キャンプ・デービッド

飛行機タイムラプスを成功させてくれた必須アイテムはこれだ!

 

ども、デイビッドのキャンプでございます。早速ですが、今日はタイムラプス撮影のための便利グッズのご紹介です。先日、鹿児島旅行が決まったときから飛行機の窓から、離陸や着陸を収めた動画を撮影することでした。それもただの動画ではなく、タイムラプス動画です。

é£è¡æ©é²ã®ã¤ã©ã¹ã

タイムラプス撮影とは、通常1秒間に30コマとか、60コマ撮影するところ、1秒間に1コマとかの記録頻度に落とすことによって、それを通常の1秒間に30コマで撮影することで、スムーズな早回し効果を得られる撮影手法のことです。ちなみに、この場合は30倍速ですね。

この真逆の撮影手法がハイスピード撮影(スローモーション撮影)で、1秒間に120コマなどで撮影したものを、30コマで再生することで1/4のスローモーションが得られます。

 

最近では、スマホでも、タイムラプスやハイスピード撮影に対応しており、手軽に撮影できるのですが、再生スピードが大きく変化しているので、手持ちの撮影だと手振れがすごく強調されたり、伝えたい内容がない不明確になるので、カメラをしっかり固定して撮影することが大事なポイントです。三脚を使用できれば良いのですが、でも、飛行機の窓は小さくて三脚を立てるスペースもないので、こういう製品を購入しました。

f:id:davetanaka:20180721063451j:plain

 そう、窓ガラスに吸盤で固定できるタイプのマウンターです。私が購入したのは下記の製品で、価格は999円でした。

先端には、Xiaomi社の「YI4K+」というアクションカメラを装着しています。

 

このマウンター、通常はまさに車載カメラとして、クルマのダッシュボードに吸着させてGoProなどのアクションカメラなどを固定し、撮影を行うためのグッズですが、アーム部分の自由度が高いので、上記のように飛行機の窓に吸盤を取り付けて、アームをガラスと平行に立ち上げるとこで窓の外の景色を安定して撮影することが可能です。 

4K 30p、インターバル1秒ということで、30倍速になってます。どうでしょうか? 個人的には大満足です! 特に、上下を雲海に挟まれながら飛行するシーンは本当に綺麗で、自分で撮影した動画ながらちょっと感動してしまいました(フライト中、CAさんに「そちらのカメラすごいですね」と声を掛けてもらった分の感動が上乗せされているかもしれませんけど)。

 

このセットがあれば、飛行機だけでなく、電車や自動車、あるいはホテルの窓などに貼り付けることで、いろいろなシーンでタイムラプス動画が撮影できます。1,000円札1枚でお釣りがきますので、ぜひこういった動画が撮影したい方は導入を検討されてはいかがでしょうか。

 

さて、本日もここまで読んでいただき、ありがとうございました。もし気に入っていただいた方で読者登録がまだの方は、ぽちっとしていただけると嬉しいです。それでは、また!