amazonが「春のタイムセール祭り」を開始したので、同じくホットクックをチェックしてみました。確かに、タイムセールになっています! でも、そもそもどれくらい安くなっているか、これを見るだけだとわからないんですよね。

f:id:davetanaka:20180301071212p:plain

でも、Keepaをインストールしてあれば一発です。

f:id:davetanaka:20180301072627j:plain

こんな感じで、マウスを重ねるだけでタイムセール前後の価格チェックができます。今回の場合、直前の販売価格からは約7%くらい値引きされていることがわかりますね。

さて…タイムセールの値引率はわかったけど、実際買うか買わないか…結構なやんでるんですよね…それでは、また!