キャンプ・デービッド

気分がちょっと落ち込んだ時に見る動画「トミー・フランクリンのオーストラリアズ・ゴット・タレントオーディション」

デービッドのキャンプへようこそ!

いつ見ても元気をもらえる動画

今日は、私が落ち込んだ時に見て、元気をもらっている動画を紹介したいと思います。事前に長い説明は不要だと思うので、ぜひ見てみてください。パフォーマンス自体は02:52くらいから始まります。


Tommy Franklin - Australia's Got Talent 2013 audition

 

いかがでした? 私は本当にこの動画が大好きで、イヤなことがあったり、ちょっと気分がふさぎ込んだ時など、何度も見返しています。

 

長い説明は不要だと思うのですが、オーストラリアの最東端の小さな街、バイロンベイ出身のダンサー、トミー・フランクリンさんが、2013年のオーストラリアズ・ゴット・タレントのオーディションに出場した時の動画です。

動画の構成が見事

この動画、なんといっても、ハードルの下げ方が見事じゃないでしょうか。

  • トミーさんの奇抜な格好(長い髭や薄い頭髪)
  • パフォーマンス前の審査員との受け答え~審査員や観客の冷ややかな目線
  • 「どんな感じで踊るの」という質問への答えのキモさ:「ヒゲから塩の雨(=汗)が飛び散るよ!」
  • 控室での落ち着きのない態度と、それに冷ややかな目を向ける他の参加者

 これだけ下げに下げてからの、爆発するような幸せなダンス! いま、この場で生きていることへの感謝を全身で表現するようなパフォーマンスに、冷ややかだった審査員たちも、観客も一気に巻き込まれ、会場全体が幸せの波に飲み込まれていく!

 

BGMはオーストラリアのバンド「Bag Raiders」の「Shooting Star」という曲です。原曲は、下から上にあげあげになる部分が動画よりさらに長く、多幸感も抜群です。Spotifyのリンクを張ってみますね。 

 

16才の時にドラッグやアルコールに溺れて、交通事故で車椅子生活も送ったこともあるトミーさんが、自分の親不孝な半生を振り返り、オーディションを期になんとか自分の人生を変えたいという必死さが伝わり、しみじみ感動しながらアゲアゲになります。

トミー・フランクリンのその後

トミーさんは、同年の優勝はのがしていますが、今も元気に地元のオーストラリア バイロン・ベイでイベントやダンスのワークショップなどを行っているそうです。

f:id:davetanaka:20180106150042p:plain

Tommy FranklinのHPより

バイロン・ベイの場所はこちらです。 

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

またどこかのキャンプ場で!