Amazon初のブラックフライデーセール開催! お得に買い物する方法はこちら

「Xperia新製品タッチ&トライ」ブロガーミーティングに参加してきました

Xperia 1/Ace 発表会

サイズという基本的な差別化ポイントが目からうろこだった「Xperia新製品タッチ&トライ」ブロガーミーティング

ども、Daveでございます。昨日、5月16日(木)に品川で行われたソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社主催の「Xperia新製品タッチ&トライ」ブロガーミーティングに参加してきました。

Xperia 1/Ace 発表会

会場は、品川駅近くの「SHINAGAWA GOOS」29階のCOASTというバンケットスペースでした。

Xperia 1/Ace 発表会
Xperia 1/Ace 発表会

かわいいXperiaのディスプレイが出迎えてくれ、期待も高まる中、発表会の開始です!

Xperia 1/Ace 発表会

司会は、ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社 マーケティング部 担当部長 安達晃彦さんです。

Xperia 1/Ace 発表会

どーん! ブロガー1名につき、発表になったばかりの「Xperia 1と「Xperia Ace」が1台ずつ置かれており、自由に触ることができました。今回は、特に衝撃の強かったXperia 1についてレポートしてみたいと思います。

スポンサーリンク

高さ1cm・幅5mmでこんなに違う? 21:9インチディスプレイ

長っ! なんといっても、今回の目玉はXperia 1で採用された21:9インチディスプレイですよね。

Xperia 1/Ace 発表会

初めに手にした瞬間の違和感というか、これまで触ったことのないサイズ感はちょっと本当に衝撃でした。

Xperia 1/Ace 発表会

それも、有機ELで4K HDR対応ですよ! 6.5型でなんと3,840×1,644ドットという高解像度ディスプレイです。

Xperia 1/Ace 発表会

そして、音声はDOLBY ATMOS対応です。21:9はシネスコサイズということで、映画を鑑賞するには最適なサイズだそうです。確かに、迫力がありました。そして、オプションで音声とシンクロして筐体がバイブする機能も備えてます。いや、これ外出先での映像コンテンツ視聴がはかどりますね。

Xperia 1/Ace 発表会

自分が撮影したYouTube 4K動画を再生してみましたが、ハイライト部分と暗所の描画がすごくきれいで、ちょっとびっくりしました。これ、いいなぁ。

長いだけじゃない「実用に耐える」マルチウィンドウ

Android端末は、昔からマルチウィンドウに対応しており、2つのアプリケーションを分割して使用できていましたが、スマホの標準的な画角だと、分割した画面それぞれが小さいので、常用には堪えない感じだと思います。

ところが、この21:9インチはマルチウィンドウすごくいい感じです! 2棟分で使用しても、10.5:9が2面ということで、正方形に近い画面が2つ使用できるわけです。

Xperia 1/Ace 発表会

Xperia 1/Ace 発表会

で、SONYはこれをさらに活用しやすくするように、専用のツールを搭載してきました。「21:9マルチウィンドウ」というアプリを起動します。

Xperia 1/Ace 発表会

まず、上半分で使用するアプリをタップし、次に下で使用するアプリをタップすることで、簡単にマルチウィンドウで使用開始できます。

Xperia 1/Ace 発表会

画面は、上半分にYouTubeを。下半分にWebブラウザを立ち上げたところですね。それぞれ十分使用できるサイズであることがわかると思います。

スポンサーリンク

標準・望遠・超広角までカバーするトリプルレンズカメラ

Xperia 1は、Xperiaシリーズでも初の3眼トリプルカメラを搭載しています。

Xperia 1/Ace 発表会

Xperia 1/Ace 発表会

  • 広角:16mm-F2.4
  • 標準:26mm-F1.6
  • 望遠:52mm-F2.4

トリプルレンズの光学的な特性はこんな感じですね。今回は、残念ながらイベントでお借りした実機で撮影したデータが持ち帰れなかったのですが、サンプルデータをいただいたので、ちょっと掲載してみます。

Xperia 1 3カメラ

Xperia 1 3カメラ

それぞれ、広角・標準・望遠で撮影された写真をGIFアニメーションにしてみました。本ブログにアップするために、解像度はかなり落としていますので、写真そのもののきれいさというよりも、画角の違いをチェックいただければと思います。

Xperia 1/Ace 発表会

もちろん、トリプルレンズを搭載しているだけでなく、「光学式 OIS+電子式 EIS手振れ補正」「デュアルピクセル位相差AF(!)」など高級な機能満載しており、本当にカメラが楽しみなスマホですね。

Xperia 1/Ace 発表会

動画にも力を入れており「Cinema Proという専用アプリを搭載しています。これは、同社のCineAlta VENICEというシネマカメラで開発されたUIや、Look(ルック:色彩表現のこと)による撮影を可能にするものです。これも、優れたカメラと相まって、ぜひ使ってみたいと思いました。

5年の間に忘れていた「サイズ」による差別化のインパクト

私すっかりスマホはiPhoneユーザーなのでして(会社から支給されているのもiPhoneですし)ちょっと振り返ってみたら2014年9月19日から、約4年半くらい、いわゆるPlus/MaxといわれるiPhoneを使ってました。

Xperia 1/Ace 発表会

  • 中央:iPhone XS Max
  • 右:Xperia 1
  • 左:Xperia Ace

です。今回Xperia 1を初めて目にしたとき、はじめは違和感がすごかったのですが、触っているうちに「これありだな」「便利で楽しいな」と思ってきました。自分がこれまで使用してきたスマホのサイズを整理してみたらこんな感じになりました。

機種/サイズXperia 1iPhone XS MaxiPhone 8 PlusiPhone 7 PlusiPhone 6 Plus
高さ167mm157.5mm158.4mm158.2mm158.1mm
72mm77.4mm78.1mm77.9mm77.8mm
厚さ8.2mm7.7mm7.5mm7.3mm7.1mm
重量178g208g202g188g172g

今メインで使用しているiPhone XS Maxと、Xperia 1の違いは、Xperia 1が高さで約1cm長く、幅が約5mm狭いだけ、なんですよね。でもこの差がもたらす手に持った時のバランス感操作感はかなりの差を感じました。3大キャリアの販売価格もすでに発表になっていますが、iPhone XS Maxよりも大分お手頃な価格で(10万円超えなので安いわけではない)、正直XからXSへの移行に関しては大きな機能差がなかったので、もしこれが今年も続くようだと、十分脱Appleするきっかけになると確信しました。

ブロガーイベントを振り返って

ブロガー向けのイベントはいろいろ勉強になるので、時間があえば参加させていただいているのですが、ソニーのブロガーイベントはすごく楽しかったです。それはもちろんきれいなモデルさんの撮影ができたり、Xperiaをデザインしたケーキを食べられたりすること「も」含まれるのですが、

Xperia 1/Ace 発表会

Xperia 1/Ace 発表会

Xperia 1/Ace 発表会

なんといっても、SONYのXperia担当の方と一杯話せるからですね。昨日のイベントは、ブロガーは約60名参加していたのですが、会場にいらしゃったSONYの社員の方はなんと30名! 各機能を紹介するブースにも、それ以外の展示スペースでもいろいろな方にお話を伺うことができ、本当に楽しかったです。それでは、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA