人生をわくわく楽しく過ごしたい、あなたと一緒に頑張るブログ

【まとめ】作って美味しかったホットクックレシピ 【ベスト10】

(2019年06月)Amazon特選タイムセールでホットクックがお安くなってます

2019年6月1日(土)~3日(月)のAmazonタイムセールで、ホットクックの「KN-HT24B-R」という、2.4Lのモデルが31,800円(税込)で販売されています。WiFi機能が無く、カラーも赤のみのモデルですが、2.4Lのサイズは魅力的です。ホットクックが気になっている方は、ぜひチェックしてみてください。

スポンサーリンク

ホットクック約100件のエントリからTop 10レシピをご紹介!

ども、デイビッドのキャンプでございます。本ブログでご紹介したホットクックのレシピの中から、本当に美味しかったベスト10をご紹介したいと思います!

⑩レシピ#36:無水キーマカレー

ホットクックお得意の、トマトを使った無水カレーです。ひき肉たっぷりですが、トマトの酸味が効いていてさっぱりした仕上がりでした。カレーはジャワカレー辛口一択の我が家ですが、さっぱり爽やかからの深い辛さとコクがとても美味しかったです。

f:id:davetanaka:20180729082535j:plain

ホットクック レシピ#36:「キーマカレー」のキーマはひき肉って意味じゃないんですね

スポンサーリンク

⑨レシピ#26:キムチ豆腐(2回調理)

f:id:davetanaka:20180622214227j:plain

夫婦揃って好きな、東海漬物さんのキムチ「こくうま」を味付けのメインとしてかつようした簡単キムチ豆腐メニューです。初回に作って美味しかったので、さらに野菜を増やして2回目も作りました。手軽で、かつ本当に美味しい!
ホットクック レシピ#26:キムチ豆腐をさくっと作る ホットクック レシピ#28:疲れた身体に「キムチ豆腐 野菜増量バージョン」が染みる

⑧レシピ#50:キャベツ入り無水キーマカレー

f:id:davetanaka:20180829165455j:plain

こちらもカレーなんですが、玉ねぎ3個、キャベツ600g(半玉分)と牛豚合挽き肉200gを使った無水カレーになります。第10位のレシピからトマトを抜いて、キャベツを入れたようなものですね。ご飯にかけるより、単体でスープ的に楽しむことをおすすめします
ホットクック レシピ#50:記念の50回目は「無水キャベツカレー」で!

⑦レシピ#32:鶏のふっくらつや煮

f:id:davetanaka:20180711201415j:plain

このレシピは、鶏胸肉を一旦フライパンで焼き目をしっかり付けてからホットクックに入れるというメニューなので、いわゆる全自動調理ではないです。一方で、焼いた皮の旨味と、濃い味付けという組み合わせが素晴らしく、とてもご飯がすすむおかずでした。

ホットクック導入後4ヶ月くらいで、ヘルシオとの組み合わせの可能性について考え始めるきっかけとなったメニューでもあり、第7位となりました。
ホットクック レシピ#32:鶏のふっくらつや煮

⑥レシピ#45:塩麹豆乳鍋

f:id:davetanaka:20180819080342j:plain

2018年下半期の一番大きなニュースは、勝間和代さんが「勝間式 食事ハック」を出版されて、そこでかかれていた自家製塩麹醤油麹をホットクックのレシピに本格的に活用したことです。

その代表的なメニューであり、成功例がこちらの塩麹豆乳鍋ですね。味付けは塩麹と豆乳の風味だけ。鶏肉の下ごしらえと、手作りの肉団子にも塩麹を使ったシンプルなお鍋ですが非常に複雑な味が楽しめるお鍋でした。
ホットクック レシピ#45:ホットクックで塩麹豆乳鍋!

⑤レシピ#59:白菜のクリーム煮

f:id:davetanaka:20180927203837j:plain

第6位の塩麹豆乳鍋に近い味付けですが、こちらは牛乳を使ったバージョンです。だいぶ調理時間も手間も短くなっていますので、気軽に作れるのはこちらですね。これは本当に妻も好きなメニューで、何回かリクエストをもらってますし、妻も作ってくれています。

ベースとなる、塩麹・牛乳・ベーコンさえあれば、あとはどんなお野菜もばっちこい!ですね。一部とろみ付けのために野菜に片栗粉をまぶす工程がはいりますが、面倒くさい時は片栗粉なしで作っても美味しいです!
ホットクックレシピ #59:「白菜のクリーム煮」はリピ決定。簡単なのに美味しいです!

④レシピ#31:牛すじこんにゃく煮

f:id:davetanaka:20180708224719j:plain

ホットクックと出会ってなかったら一生自分では調理しなかっただろうな、という食材がありまして、それがこの「牛すじ」です。

さすがのホットクックでも全自動というわけにはいかず「下茹で」と「煮込み」の2工程が必要なのですが、その手間をかけたとしても、得られる美味しさが想像以上!だったので、第4位にランクインしました。

このねっとりした食感と深い旨み、日本酒との相性は唯一無二ですね…スーパーの精肉コーナーで必ず良さそうな牛すじが出てないかチェックするようになりました。ホットクックに感謝です。
ホットクック レシピ#31:すじこん(牛すじこんにゃく煮)を作ります

2018年下半期に訪れた大きな変化について

第10位~第4位まで発表しました。やはりホットクックの代名詞ともなっている、無水調理によるカレーが2件ランクインしています。

途中でも書いていますが、塩麹・醤油麹という新しい調味料が加わったことと、それによる調味料のシンプル化が、2018年下半期の一番大きな変化です。

まず、みりんや砂糖がレシピに書いてあっても、塩麹か醤油麹を使用する場合は、甘みやとろみについては両麹がカバーしてくれるのがわかっているので、省略することが多いです。顆粒タイプのだしやコンソメなどもそうです。

f:id:davetanaka:20180427205047j:plain

基本はこの4種類を用意しておいて、塩分を0.6%になるように調整。この基本とホットクックの無水電気調理の組み合わせがベストな結果を導き出す。この黄金ルールを守っていれば、ほとんど失敗することもないですし、毎回期待以上の美味しさを約束してくれますね。

さて、それではベスト3の紹介です!

③レシピ#47:塩麹&醤油麹の唐揚げ

f:id:davetanaka:20180824203448j:plain

唐揚げを揚げる工程は深めのフライパンでやっているので、正確にはホットクックでの調理ではありませんが、ここで使用している塩麹と醤油麹がホットックによる自家製なので、ランキングの中に登場しています。

作るのは「米麹と塩と水」or 「米麹と醤油麹と水」を適量投入し、あとはホットクックの低温発酵調理機能にまかせて6時間ほっておくだけ。塩の代替品として計量が容易になるだけでなく、まろやかで豊かな風味を足し、さらにお肉を柔らかくしてくれる、まさに魔法の調味料です。それを最大に活用したこの鶏のから揚げ、ぜひいちど試してみていただきたいと思います。
ホットクック レシピ#47:「塩麹唐揚げ」 vs. 「醤油麹唐揚げ」

②レシピ#08:白菜と豚肉の重ね煮

f:id:davetanaka:20180327201934j:plain

なんといっても、準備する材料が「白菜塩胡椒豚肉」の漢字7文字だけ。調理も切って重ねてスイッチを押すだけ、それでいて圧倒的に美味しい!というレシピがこちらです。いつ作っても・誰が食べても保証された美味しさ。ちょっとマジックを感じてしまう、超オススメのメニューが上半期と同じく第2位です。
豚国と白菜の重ね煮 ホットクック レシピ#08:白菜豚肉塩胡椒…白菜豚肉塩胡椒…白菜豚肉塩胡椒…でたどり着く天国

①レシピ#74:手羽元チキンの無水カレー

f:id:davetanaka:20181123071408j:plain

2018年の年間ベスト1レシピはこちらの手羽元チキンです!ぱちぱちぱち。

ホットクックを買わなければ自分で調理に使うことが無かったであろう食材Part.2が「手羽元」です。食べるのも骨なしの鶏肉が好きですし、手羽元を食べるにしてもぜひチューリップにした唐揚げを希望します。食べるのが面倒で手が汚れるからですね。

でも、これまでのように豚肉などで代用せず、基本にのっとってレシピ74作目にして作った手羽元を使った無水カレーの美味しさに完全にやられました。骨付きの鶏肉から抽出されたチキンの深い旨みとトマトの酸味、ジャワカレー辛口のそれは美味しいこと!

懸念していた骨の取扱は、肉は簡単に骨から外れますのでまったく気になりませんでした。これなら絶対手羽元で作るべき、と改めて思わされたレシピでした。

その驚きと、なんでも「惰性ではなく、ちゃんと自分の頭で考えて作ることの重要さ」を教えてくれたという意味で、カレー3品目のランクインではありますが、堂々の年間第1位としたいと思います。
ホットクック レシピ#74:手羽元チキンの無水カレー

2018年のまとめ

3月に購入してまさかホットクックで80品も作るとは思っていませんでしたが、やはり「美味しくて健康な食事」を簡単に実現できるから長続きするんだと思います。美味しい料理は健康に悪いか、準備に時間がかかるかどちらかになることが多いですが、ホットクックは時間をかけても人間はその間フリーになるので、その点やはりブレイクスルーな調理器具なんだと思います。本当に買ってよかったです!

ホットクックは1.6Lの小さいサイズのもので新製品が登場していますが、2019年には大きいモデルでも新製品が登場するのでしょうか。私はこの年末にヘルシオも導入しましたので、ホットクック&ヘルシオの合わせ技でまた色々な料理にチャレンジしてみたいと思います!

さて、本日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。よろしかったらコメントや、こちらから読者登録していただけると嬉しいです。それでは、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA