キャンプ・デービッド

「YMO NEUE TANZ」RYDEENもTECHNOPOLISもない、最新のYMOコンピレーション

ども、デイビッドのキャンプでございます。ブログ書いている人ならわかってくださると思うのですが、好きすぎるものって書きづらいですよね。何から書いたらいいかわからないし、なぜ好きかが自分で因数分解できるくらいならそれってまだ冷静に対象を見られているってことでもあるし、自分より詳しく、好きな人が一杯いることもわかってるから…でも、同時にブログやってて自分の好きなものの話を、それも久しぶりのニュース到来なのに今書かないでどうする?と思ってなんとか書いています。私にとっては、YMOのことです

 

1978年に細野晴臣・坂本龍一・高橋幸宏の3名で結成されたイエロー・マジック・オーケストラ(Yellow Magic Orchestra - YMO)が今年で結成40周年を迎えるに当たって、40周年記念プロジェクト「YMO40」がスタートしています。その第1弾として、コンピレーションアルバム「NEUE TANZ」が本日10月17日に発売開始されました。

YMO40第1弾リリースコンピレーションアルバム「NEUE TANZ」

f:id:davetanaka:20181016221736j:plain

初回仕様のみ紙ジャケット仕様になってます。これ、絶対紙ジャケ仕様のものを入手したほうがいいです。

f:id:davetanaka:20181016221800j:plain

裏面はこんな感じ。ジャケットのデザインは、ポップ・アーティスト、TOMOO GOKITA(五木田智央)さんによるものです。

f:id:davetanaka:20181016221752j:plainf:id:davetanaka:20181016221814j:plain

あー懐かしい…今回LP版もリリースされてますが、CD版の紙ジャケット仕様もいいものですねぇ。このビニールのフィルムにLPを差し込んだ状態で、紙のジャケットに差し込むの、ちょっと気を使いますよね。

f:id:davetanaka:20181016221831j:plain

中に入っている小冊子は、ライナーノーツ(解説文)ではなく歌詞カードでした。ちょっと残念。

f:id:davetanaka:20181016221844j:plain

ステッカーも1枚ついてました。もったいなくて貼れないなぁ…

イエロー・マジック・オーケストラ「NEUE TANZ」CD曲名リスト(16曲)

CD版の収録曲は下記の通りです。

01. HIRAKE KOKORO -Jiseiki-/開け心―磁性紀―
02. BALLET/バレエ
03. RIOT IN LAGOS/ライオット・イン・ラゴス(坂本龍一)
04. THE MADMEN/ザ・マッドメン
05. GLASS/ガラス(高橋幸宏)
06. NEUE TANZ/新舞踊
07. CAMOUFLAGE/カムフラージュ
08. PURE JAM/ジャム
09. SIMOON/シムーン
10. CUE/キュー
11. FIRECRACKER/ファイアークラッカー
12. MULTIPLIES/マルティプライズ
13. SPORTS MEN/スポーツマン(細野晴臣)
14. TAISO/体操
15. 1000 KNIVES/千のナイフ
16. NICE AGE/ナイス・エイジ

「RYDEEN」や「TECHNOPOLIS」など定番中の定番は収録されておらずアルバム「BGM」(1981年3月)や「TECHNODELIC」(1981年11月)からの収録曲が多いです。また、メンバーのソロアルバムからもそれぞれ1曲ずつ収録されているのが特徴ですね。この選曲はTOWA TEI(テイトウワ)、全曲のリマスタリングを砂原良徳(まりん)さんが担当しています。

感想っていうか…

私は1969年生まれで、ちょうど10才の1979年にYMOの大ブームが起きます。感度が高かろうが低かろうが、日本中どこにいても耳に入ってきたので出会いは必然でしたが、その時感じた衝撃については今でも明確に覚えています。小4が、それまで聞いていた歌謡曲やアニメの主題歌などとは明らかに違うなにか、を感じました。

一言でいえば「知的な毒」だったと思います。小4のデイブ少年には「なんか頭の良さそうなかっこいい大人達が、コンピューターを使って聞いたこともないオンガクをやっている!」「なんか何度も聞いていると脳が痺れる!」みたいな。フグって「ちょっとぴりぴりしたほうが美味しい」っていう人いるじゃないですか。そんな感じです。あんまり摂取するとダメになっちゃうけど、聞くのをヤメラレナイ…

ãµãåºãã®ã¤ã©ã¹ã

で、久しぶりにこの「NEUE TANZ」を聞いてどう思ったか。それが49才で聞いても、10才の自分と同じことを感じていて、かなりそこに動揺しています。なんでYMOのオンガクは40年経過しても古びないんだろう。そして以前と同じような魅力的な「知的な毒」を与え続けてくれるんだろう。

 

今回のコンピレーションが、アルファレコード時代の既発表音源ばかりであることに「またアルファ商法か」と怒っている方もいると聞きます。でも、テイトウワが選び、まりんが届けてくれたこの16曲は、紛れもなく「2018年の今、聞いて再確認すべきYMOの魅力」が詰まった作品で、いちファンとして正直すごく嬉しいです。もう、いい年なので、それこそちょっとはお小遣いあるわけで、これだけ気持ちよくしてくれるんだったら「なんとか商法」でも「信者」でも「お祭り」なんでもいいから、気持ちよくお金を使わせて欲しい!ってな気分です。これからも期待していますよ!

 

さて、今日もここまで読んでいただき、ありがとうございました。よろしかったら、こちらから読者登録していただけると嬉しいです。それでは、また!