Amazonでお得に買物するための3つの方法!

松屋「厚切り豚テキW弁当」とまるか食品「ヨシモリ 超ボンビーやきそば」を合体させてみた。後悔はしていない

ども、デイブでございます。今日は水曜日、筋トレの日でございます。筋トレ日だけは炭水化物もカロリーも解禁のいわゆるCheat Dayチートデイなので、何を食べても良い事にしています。

松屋「厚切り豚テキW」のボリューム!

ジムと自宅の間に、吉野家・松屋があるという好立地(?)のため、今はふらふらと松屋に立ち寄ってしまう私。それも、松屋が先月11月19日から販売を開始した「厚切り豚テキ定食」が美味しいからなんですよね…

まさに厚切り、そしてたっぷりかかった「松屋特製ニンニクたれ」がガッツリスタミナ系で食欲をそそります。厚切りの豚肉って味はシンプルなので、やはりコレぐらいのたれじゃないと美味しくいただけないですよね。

自宅で妻と一緒に食べるので、ちょっと時間はかかるのですが厚切り豚テキW(ダブル)弁当をご飯特盛で注文して、 家でお皿に分けて食べます。さすが豚テキW&特盛、普通に半分ずつに取り分けても結構な量なんですよね。

ただ、私も妻も、ちょっとこの量のタレは多いかなぁと思います。十分美味しくいただいて、それでこんなに余っちゃうくらいなのです。これほんとに美味しいので、なにか活用できないかなぁと思っていたところ、タイミングを合わえたかのようにこんな商品がコンビニ先行で発売されてました!

スポンサーリンク

「スパイスねぇ、ふりかけねぇ、具材も一切はいってねぇ」な素やきそば

コンビニをチェックしていたら、カップ麺のコーナーで目立っていたこちらの商品を見つけました。そう、あのペヤングのまるか食品さんが発売した「ヨシモリ やきそば 超ボンビー」です!

「ヨシモリ」ってだれ?って話なのですが、彼は、まるか食品株式会社の代表取締役社長のご子息、丸橋嘉守(よしもり) さんのことなんですね。まぁ社長の息子が勝手にやっちゃった企画、というのがあり得るのかはさておき、そう、ひらめいたんです!

「そうだ、 松屋特製ニンニクたれは絶対ペヤングの麺に合うはず!」と。

勢いに任せて、早速作ってみました!

ヨシモリ やきそば 超ボンビー」とアレな名前がついていますが、要は

  • 麺は通常のペヤングの2玉分
  • ソースは付いているが「かやく、スパイス、ふりかけ」は付いていない

これだけ。つまり「二人前の素焼きそば」ですね。まずは麺を用意します。

お湯を注ぎます。820mlも必要なので、小さめの電気湯沸かし器だと1回では足りないかも。ご注意ください。

しっかりお湯を切ったら、

おもむろに余っていた「松屋特製ニンニクたれ」をどぼどぼっと掛けます。

これだけだと、ちょっとタレの味がきつそうなので、卵の黄身を追加して全体をまぜまぜします。

まぜまぜシている間にも、麺の熱さで熱せられたタレから猛烈にニンニク強めのいい匂いが…

完成! いっただきます! そして狙い通り美味しい! 妻はペヤングのソースの香りと味がちょっと苦手なのですが、これは適度な酸味と食欲を刺激するニンニク風味で美味しく食べられたそうです。私もおもわずもさもさと頬張ってしまいましたが、これはホント合いますね。

これうどんに絡めても美味しいかもしれません。 「厚切り豚テキW(ダブル)弁当 」も 「ヨシモリ やきそば 超ボンビー」も美味しくいただきました。もし興味があったら試してみてくださいね! それでは、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA