Amazonでお得に買い物する3つの方法

【RAVPOWER FileHub RP-WD009レビュー】ちょっととっつきにくいけど、仲良くなったら超頼りになる相棒でした!

ども、Daveでございます。今日は、RAVPOWERラブパワーさんのFileHubファイルハブというガジェットをご紹介します。【RP-WD009】という型番の製品なんですが、これちょっと高機能が過ぎて、全体像を理解するのに時間がかかりました。この記事を作成するのに、1週間くらいかかりましたからね。

週末のイベントとか、平日にもずっと持ち歩いていて「この製品すごいじゃん!」「こんな使い方もできる!」などいろいろわかってきたので、それをそのままご紹介してみたいと思います。

FileHub RP-WD009を活用すると幸せになる人
  • ミラーレス一眼やアクションカメラで撮影した動画や静止画を外出先で手軽に確認・活用したい人
  • SDカードのデータをPCレスでUSBの外付けメディアにバックアップしたい人
  • 出張や外出が多く、宿泊先・滞在先にある有線・無線ネット環境を手軽に活用したい人
  • 上記のいずれかの用途にピン!ときて、さらにモバイルバッテリーを別途持ち歩いている人

https://www.davetanaka.net/wp-content/uploads/2019/07/Picon-3.png
ぱんだちゃん(仮)

あれ、なんか身近にそんなニーズにビンビン反応してる人がいるような(ニヤニヤ)

https://www.davetanaka.net/wp-content/uploads/2019/07/Micon-2.png
Dave

はい!(元気に挙手)だってこの製品、まさに「ぼくのかんがえたさいつよのがじぇっと」なんだよ!

RAVPOWER FileHub RP-WD009のパッケージと主な機能

商品はこちらです。手のひらサイズで石鹸箱みたいな見た目なんですが、大きく分けて3つの機能を備えています。

  1. ワイヤレスカードリーダー
  2. ワイヤレスルーター
  3. モバイルバッテリー

特に①と②が絶妙に絡み合って、すごい機能を実現しちゃっているのですが、全貌を把握しようとすると頭が痛くなっちゃうので、まずはそれぞれの機能を確認することをお勧めします。

スポンサーリンク

ワイヤレスカードリーダー機能について

RP-WD009は、本体左横にSDカードリーダーを備えており最大2TBまでのSDカードを装着可能です。またRP-WD009単体で無線LANの親機になるので、RP-WD009に無線で接続し、専用アプリを起動すると、RP-WD009に挿入したSDカードの中身をスマホから閲覧・保存・活用できちゃいます! ケーブルレスというのが便利で良いですよね。

ミラーレス一眼で撮影した写真をスマホから閲覧・活用・保存する方法

実際に、ミラーレス一眼カメラでSDカードに保存した高画質な写真をその場で閲覧・保存・活用したい場合の一連の流れをステップ・バイ・ステップで説明してみます。

RP-WD009の電源をONして、SDカードを挿入します

本体左にある電源ボタンを押して起動します(毎日使い込んでてちょっと本体汚れててすいません…)

スマホからRP-WD009に無線で接続します

スマホのWiFi接続画面を開き、「RAV-FILEHub」から始まる接続先を確認、接続してください。ネットワークのパスワードの初期値は 「11111111」 になっていますが、専用アプリから変更可能です。

専用アプリを起動します

専用アプリ「RAV FileHub」を起動すると、このようにSDカードを認識した状態で起動します。RAV FileHubのiOS版はこちら、Android版はこちらからダウンロードできます。

SDカードの中身を確認します

ビデオ(ビディオになってますがTypoだと思います、写真、音楽などファイルタイプでフィルタリングしてアクセスすることも可能ですが、一番簡単な「ファイル管理」をタップします。

このように、SDカードのファイル構造そのものが表示されます。今回はミラーレス一眼カメラで撮影した写真を閲覧したいので、DCIM>100MSDCFとタップします(ディレクトリ名はカメラの機種によって異なります)。

写真を閲覧する

このように、デジカメで撮影した写真をそれぞれ閲覧できました。ここから、TwitterやFacebook等に投稿したり、iCloudの共有アルバムにアップしたりできます。

以上です。こんな風に、SDカードリーダーでありつつ、無線LANで接続でき、さらに RP-WD009本体が有線・無線でインターネットに接続できることで、いろいろな応用が広がっています。

バックアップ機能について

カードリーダー機能の活用として、もう1つ便利なのがダイレクトバックアップ機能です。PCを持ち歩いていれば、撮影したデータをPCに吸い上げて、SDカードの中身を空にしてまたカメラに挿入、のような手順でバックアップは可能ですが、RP-WD009があれば、1ボタンでダイレクトにSDカードの中身をUSBポートに接続したUSBメモリや外付けHDD(最大4TBまで)にバックアップできます(ワンキーバックアップ機能)。

本体上部のカバーを開けると、左から【USB Type-Aコネクタ 】 【USB Type-Cコネクタ 】 【 RJ-45イーサネットポート 】が並んでいます。残念ながら、中央のUSB Type-CコネクタはRP-WD009が内蔵のモバイルバッテリーを充電するためだけのもので、通信には使用できません。

1TBのSSDをUSB 3.0対応のモバイルHDDケースに内蔵したものをUSB接続して、バックアップをしてみました。

この「SD > USB」と書かれたボタンを押すと、自動的にSDカードの内容をUSBポートに接続されたデバイスにバックアップします。

もちろんRAV FileHubアプリからバックアップを指示することも可能です。

https://www.davetanaka.net/wp-content/uploads/2019/08/Picon-5.png
ぱんだちゃん(仮)

さっきから、なんかノリノリで書いてるけど、まだ続くの…?

https://www.davetanaka.net/wp-content/uploads/2019/07/Micon-5.png
Dave

いやいや、まだまだこんなもんじゃないのだよ、RP-WD009の魅力というものは!

モバイルルーター機能について

すでにお腹いっぱいな気もしますが、まだまだ半分も魅力を伝えてません。RP-WD009は有線インターネットポートとWiFi機能を備えており、後者は2.4GHz帯域で最大300Mbps、5GHz帯域で最大433Mbpsの高速通信が可能です。つまりインターネット回線さえあれば、 有線でも無線でもそれに接続でき、そのネット接続をPCやスマホ、タブレットからも利用可能にしてくれます(最大5台まで同時接続 可能)。細かく言うと、下記の3つの通信モードになります。

RP-WD009のモバイルルーター機能
  • アクセスポイントモード:LANケーブルを本体に直接接続し、有線ネットワークをワイヤレスインターネット環境に変換する
  • ルーターモード:インターネットモデムに接続することで、 ルーターとして動作する(PCから接続設定が可能)
  • Wi-Fiブリッジモード:すでにあるWi-Fi回線に接続することで、それぞれの機器の接続先を変更することなしに、いつものRP-WD0009に接続することで接続可能に

なんといっても便利なのは、ブリッジモードです。RP-WD009を手持ちのスマホやタブレット、ノートPCのWiFi接続先に登録しておけば、出張先のホテルの回線などへの接続を1つ1つ行うことなく、いつも接続しているRP-WD009をに接続するだけで、ネットに接続できます。さらにWi-Fiの電波が弱い、通信範囲の届かなかった場所にもRP-WD009を通じてWi-Fiエリアを拡張できるメリットも これ便利ですね!

スポンサーリンク

モバイルバッテリー機能について

やっと、最後の機能にたどり着きました。ポートの紹介のところでもちょっと触れましたが、RP-WD009がモバイルバッテリー機能を持っています。

バッテリー容量は6700mAh。RP-WD009本体は最長8.4時間の連続使用が可能で、スタンバイ時では最長14.5時間というパワフルさです。 代表的なスマホのバッテリー容量と、RP-WD009で充電した時の充電可能回数をまとめてみました。

機種名バッテリー容量RP-WD009での充電可能回数
iPhone XR2942mAh約2.3回
iPhone XS2658mAh約2.5回
iPhone XS Max3174mAh約2.1回
Pixel 3a3000mAh約2.2回
Pixel 3a XL3700mAh約1.8回

いずれも、2回近くのフル充電が可能ですね。持ち運びに便利な10,000mAhくらいのモバイルバッテリーを持ち歩いていますが、さらにこれがあればばっちりです。出張や旅行中はモバイルバッテリーの充電も完璧に、とはいかないこともありますからね。

RAVPOWER FileHub RP-WD009まとめ

非常に多機能で、かつそれぞれの機能が相乗効果を生み出している製品なので、一度にその価値を理解するのがすごく難しい製品だと思います。

価格も6,999円(税込)としっかりした値段がするので、購入を躊躇する方もいらっしゃるかもしれませんが、私にとっては

  • ミラーレス一眼のバックアップが1ボタンでできる
  • 〃で撮影した画像をそのままSNSに投稿できる
  • 出張先で接続先を変更せずにすぐRP-WD009経由でネットに接続できる
  • いざというときにモバイルバッテリーになってくれる

これらの機能だけで、十分元が取れると確信しました。それぞれの機能をばらばらにそろえることもできるのですが、 RP-WD009でできることを実現しようとすると、持っていくものや、それらを正しく動作させるためにひつような手順・時間がかかりすぎでストレスが溜まってしまいます。

ほんとそういう意味でも「さいつよのガジェット」ですね。もっと便利なワークフローとか、活用アイデアなどがありそうなので、さらに使い倒してみたいと思います! それでは、また!

2 COMMENTS

davetanaka

申し訳ありません!! RAVPOWERさんから頂いていたクーポンの期限が、8月5日(月)の夜11時59分までとなっており、記事中のクーポンの記載は削除したのですが、肝心のタイトルの方を修正しておりませんでした…せっかくアクセスいただいたのに、本当に申し訳ありませんでした!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA