キャンプ・デービッド

藤沢「旬鮮炭火焼 獺祭」さんは日本酒をじっくり楽しめる美味しいお店でした!

ども、デイビッドのキャンプでございます。先日、Appleユーザーグループ「ハマリンゴ」の集まりで、藤沢の「旬鮮炭火焼 獺祭」という居酒屋さんを訪問しました。居酒屋にカテゴライズされていますが、お料理も日本酒の品揃えもどう考えても日本料理店でした。

20席くらいのこじんまりしたお店ですし、平日でも予約をしないと多分かなり厳しいと思います。われわれは6人で伺いましたが、きっちり5時半開始、7時半からは別のお客さんが外で待っていらっしゃいました。お食事の間も予約なしのお客さんが5組くらい、入り口でお断りされてましたので、ほんとうに人気店だと思いますし予約は必須ですね。

f:id:davetanaka:20180922173408j:plain

お店の内部はこんな感じです。入り口の側の棚に所狭しと日本酒が並べられていました。もちろん、店名の獺祭もいただけますが、他にも色々珍しい日本酒が揃っているようです。あ、注意点として、最後に土鍋で炊いた炊き込みご飯がいただけるのですが、コースによって内容が異なります。時間がかかるので、この土鍋の炊き込みご飯だけは先に注文する事をお勧めします。今回は、アジの炊き込みご飯だったのですが、奮発して鯛の炊き込みご飯にしていただきました。1人500円アップしました。

f:id:davetanaka:20180922173506j:plain

日本酒の徳利もお店オリジナルのものですね。お猪口も色々なものが用意されていて、好きなお猪口でいただくことができました。

f:id:davetanaka:20180922173757j:plain

蒸し野菜からスタートです。トマトやズッキーニ、おくら、そして特にトウモロコシが美味しかったです。以外に夏野菜と日本酒も合うんですね!

f:id:davetanaka:20180922173835j:plain

トマトにドレッシングがかかったサラダです。こちらも和風に仕上がっていて、おいしくいただきました。

f:id:davetanaka:20180922174221j:plain

鳥の手羽先ですね。これがほんとうに美味しかった!揚げたてで熱々なんですが、しっかりしたタレに付けられており、かつ写真の通りスパイスがたっぷりかかっていて、グッと食欲にドライブがかかります。天日干ししたカンボジアの胡椒を使っているとのこと。この辺りからお酒のペースがぐっと上がった気が…

f:id:davetanaka:20180922174457j:plain

カツオのたたきですね。これもカツオの甘みとほのかな酸味が楽しめました。大ぶりなお魚なので、結構飽きがきてしまうことが多いのですが、薬味がたっぷりかかっていて最後まで美味しかったです。これも日本酒との相性バッチリです。

f:id:davetanaka:20180922180207j:plain

ここでお刺身の盛り合わせ登場!ですね。お刺身はお刺身でじっくり味わってほしいということでしょうか。炙りが美味しかったですが、すでに酔っ払っていてどれがどのお魚だったのか忘れてしまいました。すいません…

f:id:davetanaka:20180922181152j:plain

f:id:davetanaka:20180922173610j:plain

f:id:davetanaka:20180922181215j:plain

濁り酒もいただいてます。このお猪口と徳利素敵ですよね!

f:id:davetanaka:20180922183612j:plain

同じ形の徳利でも、デザインでこうも世界観が違うとは。親指にあたる部分が微妙にくぼんでいて、見た目以上に持ちやすく、注ぎやすかったです。

f:id:davetanaka:20180922184026j:plain

さらにここで日本酒が進む、おつまみの盛り合わせが登場しました。落花生の塩茹で、水晶ナス、サザエ、チャーシュー、長ナスなど、どれも丁寧で素材の美味しさが楽しめる楽しいお皿でした。後半にこんなの出てきたらテンション上がっちゃいますよね!

f:id:davetanaka:20180922184528j:plain

f:id:davetanaka:20180922185504j:plain

で、大分お腹もいっぱいになってきた時に締めの鯛の炊き込みご飯登場です。土鍋の蓋を開けた瞬間から香りが素晴らしい。絶妙な焦げと、ふんわりした鯛の風味が口の中いっぱいに広がって、ほんとうに幸せになりました。お茶漬けにして食べる方もいらっしゃるみたいですね。

f:id:davetanaka:20180922190834j:plain

デザートは、アイスクリームなのですが、「アイスクリームにかける醤油」といっしょに楽しみました。このお醤油、甘いものと合わせると蜂蜜のような、キャァメルソースのようなコクがでて、とても美味しかったです!

お腹一杯、大満足になったところで7時半になりました。獺祭さんのお料理はどれも「日本酒を美味しく楽しむための料理」という感じでした。お代もいわゆる居酒屋料金ではないですが、我々がいただいたのはお酒別、4,000円のコース(!)と言うことで、お食事の内容とボリュームを考えたらとてもお得ですね。藤沢の方にご用の向きは、ぜひ検討してみてくださいね。というか、またこちらにお邪魔するために藤沢に来訪することにします。

 

さて、本日の内容はいかがだったでしょうか。今日もここまで読んでいただき、ありがとうございました。よろしかったら、こちらから読者登録していただけると嬉しいです。それでは、また!