キャンプ・デービッド

楽しいキャンプのために技アリのヘッドライト買った(風邪で寝込んでるけどね)

ども、デイビッドのキャンプでございます。昨日から絶賛風邪ひき中で寝込んでおります。熱は微熱くらいなんですけど、咳とだるさがつらいですねぇ…まぁ、週末ゆっくり寝てなんとか治したいと思っているのですが。

 

実は来週末、また妻とキャンプに行こうと思っているのですが、妻に取っては初めてのお泊りキャンプなので、初体験をできるだけ快適なものにするために、いろいろアイテムを追加してます。テントは今回もtent-mark designsのサーカスTCなので2人でも余裕です。肝心のコットとシュラフはすでに用意済みなのですが、そういえば細かいモノ、例えばヘッドライトなどは妻の分がないので、購入することにしました。

f:id:davetanaka:20181110185722p:plain

f:id:davetanaka:20181110184454j:plain

前回は「ふもとっぱら」多分今回は「道志の森キャンプ場」に行くと思うんですが、夜間の火遊び(焚き火ね)とか、お手洗いに行くときにはヘッドライトは欠かせないので、アマゾンで探します。とその前に…

Amazon Basicsで電池も買っておこう

キャンプ用品って、結構電池使うんですよね。LEDのランタンとか、携帯用のラジオとか。備蓄している電池が少なくなったので、単3・単4電池をみんなだいすき「Amazon Basics」で買います。それぞれ、20個パックを買いました。

f:id:davetanaka:20181110174537j:plain

f:id:davetanaka:20181110174710j:plain

外箱はこんな感じです。4本ずつシュリンクされてますね。

f:id:davetanaka:20181110174848j:plain

全部でこんな感じ。黄色のラインがデザインのポイントになってますね。かっこいい。これでちょっと安心です。購入時の価格は単3x20本が899円、単4x20本が925円ということで、100均の電池よりはかなり高いですが、寿命とか電圧とか安全性とかはなんかAmazon Basicsの方に軍配が上がりますね。

ヘッドライトの必要条件+αを満たす「Litom LEDヘッドライト」

さて、肝心・本命のLitom LEDヘッドライトも一緒に到着しました。そもそも、キャンプや登山、夜釣りなどのレジャー、あるいは防災的な目的である程度のバランスを求めると、購入の条件はこんな感じになると思います。

  1. 乾電池で長時間動作すること(コンビニ・スーパーですぐ買える)
  2. 十分な明るさを備えており、かつ状況に応じて調整できること
  3. 軽くて長時間の装着が可能なこと
  4. 小雨・雨でも使用するので防水性能があること
  5. 緊急時のフラッシュライトモードを備えていること

で、私が購入したのはこちらの製品です。168ルーメンと結構明るいヘッドライトで、価格も1,680円と今回の用途には十分だと思います(1ルーメン100円?)。

f:id:davetanaka:20181110174917j:plain

f:id:davetanaka:20181110174936j:plain

パッケージから出したところはこんな感じ。ヘッドライトの部分も結構小さくて良いです。頭の周囲のバンドで固定するだけのもので、頭頂部のバンドはありません。

f:id:davetanaka:20181110175002j:plain

ヘッドライト部分は土台から下に向けて角度がつけられるので、額から前方方向を照らすのか、足元を照らすのか、必要に応じて角度を調整できます。

f:id:davetanaka:20181110175118j:plain

ヘッドライブ部分の爪を押し上げながら開くと電池ボックスがあります。単4電池3本使用します。

f:id:davetanaka:20181110175315j:plain

f:id:davetanaka:20181110175333j:plain

f:id:davetanaka:20181110175349j:plain

明るさは、ヘッドライトを正面から見た左のボタン(白色ライトスイッチ)を押すことで、上から「強>中>弱>切」と切り替わります。「強」は流石に明るすぎる感じなので、来週末のキャンプの時は多分「中」をメインに使用すると思います。

左のボタンは、エマージェンシー用の赤色ライトスイッチで、「赤点灯>赤点滅>切」と切り替わります。両方のライトを同時に付けることはできません。

技アリ:ジェスチャーセンシング機能便利!

で、このLitom LEDヘッドライト1つ技ありな機能があります。それが、ジェスチャーセンシングというモードです。白色ライトスイッチを3秒以上押し続けることで上部のスイッチが緑色になります。

f:id:davetanaka:20181110183255j:plain

この状態で、ヘッドライトの前に手をやると、そのたびに「点灯>消灯>点灯…」と切り替わります。

f:id:davetanaka:20181110195259p:plain

この機能、実はとっても便利です。ヘッドライトを装着した後だと、上部の小さなボタンを操作するのは結構難しくなります。手袋をしていたりするとなおさらです。でも、このモードにしてしまえば手袋をしていようが、寝ぼけていようが、両手に何かを持っていようが、手や腕をライト前で通過させるだけでオンオフをコントロールできます。これ、ほんとに便利なんです!! さぁ、これでキャンプの準備は完璧かな。あとは天気が良ければなー。

 

今日もここまで読んでいただき、ありがとうございました。本日の内容はいかがだったでしょうか? よろしかったらコメントや、こちらから読者登録していただけると嬉しいです。それでは、また!