人生をわくわく・楽しく過ごしたい! あなたと一緒に頑張るブログ

ツインバードの超本気コーヒーメーカーをふるさと納税でゲット

ども、Daveでございます。今日は、ふるさと納税でコーヒーメーカーをゲットした、という話でございます。

Nothing more than ”美味しいコーヒー”

朝のバタバタした準備の中でも、美味しいコーヒーを楽しむことは夫婦ともにかかせない習慣になっています。できる範囲でできるだけ美味しいコーヒーを、できるだけ手軽に楽しみたい。そういう観点で、ちょうど1年前にパナソニックの名機NC-A56を導入しました。

【レビュー】Panasonic コーヒーメーカー NC-A56:毎朝挽き立て・淹れたての美味しいコーヒーが手軽に楽しめる!

NC-A56は、ほんとに良い製品です。特に、豆を受けるバスケットの部分をぱかっと外すことができ、しっかり掃除・洗浄できるのがありがたいです。この年末に発売されている家電批評雑誌でも高評価を得ているくらいです。2018年6月に、デカフェコースを追加した新バージョンNC-A57が発売されていますが、基本的にはまったく変わりませんので、A57より3,000円くらい安いA56が狙い目だと思います。

スポンサーリンク

更に美味しいコーヒーを求めて

NC-A56満足していましたが、1年も経ってかなり使い込まれており、その間にガラスのサーバーを2回くらい買えかえてます。そんな中で「全自動で、もうちょっと本格的なコーヒーメーカーあったらなぁ」と考えるようになりました。贅沢な悩みなんですけどね。

ã³ã¼ãã¼ã®ã¤ã©ã¹ããã³ã¼ãã¼ã¡ã¼ã«ã¼ã¨ã³ã¼ãã¼ã«ããã

無印良品のコーヒーメーカーが発売され、非常に気になっていたのですが、価格の高さ(32,000円)や、豆の挽きムラなどのレビューが気になって購入には至りませんでした。

そんな年の瀬に畳み掛ける新製品のニュース朗報が!

NC-A56の高評価と同時に、秋頃発売されたツインバードの全自動コーヒーメーカーの評判が伝え聞こえてきました。

ツインバードといえば、手頃でデザインの良いオリジナル家電を発売しているメーカーで有名ですね。私もコードレスクリーナーを愛用していますが、コーヒーメーカー、それもかなり高価(4万円)な製品をリリースするというのは正直意外でした。

でもスペシャルページの気合の入りよう、そして製品監修が「コーヒー界のレジェンド」、自家焙煎珈琲「カフェ・バッファ」店主の田口護さんということで、すごく気になってました。

でもなぁ、4万円は高いなぁと思っていたら、なんとこのコーヒーメーカー、新潟県燕市のふるさと納税の返礼品になっているという情報が! 相変わらずグルドンのみなさん情報が早くて濃ゆい! チェックしたら、本当にありました!

ふるさと納税は、寄附をした合計金額から2,000円を差し引いた額が、翌年納める住民税、さらに所得税が控除になる仕組みです(控除額は収入によって上限があるので注意が必要です)。控除なので、一度7万円は支払わなければならないのですがクレジットカードも使えます。

条件さえ合えば、結果手数料の2,000円だけで返礼品を入手できることになります! 来年から、寄付金額の3割を超える返礼品はダメ、と総務省が方針を発表していますので、今年寄付額が上がるか、本商品は削除されちゃうかもしれません…

スポンサーリンク

手続きから約1週間で届いちゃいました!

11月26日に寄付の手続きをしたのですが、約1週間とかなり早く発送されてびっくりしてしまいました。

f:id:davetanaka:20181209112818j:plain
f:id:davetanaka:20181209112909j:plain
f:id:davetanaka:20181209113534j:plain

本体はこんな感じですね。デザイン的にもかなりかっこいいと思います。

f:id:davetanaka:20181209131107j:plain

キッチンでNC-56Aと並べてみました。

  • NC-A56 幅22.0cm×奥行きD24.5cm×高さ34.5cm:2,9kg
  • ツインバード 幅22.5cm×奥行き35cm×高さ35cm:3.2 kg

幅・高さや重さはほとんど変わらないのですが、奥行きが10.5cmツインバードのほうが長いので設置には注意が必要です。ただ、NC-56Aと違って背面の水タンクの取り外しなどはありません。

f:id:davetanaka:20181209113424j:plain

コーヒーサーバー(左上)とその上に乗せるドリッパー(左下)の他に、豆の計量カップ、掃除用のブラシ、お試し用のコーヒーフィルターが付属しています。

f:id:davetanaka:20181209122421j:plain

サイズはいわゆる「102サイズ」(2~4人用)ですね。NC-56Aも同サイズのフィルターを使います。我が家では上の写真のカリタ 102を使用してます。

f:id:davetanaka:20181209113458j:plain

本体正面には左から、モード選択つまみ、抽出温度設定(83度 or 90度)、抽出量設定(1~3人用)、メンテナンス用ツマミなどが並んでいます。ちなみに、90度で抽出すると83度よりも苦味が増すとのこと。

f:id:davetanaka:20181209220933g:plain

本体上部には、後方(写真左)に水を注ぐ場所があり、前方(右)は豆を入れる場所になっています。

f:id:davetanaka:20181209113650j:plain

この部分、つまみを左右からつまんで持ち上げるとコーヒーミルごと本体から外れるので、付属のブラシでコーヒー豆のカスなどを掃除できます。よく考えられてますね!

早速飲んでみます!

f:id:davetanaka:20181209120457j:plain
f:id:davetanaka:20181209130839j:plain

今回使用する豆はカルディの「リッチブレンド」です。日常使いとして愛飲しています。

f:id:davetanaka:20181209120552j:plain
f:id:davetanaka:20181209120632j:plain

規定量のコーヒー豆をセットして早速抽出す。「豆は細引きで抽出温度は83度、3杯分」としてみました。

f:id:davetanaka:20181209120736j:plain

まず少量お湯が注がれ、ちょっと蒸らしが入った後で…

f:id:davetanaka:20181209121315j:plain

3回に分けて、複数の口からお湯が注がれます。

f:id:davetanaka:20181209121929j:plain

NC-56Aとの比較(味や抽出時間など)

NC-56Aでも同じ豆の種類・量と水の量でコーヒーを淹れてみて味を比較してみました(個人の好みもあると思いますので、あくまでご参考まで)。

  • NC-56Aの方が基本の抽出温度が高いせいか、苦味が強い
  • 83度で抽出したツインバードは口当たりが優しく、繊細な味がする。香りも良い
  • 交互に口をつけると、NC-56Aは豆の雑味のようなものを感じる。ツインバードは飲み終わりから、鼻に抜ける香りまでスムーズ

抽出時間はこうなりました。

f:id:davetanaka:20181209222652j:plain
f:id:davetanaka:20181209222723p:plain

左がNC-56Aで、右がツインバードです。全体の抽出時間は、ツインバードのほうが約27秒長い結果になりました。ツインバードの方は各ステージのラップタイムも図ってみたのですが、

  • ラップ1:スタートから、お湯が注がれるまで
  • ラップ2:お湯がドリッパーに全部注がれるまで
  • ラップ3:すべてのコーヒーがサーバーに落ちるまで

となっています。最初、単体で動かしてみた時は、ツインバードのほうが2分くらい長く感じたのですが、ちゃんと計測してみたら約27秒しか違いませんでした。

後片付け・メンテナンスについて

f:id:davetanaka:20181209121907j:plain

NC-56Aと違って、本体から外れるパーツは多くありません。ドリッパーはサーバーの上に乗っかっているだけなので、すっと取れます。

f:id:davetanaka:20181209125251j:plain
f:id:davetanaka:20181209121558j:plain

本体上部の水投入口は、抽出後はこんな風に湿っているので、フタを外してキッチンペーパーで拭いた方が良いと思います。

f:id:davetanaka:20181209125145j:plain

忘れちゃいけないのは、豆が落ちる部分で、静電気によって豆のカスがくっついているので、これもキッチンペーパーで拭き取っておきます。もったいないので、上記で水分を拭ったキッチンペーパーをそのまま使ってます。

コーヒーミルを外して挽いたコーヒーが落ちる筒の部分も掃除したほうが良いと思いますが、毎回ではなく、毎朝初めて抽出する時だけで良いと思います。それでは、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA