キャンプ・デービッド

青春の味:満北亭の塩バターラーメンにんにく入り

ども、デイビッドのキャンプでございます。今日は、久しぶりに実家に帰ってきました。といっても、実家のパソコンが調子が悪くなったため、様子を見に帰っただけなのですが。

実際、不具合自体はあっさり解決できたので、2~3時間ゆっくりして、帰ることにしました。で、駅に差し掛かったところで、急にお腹が空いてきたんですよね。

f:id:davetanaka:20190223165251j:plain

条件反射って、一度身につくと長期間維持されるんですかねぇ。この写真の中に私が高校生の時、つまりもう30数年近く前によく通ったラーメン屋が見えており、そのお店が目に入った瞬間に空腹を急に意識するという…

f:id:davetanaka:20190223165347j:plain

www.manhokutei.co.jp

そのお店は、西武新宿線 小平駅そばにある「満北亭 小平店」です。昔は看板に大きく「マンシュウぎょうざ」と書かれていて、餃子一押しだったと思うのですが、看板がきれいになって店名の「満北亭」が目立ってますね。

f:id:davetanaka:20190223165624j:plain

店内はまったく変わらないですね…っていうか従業員の方も30年まったく変わってないんじゃないかという…懐かしいなぁ。

f:id:davetanaka:20190223232626j:plain

たぶん、お店の人気メニューは「味噌ラーメン」と皮から作っている「自家製餃子」だと思うのですが、私が大好きなメニューはなんと言っても「塩バターラーメン」です!  シャキシャキしたもやしがたっぷり乗っかっているのですが、それに負けないくらいの太麺が特徴なんですよね。

スープは塩ベースですが、今時の旨塩っぽい、透明感のあるものとは違います。「塩と油」の美味しさが前面に出ている、パンチのある塩ラーメンです。そこに、溶けたバターがじわーっと絡んで、まさに唯一無二。

そして、すでに写真にも写っていますが、ニンニクのすりおろしたものをまるっと1杯投入すると、さらにパワーアップ! 高校生の時は、人の迷惑も顧みず、3杯は入れたものでしたが、さすがに大人になった私は1杯で我慢しておきました(大人か?)。

「子供時代の味」とか「青春の味」って、結構大人になってからまた食べたくなっても、そもそもお店が無くなったり、自分が引っ越しをして食べられなくなったりしますよね。機会があれば、そういった味もまた探してみたくなりました。それでは、また!