キャンプ・デービッド

シンガポール出張Day2:早めの移動がオススメだったの巻

ども、デイビッドのキャンプでございます。今日は出張2日目です。大きなミーティングが午前と午後にどかんとあったのですが、午後4時には終了したので、あとはちょっとした仕事を片付けたら、と思っていたらこれが結構時間がかかってしまい、午後6時くらいになってしまいました。

アイアン・オーチャードの無印良品でお買い物

同僚に「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」おすすめだよ、特に7時45分には無料のショーが見れるからいったら良いよ、といわれていたのに、まずはアイアン・オーチャードモールに行ってしまう私。というのも、今回の旅行用に持ってきたPeak DesignのTravel Bag 45Lは観光にはデカすぎる!

f:id:davetanaka:20190213001328j:image

この大きさですからね。日本でも使えるように無印良品でシンプルなリュックを買おう!と思い立ったんですよ。またGrabでタクシー自体は簡単に捕まったのですが、さすがの巨大モールの周辺は渋滞が激しく、また車から降りられるスペースも限られているので、そこで時間がかかってしまいました。

f:id:davetanaka:20190213001344j:image

割とシンプルで、小ぶりでかつ日本に帰っても使えそうな良いリュックも購入できました。

f:id:davetanaka:20190213001701j:image

それと、なんか気がついたらお菓子や大好きな抹茶ラテも…

オーチャードはMRTの駅に併設しており、Down Town Lineという青い線でNewtonに戻れるのですが(それを見越してオーチャードにしたんですけど)、結局ホテルに戻り、荷物を詰め替えたらもう午後7時40分くらい…お腹も空いてるし、でもガーデンズ・バイ・ザ・ベイも見たいしということで、 ちょっと考えて先にガーデンズ・バイ・ザ・ベイに向かいました。

遅くなったけどガーデンズ・バイ・ザ・ベイに向かいます

f:id:davetanaka:20190212233004j:image

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイは、マリーナ・ベイにオープンした広大な植物園です。有名なマリーナ・ベイ・サンズホテルのすぐそばにあるんですよね。なので、MRTのベイ・フロント駅から降りてちょっと歩き、地上に出て後ろを振り返るとこんな感じです。
f:id:davetanaka:20190212232950j:image

どーんって感じですよね…今回はまったく立ち寄りませんでしたが、下から見上げるとすごいものを作ったなぁという感じです。

でも、地図を見ながらあるいたんですけど、このガーデンズ・バイ・ザ・ベイ、ものすごく広いです…1時間くらいで切り上げるつもりだったんですが、人も多いし、また広くてすでに真っ暗なため、初心者にはちょっとどうやって回ればよいのか、どこが見どころなのかわかりませんでした(涙)。
f:id:davetanaka:20190212232955j:image

でも、どこにいてもこの高さ25~50メートルもある人工の木「スーパーツリー」はよく見えるので、ふらふらとそちらに引き寄せられていきました。この木下から見上げるとものすごい迫力です。実際、木の根本にはぐるっとベンチが取り囲んでおり、寝転がって見上げることができます。お弁当やおかずを持ち寄って、ピクニックみたいに楽しんでいるカップルやご家族、女子のグループがいました。

 

私も、ちょっと歩き疲れ、かつ蒸し暑さにやられて休憩していたら、急に井之頭五郎さんバリに「腹が、減った…」と空腹を実感してしまいました。まぁ今日はこんなところにしといたるか、ということでガーデンズ・バイ・ザ・ベイを後にしました。
f:id:davetanaka:20190212233024j:image

帰り際にもショーがあったらしく、きれいにライトアップされていましたが、もう空腹のことで頭がいっぱいなのでささっと移動しました。

2晩続けてホーカーズ「Maxwell Food Center」へ

初日の晩にいったホーカーズ「Newton Food Center」がなかなか良かったので、これまた評判の良かった「Maxwell Food Center」(マクスウェル・フードセンター)というところでご飯を食べたいと思いました。チャイナタウンの真ん中にあるのですが、MTRからの道を何回か間違えて迷っているうちに、到着したらこんな感じに…
f:id:davetanaka:20190212233000j:image

あぁ、人気店と噂の「天天海南鶏飯」も餃子が美味しそうだった「同心居」も閉店してます…。やっぱ午後7時くらいに来ないとだめなんですね…
f:id:davetanaka:20190212233030j:image

そんななか、「福記」という雲呑麺(ワンタン麺)押しのお店があいていたので、ここに決めました。
f:id:davetanaka:20190212233008j:image

ノーマルなワンタン麺です。S$5(約410円)でした。
f:id:davetanaka:20190212233012j:image
これは予想通りのワンタン麺でした。細目のチリチリした麺ですが、香港で食べるような、芯の強さはあんまりなくてちょっと残念かも。

また、スープは多分鶏ガラと醤油ベースの出汁だと思うのですが、非常にあっさりしていてするする飲めます。ちょっとインパクトが弱いので、辛いお味噌をもらって溶かしていただいたら、なかなか美味しくなりました。良かった良かった。

f:id:davetanaka:20190213004916j:image

 向かいに、見るからに麻辣な、辛くてしびれそうなお店もあったのですが、ちょっとこれはきびしそうなので、ワンタン麺にして正解だったと思います。

本当は、他にもなにか食べたかったのですが、今日はまぁこういう日だったということで、大人しくホテルに帰って抹茶ラテを飲みながらブログを書いています。まぁ、シンガポールでは夜は早めの行動がおすすめ、ということで、貴重な教訓を得られました。それでは、また!