キャンプ・デービッド

cheeroのBluetoothスピーカー「BB mini」を鹿児島で購入!

 ども、デイビッドのキャンプでございます。今日は、先日訪問したAUGM鹿児島の会場でお得にゲットした、cheero(チーロ)のBluetoothスピーカーcheero BB miniの紹介をしたいと思います。

AUGM鹿児島はお買い得の宝庫だった

Apple User Group Meeting略してAUGMでは、ユーザーグループだけではなく、Appleに関連のある各メーカーが協賛として参加されていて、商品のデモや、会場での即売会などを行っています。

f:id:davetanaka:20180721155913j:plain

cheeroブランドを展開するティ・アール・エイ株式会社さんも登壇された会社の1つで、東享社長自らがプレゼンを行われました。上記写真の「Power Mountain 50000mAh」を初めとした様々な製品の紹介をされていました。


f:id:davetanaka:20180721120621j:plain

会場後方の即売ブースでは、cheeroブランドの様々な製品がかなりお買い得な価格で購入できました!こうして見ると、cheero製品って一杯あるんですね!

 

ブースでどれを買おうかなぁと考えていた所、智美さんがいらっしゃったので「この中で今一番のオススメはなんですか」とお聞きしたところ、「BB mini!」と即答いただきました。2台セットで使うとステレオ再生できるということで、AUGM会場特別価格で購入させていただきました!

f:id:davetanaka:20180722103959j:plain

パッケージはこんな感じです。すごくわかりやすくて良いパッケージですね。

 

BB miniは小さい「からこそ」凄いヤツなんです

cheero BB miniの主な特徴は下記の5つです

  1. バッテリー駆動で4時間連続再生可能
  2. 充電ケーブルが固くフレキシブルで、スタンドやフックとして使用可能
  3. タイムドメイン理論採用した本格的なサウンド
  4. マイク付きスピーカーなので、ハンズフリー通話が可能
  5. 2台あればステレオで楽しめる

どうです、結構機能盛りだくさんじゃないですか?そして、それは期待以上のデキだったんです!

f:id:davetanaka:20180725215926j:plain

充電した後、ちょっと軽く設置してみました(棚は撮影用に必死に掃除したので、いつもはこんなにキレイじゃありません…)。

 

フレキシブルなレイアウトが可能な本体&ケーブル設計

外見的な特徴は、写真の通り、ケーブルが自由自在に曲げられるのに、適度な重さと硬さを備えているためにそれをスタンドとしても使用できる点だと思います。これにより、球体でアルミ削り出しのスピーカー本体を、自由な位置に、まるで宙に浮いているような形で設置できちゃいます。これも、47gという軽量小型のスピーカー部があってこそ、ですね。

f:id:davetanaka:20180725221914j:plain

自由度はほんとに高くて、一例ですがこの写真のように突っ張り棒や、ちょっと引っ掛けられる部分があれば、ケーブルをくにくにっと曲げてさっと空中にスピーカーを設置できちゃいます。これ音楽を楽しむときも有効ですが、会議室やセミナー会場なんかでも便利だと思います。

音質はどうだ?

肝心の音については、一言で言えば「空間を鳴らすスピーカー」だと思います。結構独特な、他にない鳴り方をしますね。まさにタイムドメインのスピーカーの特徴ではないでしょうか。スピーカーが鳴っている、という感じではないんですよね。

 

表面的に表現すると、低音のボリューム感は乏しいのですが、中~高温のハリ・ツヤ、音の広がりがそれを補っている感じです。そういう意味で音楽の得意・不得意がありそうだな、と思いました。たとえばピアノ曲とかすごく美しく響きます。音の余韻を響かせて、空間全体の雰囲気をぐっと掴んでしまう、そういう表現が得意です。一方でダンスミュージックやEDMなど、低音・高音を強調して、音圧が味付けの一部になっているような楽曲は相性が悪く、耳障りに感じてしまうかもしれません。

 

ステレオ接続するにはちょっとポイントがあります(動画あり〼)

実は、上記のようにステレオ接続で早速ステレオで再生!と思ったのですが、説明書だけだとちょっとわかりにくかったので、説明動画を作成してみました(これ、自分がハマっただけでみなさんさらっといけちゃうのかもしれませんが)。

まず前半で1台のBB miniをiPhoneに接続す方法をご紹介し、後半でステレオ接続を行っています。

どうでしたでしょうか? これ文字にするとちょっと長いのですが、

  1. ステレオにする場合、iPhoneとBluetooth接続しなければならないのは1台のみ
  2. 接続済みの1台からもう1台を呼び出すコマンドあり(電源を2回クリック)

こういうことでした。

 

まとめ:楽しいスピーカーじゃないですか!

cheero BB miniは本当にユニークなBluetoothスピーカーでした。ちょっと見ただけだと、色物っぽい印象を与えるかもしれませんが、その裏にはタイムドメイン理論の実践として、空間に小型の音源を設置して音を鳴らすことを可能にしています。

 

簡単操作でいつでもどこでも良い音をステレオで流せるので、特に朝の準備がはかどっています。cheeroさんのオススメを素直に聞いて購入してよかったです!

 

さて、今日もここまで読んでいただき、ありがとうございました。もし気に入っていただいたらポチッと読者登録していただけると嬉しいです。それでは、また!