Amazonでお得に買い物する3つの方法

マルちゃん正麺の「汁なし担々麺」と「焼きそば」食す

デイビッドのキャンプでございます。今日は「マルちゃん正麺」ブランドで4月1日に発売されたばかりの2つのカップ麺を食べてみたいと思います。

f:id:davetanaka:20190403202425j:plain

もう、パッケージから本気度が伝わってくるというか、マルちゃん正麺の一番のウリであるがすごく目立ってますね。このパッケージを店頭で見た時からすごく期待をしてしまっていて、それは今まで食べた担々麺も焼きそばも、やはりカップ麺の麺って独特のぼさぼさ感というか、スカスカ感を感じちゃうんですよね。それに口の中ですぐボロボロと崩壊してしまいますよね、それを含めての味、でもあるし、好きだったりするのですが、やはり生麺のやチルドの麺と比べると、カップ麺を下に見てしまう原因だったりするんですよね。

 

そこに、発売時にはインスタントラーメン界(どこ?)に驚きをもって迎えられたあのもっちり・滑らか麺のマルちゃん正麺が満を持して降臨されるわけで、これはもう、確認するしかないわけですよね。早速食べてみたいと思います!

f:id:davetanaka:20190403202553j:plain

焼きそばも担々麺も、「かやく」「液体スープ」「粉末スープ」の3点セットになっています。

f:id:davetanaka:20190403202737j:plain

かやくを入れてお湯を注ぎ、5分経ったらお湯切りをして、食べる徳善に液体ソースと粉末ソースを入れます。

f:id:davetanaka:20190403203845j:plain

完成! むむ、もう見た目からして、カップ焼きそばやカップの担々麺の出来上がりじゃないですね…これアップにするとさらにわかっていただけると思います。

f:id:davetanaka:20190403203849j:plain

まずは、焼きそばから。このもっちりつやつやした感じ、只者ではないたたずまいですよね。そして、液体ソースを入れてかき混ぜた後に、さらに粉末ソースを入れて混ぜる、という2段階ソース方式を採用。そのため、キャッチコピー通りの「濃厚コクソース」に仕上がっています。

そして麺は、ぱさぱさ感、ぼさぼさ感がなく、しっかりと生めんの食感「もちもち」「つるつる」をカップ麺で楽しめるといった新しい体験ができました。

f:id:davetanaka:20190403203851j:plain

さて、こちらは担々麺のほうです。麺はさきほどのやきそばより、ちょっと太めですね。見た目よりも、花椒の量は少なめです。ちゃんと花椒の味がするのですが、すぐ旨味がそれを上回ってくるので、痺れ系が苦手な方でもOKではないでしょうか。

 

激辛とか、有名店コラボとか、いろいろな切り口で差別化を図っている中、カップ麺のど真ん中のど真ん中、麺に対してマルちゃん正麺をぶつけてきたというのはちょっと感慨深いです。また、どちらもかやくの量が控えめで、そんなところも、ソースや麺によほど自信があるんだと思います。どちらもとても美味しかったので、ぜひ一度体験してみることをお勧めします。それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA