人生をわくわく・楽しく過ごしたい! あなたと一緒に頑張るブログ

「アイオン 超吸収スポンジ」の吸水具合がまさにちゅーちゅーでじゅぽじゅぽだった件

ども、Daveでございます。今日は朝は小雨に振られましたが、そのせいか終日ちょっとだけ涼しかったですね。暑くて雨が降らないのも厳しいですが、雨となれば湿気が気になってきます。

工事不要の食器洗い乾燥機は正義です:エスケイジャパン Jaime SDWJ5Lレビュー(動画あり)

我が家に食器洗い乾燥機が来て、3週間くらいになります。まぁこの子が良く働く良い子で、毎日食器洗いと乾燥を頑張ってくれているのですが、やはり気になるのが洗った後に庫内に残る水気です。

こんな感じで、排水口のところに水が残ります。毎日作動させているので、あまり気にしなくても良いのかもしれませんが、排水口だけでなく、庫内にもフタにも水滴は残っています。これ、すっきり取れるのであれば取りたいと思いますよね。

まずはコストコの「スコットショップタオル 」を使ってました

我が家には、コストコのヒット商品、「スコットショップタオル」があります。いわゆる「紙ウェス」ってやつですね。キッチンペーパーなんかよりもしっかりした材質に仕上がっていて、水とか油とかをしっかり吸収してくれる優れものです。そして水で洗って乾かせば何回か使えます。

使う前は左のように水色の布みたいな感じなんですが、使った後乾燥させると右のようにくしゃくしゃになります。でもこれでもしっかり使えます。

で、これで食器洗い乾燥機の後始末をしていました。もちろんちゃんと使えるのですが、排水口の水を全部吸い出すには、5~6回絞る必要があって、ちょっとめんどくさかったです。そこで、新兵器を投入しました。

スポンサーリンク

「アイオン 超吸水スポンジ」は水分に特化した優れものです

この超吸水スポンジは妻がアマゾンで発見してくれました。パッケージにあるように、浴槽やサッシなどの結露や水滴をふき取るのがメインの商品ですが、もちろんキッチンでも使用できます。

購入したものは「350ml吸収ワイド」というサイズです。そう、この商品は商品の大きさではなく、給水できる量で表記されています。このサイズだと、Amazonの合わせ買い対象(他にも何か注文して2,000円を超えないと注文できない)になってしまうので、初めからもう1サイズ上の「650mlロング」を購入した方が良いかもしれません。

で、350mlは窓ふきやお風呂用のサイズなので、カッターでカットして使用しています。今回の食器洗い乾燥機用とか、ちょっとした水気取りであれば1/6サイズで十分だと思います。

超吸水スポンジを実際に使ってみました

冒頭の写真のように水が溜まっているところに、どっぷりと超吸水スポンジをつけると、見る見る間に水分を吸い上げていきます。

これを絞ると、こんな風にちょっとびっくりするくらい水が絞れます。

これでドアや庫内も吹き上げられます。スコットショップタオルを使用していた時と比べると、約1/3くらいの時間で庫内の水気をしっかり取ることができます。

左の写真はシャープのヘルシオ ホットクックです。同製品は、最高で300℃までになる過熱水蒸気を使って調理する商品ですが、そのため庫内に結構水分が残ります。これも今までショップタオルやキッチンペーパーを使用していましたが、超吸水スポンジでばっちりです。もちろん、右のような洗面所でも大活躍です。

スポンサーリンク

ちょっと残念なポイント

超吸水スポンジ、ちょっと残念なポイントもあります。

  1. 一度給水した後乾燥すると高野豆腐みたいにかっちかちになる。水分を含むとまた柔らかくなるのですが、カチカチの時はちょっと使いにくいです
  2. 目が細かい素材なので、細かいゴミやほこりなどを取り込むと、ちょっと落ちにくいです。汚れを取るというよりは、水分専用として使った方が良い感じです

以上です。でもこの欠点も、たとえばカチカチ問題なら、いったん水につけて柔らかく戻してから使用すれば問題ないです。またゴミ問題だったら、汚れはキッチンペーパーとか上記のスコットショップタオルなどである程度きれいにしてから本製品を使用すれば全く問題ないです。なにしろ水分はすっかり吸水してくれる本製品、おすすめです!

多分、コップのお茶やコーヒーなどをこぼしたときにさらに性能に感謝する時がくると思うのですが、今のところ大丈夫です。それでは、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA