キャンプ・デービッド

ローソン ウチカフェの「プレミアム ルビーチョコレートのロールケーキ」「濃厚ミルクバー」をレビュー!

ども、デイビッドのキャンプでございます。週末筋トレ日の今日は、なんでも好きなものを食べて良い日。メインは「ごぼうとしめじ、鶏肉の炊き込みごはん」でした。ごま油が小さじ1杯入っていて、ねっとり・もっちりした感じで美味しかったです。

f:id:davetanaka:20181014191046j:plain

ご飯系はもちろんですが、せっかく鍛えた筋肉を育てるには、糖分の摂取も必要となります。もともと甘いものは好きですが我慢しているので、甘いものも解禁です!とはいえ、買っちゃうのはコンビニスイーツなんですけどね。今回は、みんな大好きローソンのウチカフェシリーズから2点、ご紹介したいと思います。2製品とも、ちょっと前の9月25日に発売開始された商品です。それでは!

心意気や良し「プレミアム ルビーチョコレートのロールケーキ」

「ルビーチョコレート」ってご存知ですか? 「ダーク・ミルク・ホワイトに次ぐ第4のチョコレート」と呼ばれており、着色料を一切使わない自然由来のピンク色のチョコです。味は上質な甘さと酸味を兼ね備えており、それが食べ始めから終わりまで、ずっと楽しめます。下記では、キットカット ショコラトリーの限定スイーツ「サブリムルビー」をいただきました。

 

今回、そのルビーチョコレートを使ったスイーツがコンビニスイーツ初上陸!ということで、早速こちらの「プレミアム ルビーチョコレートのロールケーキ」を試してみました。

ピンク色とフルーティーでフレッシュな酸味が特徴の「ルビーチョコレート」を使用。ルビーチョコを使ったスポンジとクリームを合わせ、中に甘酸っぱいベリージュレをサンド。ルビーチョコのプレートを封入しています。

f:id:davetanaka:20181014123019j:plain

f:id:davetanaka:20181014123025j:plain

洋菓子製造のコスモフーズ株式会社製なんですね。

f:id:davetanaka:20181014123049j:plain

パッケージを開けると「CALLEBAUT RUBY」と書かれた袋と、ピンクのロールケーキが入っていました。CALLEBAUT(カレボー)とは、チョコレートの生産者でルビーチョコレートを開発したベルギーのバリーカレボー社のことですね。

 

f:id:davetanaka:20181014123359j:plain

素敵なデザインのチョコレートをそっと上に乗せて、これで完成です。ロールケーキのクリームの中には、ベリーのジュレが混ぜ込んであり、これが良いポイントになっていてどこを食べても美味しいです。さらに、ルビーチョコレートを割って食べると、独特の酸味が加わって、さらに美味しくなりました。前回食べたキットカットと比べるとちょっとルビーチョコレート感は弱いのですが、スイーツとして十分美味しいですし、写真映えもすると思います。!

味は懐かしく、製法は新しい「濃厚ミルクバー」

もう1つは、ウチカフェアイスから「濃厚ミルクバー」です。

濃厚でなめらかなミルクアイスを、シンプルでコクのあるミルクアイスで包み込んだ2層仕立てのアイスバーです。ミルクは北海道産生乳100%、生クリームは北海道根釧地区産のものを100%使用。香料・着色料不使用です。

f:id:davetanaka:20181008115830j:plain

f:id:davetanaka:20181008115836j:plain

こちらはオハヨー乳業製ですね。妻の人によれば「オハヨー乳業に外れなし」だそうです。

f:id:davetanaka:20181008115854j:plain

袋に入っている状態でも伝わってくる、この上品な白! なんかこの状態でも、内側と外側の2重構造になっているのがわかりますね。このまま眺めていたい気もしますが、溶けちゃうので気を取り直していただきます!

f:id:davetanaka:20181008115947j:plain

このアイス、手間をかけて2層にしている理由は1口食べてすぐわかりました。外側も内側も種類としてはミルクアイスなんですが、中心の方がソフトクリームレベルの粘土で、ネットリしています。これ、2層構造にしないとこのままではアイスバーとしては成立しないレベル。

外側は、内側に比べればもうちょっと固めですが、これ単体でもミルクアイスになるくらい美味しく、内側のクリームと合わさることで「さく・ねっとり」を両方味わえるようになっています。ミルクアイスは古くからあるものですが、この2種類の異なるミルクアイスを合わせて新たな食の体験を生み出しているのはすごいと思います。 しかし、これどうやって作っているんでしょうねー?

 

さて、今日もここまで読んでいただき、ありがとうございました。よろしかったら、こちらから読者登録していただけると嬉しいです。それでは、また!