キャンプ・デービッド

復習するは我にあり:ルーローハンと大根餅を料理してみた

昨日、男性向けの料理教室「メンズキッチン」で代表的な台湾料理であるルーローハン(魯肉飯)や大根餅などを教わったので、早速今日復習してみました。 

www.davetanaka.net

わかりやすさ重視のために、大根餅編ルーローハン編にわけて書いてますけど、一応自分なりに並行して準備しています。改めて作ったり、調理手順を写真に撮ってみると、福本先生のレシピは初心者向けにかなりシンプル化されており、作りやすかったです。それでも朝7時から準備して、調理終了が8時15分という感じでした。1時間は切りたいですね…。

大根餅編

大根餅の材料はこんな感じです。

大根 1/3本
薄力粉 50 G
片栗粉 50 G
ひとつまみ
鶏ガラスープの素 小さじ½
ごま油 少々
干しエビ 10 G
干し椎茸 一個
ラー油 適宜
醤油 適宜

 まず、そもそも大根餅を食べたことはあったのですが、どういう料理なのかわかっていなかったんですけど、大根餅って結局は大根をすりおろしたものを混ぜ込んだお好み焼きみたいなものなんですね。先生のレシピでは、薄力粉50 G と片栗粉50グラムを合わせて100 G 用意したところに、大根1/3本分をおろしたものを混ぜこんでいます。本来は、繊維質の多い大根の先端部分は食感を出すためにおろさず、みじん切りにして投入するレシピなのですが、購入した大根が上の方だけだったので、そのステップは省きました(大根高くて1本だともったいなくて買えない…)。

まず、風味の肝になる干しエビと干し椎茸をお湯で戻します。10分くらいでしょうか。

f:id:davetanaka:20180128081518j:plain

取り出して細かく刻んでおきます。この時の戻し汁も貴重な風味のもとなので、捨てずに生地に練り込みます。

f:id:davetanaka:20180128082843j:plain

薄力粉50 G と片栗粉50グラムを合わせて100 G 計量します。

f:id:davetanaka:20180128081850j:plain

大根おろしは、おろしたあとに軽く絞って、大根おろし部分とおろし汁を分けておきます。教室では、食感を良くするために鬼おろしを推奨していました。

 

f:id:davetanaka:20180128082614j:plain

干しエビ、干し椎茸、それらの戻し汁、大根おろし本体、塩、鶏ガラスープを粉に混ぜ込んで、かき混ぜながら大根おろしの汁を追加して硬さを調整します。硬さは、お好み焼きなどよりは全然柔らかめで、サラッとした感じが良いようです。

f:id:davetanaka:20180128083421j:plain

フライパンに胡麻油をたらし、焼いていきます。

f:id:davetanaka:20180128085521j:plain

この時、まず蒸し焼きにするので、先程の大根おろしの汁を大さじ2杯くらい加えてフタをします。

f:id:davetanaka:20180128085550j:plain

3分くらい加熱して、汁がなくなり、フライパンを揺らして本体が動くようになったら、お皿などを使ってひっくり返します。ちょっと緊張する瞬間です。

f:id:davetanaka:20180128090019j:plain

裏面もしっかり焼きます。カリッと仕上げたい場合は、大さじ1杯のごま油を周囲からちょっとずつ追加して、フライパンをゆすったり、全体をヘラで押さえたりして焼き目をつけて焼き上げます。焼きあがったら、フライパンから取り出して小さく切り分けます。これで完成です! 教室では、あさつきや糸唐辛子をちらしていましたが、今回は省略しちゃいました。

f:id:davetanaka:20180128091014j:plain

 

ルーローハン編

次にルーローハンを作ります。用意するものはこんな感じです。ざっくり言うと、豚バラを細かく刻んでいため、Aを加えて煮込み、Bをのせて完成、という感じです。

豚バラ肉 270 G
生姜 ひとかけ(チューブで代用)
にんにく ひとかけ(チューブで代用)
五香粉※ 小さじ1
こしょう 少々
ごま油 小さじ1
(A)水 250cc
(A)砂糖 大さじ3杯
(A)酒 大さじ3杯
(A)醤油 大さじ1 ½
(A)オイスターソース 大さじ 1 ½
(B)ゆで卵 2個
(B)メンマ 適宜
(B)高菜 適宜

 

台湾料理のキモといえるのが、この五香粉(ウーシャンフェン)ですね。桂皮(シナモン)、丁香(クローブ)、花椒(カホクザンショウ)、小茴(フェンネル、ウイキョウ)、大茴(八角、スターアニス)、陳皮(チンピ)などの粉末をまぜた混合香辛料です。とくに、八角の香りがすごいです!

f:id:davetanaka:20180128084713j:plain

まずは、豚バラブロックを細かくしていきます。薄切りよりも、ごろごろ感がだせるのでブロックでの購入をおすすめします。こんな感じでカットしました。

f:id:davetanaka:20180128083554j:plain

f:id:davetanaka:20180128084255j:plain

まずは、弱火でごま油を熱して、そこににんにくとしょうがを投入、香りがたったところで豚肉を食わえ、さらにこしょうと、五香粉を加えます。ここで、いきなり台湾料理っぽさがぐぐっと増してお腹が空いてきます。

豚肉の色が変わったら、Aを一気に投入して、あとはぐつぐつと煮込んで行きます。料理教室では30分間煮込みましたので、家でも30分煮込んでいます。結構、簡単ですよね!

f:id:davetanaka:20180128085212j:plain

汁も煮詰まったら、ご飯をよそってその上にルーローをよそい、汁もかけながらBのゆで卵、メンマ、高菜を載せて完成です! 

f:id:davetanaka:20180128091332j:plain

台湾料理の復習完了です!

f:id:davetanaka:20180128091625j:plain

大根餅はしっかりしたもっちり感と、干しエビ・干し椎茸の風味がとても美味しいです。ちょっと醤油&ラー油をつけることでぐっと美味しさが増しますね。

ルーローハンも非常に美味しくできました。煮汁の濃さもちょうどよかったですし、五香粉の香りも食欲をそそられ、もう、ぐちゃぐちゃ混ぜでがんがんかっこむ感じで完食しました。

それぞれ改善点ありました

大根餅は食感重視しないと飽きるかも

本来のレシピはかりかりベーコンを加えたり、大根の先端の部分を刻んで入れたりすることで、食感を大事にしていたのですが、どっちも省略してしまったので、餅感は楽しめ、風味も良かったのですが最後の方はちょっと飽きちゃいました。

ルーローハンは本体は良かったけど付け合せが…

こちらはあんまり反省点ないのですが、付け合せの高菜がべっちゃりしてあんまり辛くなく、美味しいものではなかったのがちょっと残念でした。メンマも、穂先メンマよりは歯ごたえのある普通のメンマのほうが良かったかなぁ。

全体的には復習は成功したと思います!

今回の復習は以上です。五香粉はあまり多用することはないかもしれませんが、それ以外はこれを作るためだけに購入して無駄になってしまうような材料・調味料は少ないと思うので、そういう意味でもおすすめのメニューです!ぜひ作ってみてくださいね。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。
それでは、また!