人生をわくわく・楽しく過ごしたい! あなたと一緒に頑張るブログ

シンガポール出張Day5:クラーク・キーからハジ・レーン、アラブストリートでまったり過ごす最終日

どもです、デイビッドのキャンプでございます。本日でシンガポールでのお仕事は終了、明日朝には日本に帰国します。早かったけど長かったけど早かったなぁ。

金曜日の晩ということで、友達がシンガポールでまた行っていないおすすめの場所2箇所に連れて行ってくれました。ありがたし。

ネオンがきれいなクラーク・キー(Clarke Quay)でまずは腹ごしらえ

f:id:davetanaka:20190216015223j:image

クラーク・キーは、シンガポール側の辺りにレストランやバー、クラブ、カフェなどが集まった商業施設です。さすがシンガポール、夜はとてもきれいにライトアップされてすごくロマンチックです。近くのセブンイレブンでビールを買って、川べりで飲んでいる人も多いみたいですね。

シンガポールに来るまで、野外での喫煙禁止とかゴミ捨て禁止とか聞いていたのですが、意外に野外で喫煙している人が結構いますし、野外でビールを飲んでいる人も結構いました。

f:id:davetanaka:20190216013732j:image

クラーク・キーで入ったお店は「Harrys」というカジュアルなダイニングです。

f:id:davetanaka:20190216011411j:image

「Otah Toasties」という、魚のすり身をパンに乗せたものです。ちょっとスパイシーで、ビールにとても合います。
f:id:davetanaka:20190216011442j:image

こちらはプレートメニューでその名も「Canivore」(肉食の意味)です。

  • バーベキューベイビーバックリブ
  • チキンウィング
  • チキンサテー
  • タンドリーチキン
  • ポークチポラータ(イタリアのソーセージ)

とまさに肉肉しいメニューですが、最後の晩くらいはOKということでがっつりいただいちゃいました。

f:id:davetanaka:20190216005524j:image

外に出たら、表はすっかり暗くなっていて、とてもきれいにライトアップされていました。そよそよと夜風も吹きはじめて、暑いんですが過ごしやすくなってきました。

ハジ・レーン(Haji Lane)はおしゃれな小路でした

次に、ハジ・レーンを通り抜けます。

ハジレーンは200mくらいの小さな小路なのですが、夜はそれぞれのお店が椅子やテーブルを小路に並べて、食事やお酒を楽しめる場所です。

f:id:davetanaka:20190216005945j:image

すごく魅力的ですよね。ギターの生演奏なども行われていて、すごく活気があります。

f:id:davetanaka:20190216005543j:image
この風景! すごくないですか?近代的なビルのすぐ下で、アーティスティックで開放的な雰囲気でお酒が飲める。わざとちょっと暗がりにしている場所もあったりして、カップルがしっとり楽しむこともできたりします。

今日は、ハジ・レーンは見学だけにして、直ぐ側にあってこれまたアツい、アラブストリートに向かいます。

アラブ・ストリート(Arab Street)でまったり

アラブ・ストリートは、マレー系イスラム教徒の方が多く集う場所です。それというのも、サルタン・モスクという大きいモスクがそばにあるからなんですよね。

f:id:davetanaka:20190216012550j:plain

ここもとても混雑しているのですが、どうにか角のお店のいいところに席を見つけて、座ってライチのジュースなどを飲みながら、2時間くらいゆっくり友達と過ごしました。

先程通り抜けたハジ・レーンもそうでしたが、ここもシンガポールの文化を実感できる場所でした。様々な人種の人が集まって、多彩な文化をそれぞれ尊重しながら共生しているんですよね。そしてそのミックスの中から熱気や活気、新しいものが生まれているという仕組みがもつ底力みたいなものを感じることができました。

ãã¼ã©ã¤ãªã³ã®ã¤ã©ã¹ã

今回はお仕事で来てしまいましたが、またぜひプライベートで再訪したいと思います。それでは、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA