キャンプ・デービッド

ホットクック レシピ#36:「キーマカレー」のキーマはひき肉って意味じゃないんですね

ども、デイビッドのキャンプでございます。台風が変な進路を進んでいるおかげで、週末だと言うのに雨模様ですね。いろいろな野外イベントも中止になっていて、なんか予定が狂ってしまった方も多いと思います。そんなときは、美味しいものでも作って気分を上げましょう!

 

ところで、今回ちょっと釣りっぽいタイトルになっちゃいましたが「キーマカレー」をの「キーマ」ってどういう意味かご存知ですか? キーマカレーと言えば、ひき肉の入ったカレーなので、キーマ=ひき肉だと思っている方も多いかも知れませんが正確に言うと違います。

そう、いわば「細かいものが入ったカレー」なんですね。またちょっと賢くなってしまったところで、おもむろに材料を揃えます。

f:id:davetanaka:20180728152608j:plain

材料は、レシピどおりに、①トマト大1個 ②玉ねぎ1個 ③なす1本 ④パプリカ1個です。ちょっとレシピに乗ってなかったのですが、消費期限がヤバいしめじが冷蔵庫に残っていたので、投入します。

f:id:davetanaka:20180728153603j:plain

どれもみじん切りしておけばOKです。トマト・ナス・パプリカは1.5cm角に揃えるよう指示がありました。こうしておくと、火の通りが均一になるんでしょうね。しめじは、火を通すとかなり小さくなるので、特にカットせず、石づきを外してばらばらにしておきました。

f:id:davetanaka:20180728154033j:plain

投入順も、上記の数字のとおりで、最後にしめじ、その上に合いびき肉を適当に広げ、その上からカレールーを乗せます。ルーは2皿分、ということで、1箱9皿分だったので、2個、投入してます。

f:id:davetanaka:20180728163342j:plain

我が家では、カレールーといえば「ジャワカレー 辛口」一択です。「爽やかな辛さと深いコク」キャッチコピー通りのおいしさですね!

f:id:davetanaka:20180728154215j:plain

準備はこれだけです。メニューNo.008「キーマカレー」を選択して調理開始、約20分で完成しちゃいました。ちなみに、これも無水調理なんですね。トマトと玉ねぎから水分がたっぷりでるんでしょうね。

f:id:davetanaka:20180728161410j:plain

お皿に盛るとこんな感じです。今週は明日が筋トレで、今日は味見した程度ですが、トマトベースのカレー特有のマイルドながら、ちょっとした酸味が聞いていて食欲をそそります。

ナスや玉ねぎは完全に溶けこんでおり、歯ごたえはひき肉と、おまけで投入したしめじくらいですね。出来上がったばかりなので、味はまだ落ち着いてない感じですが、1晩寝かしたら、もっと美味しくなると思います。ご飯にもパンにも合いますが、この感じだとキーマカレーベースのカレーうどんも美味しそうだなぁ…

 

f:id:davetanaka:20180729082534j:plain

朝ご飯にかけて食べてみました。味は流石に一晩寝かせてさらにマイルドになりました。もしかしたら、一応4人前の分量なので、カレールーはもう1個追加したほうが美味しいかも知れません。このへんは、野菜・ひき肉の素材の味を重視するか、カレー感を重視するかで好みが分かれそうですね。今回はさっぱり系で美味しくいただきました!

 

今日もここまで読んでいただき、ありがとうございました。もし気に入っていただいたらポチッと読者登録していただけると嬉しいです。それでは、また!