Amazonでお得に買い物する3つの方法

ローソン ウチカフェの新商品「バスチー(BASCHEE)」は、小さいのに存在感たっぷりのチーズケーキでした

ども、Daveでございます。今日は、ローソン ウチカフェシリーズの新商品で2019年3月26日に発売開始された「バスチー」というチーズケーキをご紹介します。結論から申し上げれば、個人的にどはまりしたので、もしローソンに立ち寄る機会があったらぜひ食べていただきたいです!

f:id:davetanaka:20190330231547j:plain

これがバスチーのパッケージです。かわいい。チーズケーキということで黄色いパッケージなんですかね。商品名のバスチーは、「ヨーロッパ バスク地方のチーズケーキ」から命名したとのこと。

バスク地方で食べられているチーズケーキは、周囲が焦げるほどしっかり焼き上げながら、中は柔らかいママ、というスタイルだそうで、そのイメージは“Basque Burnt(焦げた) Cheesecake”で検索するとチェックできます。

f:id:davetanaka:20190330231611j:plain

f:id:davetanaka:20190330231744j:plain

周囲を取り巻いている紙を外してみました。焼き目は上下にさらっとついているだけですね。この辺は「バスク風」な感じです。

f:id:davetanaka:20190330231841j:plain

いただきます! バスチーのパッケージには「レアでもベイクドでもないチーズケーキ。」というキャッチコピーが付いていますが、確かにそのちょうど中間の食感ですね。全体的にはねっとり滑らかながら、チーズのぼろぼろした塊感も残っています。

 

味は、濃厚なチーズの味と、それに負けないカスタード・キャラメルの味が1口目から味わえます。サイズが小さめなので、この強い味わいがうれしいですね。鼻に抜けるチーズケーキの香りも小さいのに本格的で、これがコンビニで手軽に買えるのはすごいと思います。バスチーのお供には、ちょっと苦めのコーヒーなんかが合うと思いました。非常に美味しかったです! それでは、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA