2022 Amazonプライムデー注目アイテム!

Belkin CONNECT Pro Thunderbolt 4 Dock:M1 MacBookの優秀なパートナー

M1 MacBookを利用している方で、Thunderbolt 4対応のドッキングステーション(以下TB4 Dock)探しに困っている方はいませんか? 実は、同マシンに対応したTB4 Dockって、結構数が少ないんですよね。

私は長らくWindows デスクトップPCをメインで使ってきたのですが、今は数十年ぶりにMacをメインで使用しています。

14インチM1 MacBook Max

今使用しているのは14インチ MacBook Proです。性能はバッチリなのですが、入出力ポートは結構数が少なくて、Thunderbolt 4ポート x 3、HDMIポートとSDカードスロットのみです。USB Type-Aのレシーバーが必要なキーボードやマウス、キーボード、オーディオインタフェース、外部Webカメラ、Stream Deckなどが物理的に接続できません

メインは家での作業になりますが、もちろんノートPCの機動性を活かして外出時も持ち出すので、そうなるとMacBookにはごちゃごちゃ周辺機器を装着したくないんですよね。で、外出時はSatechiのUSB Type-Cハブを使用しています。

問題は自宅での周辺機器接続問題だ

せっかく外出時もコンパクトなハブで済んでいるので、家では「じゃ、ドック!」ということになるのは自然流れなです。

家では、外出時よりも多くの周辺機器を安定して接続したいわけで、そうなると複数の周辺機器を常時接続しておいて、Macとはケーブル1本接続すればALL OKなTB4ドックはすごく便利なんですよね!

しかし一方で「Thunderbolt 4対応」を謳うドックであっても、「Mac対応状況」「同時出力できる外部モニターの数と解像度」「電源供給力」など違いがあります。今回は、「M1 MacBook用」として数種類のTB4ドックと比較しつつ、「Belkin CONNECT Pro 12-in-1 Thunderbolt 4 Dock」(以下「Belkin TB4 Dock」)をレビューしてみました。

ぱんだ㊙

結構高い周辺機器だから、失敗したくないんだよね…

デイブ

うん、BelkinのConnect Pro TB4 Dockは自信を持っておすすめできるよ!

本レビューはメーカーにレビュー用のサンプルをお借りして制作しています。レビュー内容に関しては一切忖度せず、メリット・デメリットもそのまま記載しています。

Belkin TB4 Dockのパッケージとデザイン

製品パッケージ

Belkin Pro ThunderBolt 4 Dockパッケージ

こちらがBelkin TB4 Dockのパッケージです。Belkinカラーであるライトグリーンが印象的なデザインですね。

本体と同梱物

Belkin Pro ThunderBolt 4 Dock本体

本体を取り出してみました。サイズは、幅 20cm x 奥行き 7.3cm x 高さ 3.4cmで、重さが1.8kgあります。

Belkin Pro ThunderBolt 4 Dock本体と電源アダプタ

付属の120Wの電源アダプタは結構大きいですね。サイズはまさに本体と変わらない幅 15.5cm × 奥行 6.2 cm × 高さ 3.1 cmで重さが約659gあります! こちらの置き場もあらかじめ考えておいた方が良いと思います。

Amazonの製品ページにも記載改めてご注意事項が書かれるくらい大きな電源アダプタ
付属の0.8m TB4ケーブル

Belkin TB4 Dockには、上記の0.8mのThunderbolt 4ケーブルが付属します。ドックの近くにMacやWindows PCを設置する場合はこれでも良いのですが、離れた場所に設置する場合はもっと長いケーブルが必要になります。

2mのThunderbolt 4ケーブルもあります(別売)

Belkin TB4ケーブル 2m(別売)
Belkin TB4ケーブル 2m(別売)コネクタアップ

で、Belkinからは、別売りで2.0mのThunderbolt 4ケーブルが発売されています。TB4ケーブルは結構高価で、かつ相性問題などもありますので、純正品をオススメです。1m版が4,480円2m版が6,980円(両方ともアマゾン価格、税込)となっています。

前面・背面ポート紹介

Belkin TB4 Docの各種ポートをチェックしてみましょう。

Belkin TB4 Dock:前面ポート

まずは前面ですが、前面からのアクセスが多いポートが並んでいます。前面にSDカードスロットや、3.5mオーディオジャックがあるのは便利ですね。ホストマシンとの接続用TB4ポートが前面にあるのはちょっと残念です。

Belkin TB4 Dock:背面ポート

こちらは背面になります。後で登場しますが、HDMIポートが2ポート用意されているモデルは結構少ないですね。私が調べた限りではこれ1種類でした。USB Type-Cが前面1ポートですが、最近Type-C接続の製品も増えてきているので、Type-Aポートを3.1 OnlyにしてもType-Cが2ポート欲しかった気がします。

Belkin TB4 Dockを使用した場合のマルチモニタ接続

PC/モニタ接続トリプルデュアルシングル
HDMI x2 + TB4 x1HDMI x2HDMI x1 + TB4 x1HDMI x1 or TB4 x1
TB3/TB4対応PC
4K 60Hz

4K 60Hz

4K 60Hz

8K 30Hz or
5K 120Hz
Intel Mac✖️✖️
4K 60Hz

5K 60Hz
M1 Pro/Max/Ultra
M2
✖️✖️
4K 60Hz

5K 60Hz
M1 MacBook✖️✖️✖️
5K 60Hz
モニタ組み合わせと最大解像度

Belkin TB4 Dockのモニタ接続上状況はこちらの通りです。Macの場合、Windows PCと異なりトリプルモニタや、HDMI 2ポートを使ったマルチモニタははできないですね。これは、ドックの仕様ではなくApple側の使用によるものです。

また、M1 Pro/Mac/Ultraや最近発表されたM2チップ搭載のアップル製品では、TB4とHDMIをそれぞれ1ポートずつ使ったデュアルモニタ(MacBook本体のディスプレイも使用可能)は可能ですが、無印のM1 MacBook/Airなどはシングルのみとなっていますので、注意してください。

私はDell U4021QWという、40インチ 5K2Kモニタ(解像度 5120 x 2160ピクセル)という4K Overのモニタを使用していますが、BelkinのTB4ケーブル1本で14インチ MacBook Pro M1モデル本体と、Dellのモニタに5K2K@60Hzで接続できました。不具合なく使えてます!

Belkin TB4 Dockスペックと他社製品との比較

現在2022年6月現在で販売されているApple M1チップ搭載PC接続可能なTB4ドックを調べてみたところ、下記の3台が該当しました。他にも、Ankerから「Anker Docking Station 777 Thunderbolt」と「Anker PowerExpand 5-in-1 Thunderbolt 4 Mini Dock」が発売されていたのですが、両機種ともApple M1チップ搭載機種は非対応となっていました。

「Belkin TB4 Dock」と、「CalDigit TS4」および「OWC TB4」のスペック比較は下記の通りです。

仕様/製品名Belkin TB4 DockCalDigit TS4OWC TB4
ポート数合計121811
電源供給最大90W最大98W最大96W
Thunderboltポート2
ホスト接続用 x1含む
3
ホスト接続用 x1含む
4
ホスト接続用 x1含む
ホスト接続ポートの位置前面背面前面
映像出力
(Apple M1 Pro/Max/Ultra)
TB4 x1 最大 5K/60Hz
HDMI x1 最大4K/60Hz
6K/60Hz x 2TB4 x1 最大 8K/60Hz
USB Type-Cポート3.2 Gen2(10Gbps/20W) x13.2 Gen2(10GBps/20W) x 1
3.2 Gen2(10Gbps/7.5W) x2
なし
USB Type-Aポート3.1Gen2 (10Gbps/4.5W) x2
2.0 (480Mbps/2.5W) x2
3.2 Gen2 (10Gbps/7.5W) x 53.2 (10Gbps)
2.0 (480Mbps) x1
映像出力ポートHDMI 2.0 x2
4K 60Hz
DP 1.4 x1なし
オーディオポート3.5mm x1
入出力
3.5mm x3
入出力・入力・出力
3.5mm x1
入出力
SDカードスロット
全てUHS-II
SD 4.0 x1SD 4.0 x1
MicroSD 4.0 x1
SD x1
有線インターネット1Gbps x12.5Gbps x11Gbps x1
価格(Amazon 税込)43,391円50,600円51,000円

表にしてみると、各社かなり細かいところで違いがありますね。この3社の製品を踏まえて、Belkin TB4 Dockの特徴をあらためて整理してみるとこうなります。

  • 3機種の中では一番お求めやすい価格になっている
  • USB Type AおよびCポートが充実しているCalDigit、TB4ポートの数が多いOWCと比較してバランスの取れた中間的なポジション
  • Apple M1チップ搭載機種で使用する場合はTB4ポートの最大映像出力は5K/60Hzまで。TB4のみでのデュアルモニタ接続はできないが、HDMIポートと組み合わせれば可能(HDMIは4K/60Hzまで)
  • 唯一HDMIポートを備えている
Belkin TB4 DockとCalDigit TS4写真2
写真左はCalDigit TS4

TB4ドックのスペック的には、CalDigit TS4が最高性能だと思います。ただ、価格や入手性に問題がありますね。

また、現状CalDigit TS4はMacBookのスリープ時に外部接続されているHDDやSSDなどがアンマウントされてしまう問題が認識されており、もしそういった用途で使用する場合はちょっとめんどくさいことになりそうです。

また、BelkinはMacの周辺機器を長年開発・販売しているメーカーであり、信頼性やサポートに関しても安心できる点は大きいと感じました。

Belkin TB4 Dockのオススメポイント、イマイチポイント

Belkin TB4 Dockのオススメポイントとイマイチポイントをまとめます。


オススメ
イマイチ
  • 競合機種の中では安価でかつバランスの良いポート設計
  • Belkinブランドの信頼性とサポート
  • TB4ケーブル1本を接続するだけで90W給電と5K/60Hzの映像出力が可能に
  • 競合製品の中で唯一HDMIポート x2を備えておりHDMI製品との接続が容易
  • PC接続用TB4ポートが前面に配置されているので机の上にケーブルが見えてしまう
  • AC電源アダプタの設置・収納場所を考えておかないと困る場合も
  • USB Type-Cポートが1つのみでかつ前面配置

唯一残念なのは、「PCとの接続ポートが前面配置」な点です。机の上をすっきり片付けたいので、一時的ではなく、長期間ドックに接続するケーブルは目立たない背面に接続したいのですが、残念ながらまずMacとの接続ケーブルをドックの前面の前に刺さなければなりません

さらに、これは個人的な事情ですが、私が使用しているSHURE MV7というマイクはUSB接続できるのですが、ケーブルはUSB Type-C to Microケーブルで接続しています。

本製品は、USB Type-Cポートは1ポートのみでこちらも前面に配置されています。ケーブル整理のためのドックなのに、2本も前面にケーブルが来てしまう点はちょっと残念でした。

多分、回路設計や筐体デザインの関係から前面にしなければならなかったのかもしれませんが、Caldigit TS4のようにポート数も多く、かつ背面でのPC接続が可能なモデルもあるので、そこが残念ポイントです。また、USB Type-C対応製品も増えてきましたのでType-Aポートを1つ削っても、Type-Cポートに変更できればベストだと思いました。

Belkin TB4 Dockまとめ

「Belkin CONNECT Pro 12-in-1 Thunderbolt 4 Dock」は、「ケーブル1本刺すだけで多彩な周辺機器を使えるようにしたい」というニーズにしっかり応えてくれる優れたTB4ドックでした。

多少の不満はありますが、実際使用してみてデザインや便利さ、また動作の確実性などさすがBelkin社製であり、しっかり私のニーズに応えてくれました。もし、安心して使用できるTB4ドックで、安価なモデルを探している方はぜひ一度チェックしてみてください!

Amazonでおトクにお買い物!
Amazonで買い物をするまえにやっておくとおトクになる3つの方法について解説しています。ちょっとの手間で、Amazonポイントをがっつりゲット! ≫ Amazonを見る ≫ 記事を見る
【まとめ】買って良かったおすすめのガジェット・家電【ベスト20】
本ブログでご紹介している中から、特に「ガジェット・家電」のカテゴリに含まれる製品のベスト20をピックアップしてみました。どれも、人生をわくわく・楽しく過ごさせてくれるような一品揃いです ≫ 記事を見る
【まとめ】作ってみて本当に美味しかったホットクックレシピ 【ベスト20】
これまでにホットクックで140を超えるレシピを試してみましたが、その中でも実際に作って・食べてみて美味しかったレシピ「ベスト20」をチョイスしてみました。どれも本当に美味しいですよ! ≫ 記事を見る
2021年最新!買ってよかった日用品・雑貨ベスト10
2021年最新!買ってよかった日用品・雑貨ベスト10をまとめました。クオリティ・オブ・ライフ瀑上がりの一品が揃ってます。プレゼントの参考にもぜひ! ≫ 記事を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA