Amazonでお得に買物するための3つの方法!

【cheero Power Plus 5 10000mAh with PD 18W】レビュー:真面目でシンプルなモバイルバッテリー見つけました!

cheero Power Plus 5 10000mAh

ども、Daveでございます。今回は、モバイルバッテリーや各種ケーブル、また睡眠サポートグッズSleepion 3などで有名なcheeroのモバイルバッテリー「cheero Power Plus 5 10000mAh with Power Delivery 18W」をご紹介します。

ビジネスシーンにぴったりのスクウェアなモバイルバッテリー

パッケージを開封する前に、今一度製品名を確認してみましょう。「Power Plus 5 10000mAh with Power Delivery 18W」ということで、1万mAh(ミリアンペア)のバッテリー容量を持ち、Power Delivery 3.0いう高速充電規格に対応、電源供給能力が18Wある、ということですね。

cheero Power Plus 5 10000mAh

パッケージはこんな感じです。シンプルですね。

cheero Power Plus 5 10000mAh

取り出してみました。同梱物は、モバイルバッテリー本体と、USB Type-Cケーブルの2つのみです。充電器は付属していないので、ご注意ください。この製品は、USB Type-Cでの入出力に対応している=USB Type-Cケーブルで接続できる18WのACアダプタがぴったりなので、もし持っていない場合は、やはりcheeroの「USB PD Charger 18W」などがおすすめです。

cheero Power Plus 5 10000mAh

横方向から見たところ。スクエアな本体と、高級感のあるアルミケースがいい感じです。これなら、ビジネスシーンで使用しても問題ないですね。

cheero Power Plus 5 10000mAh

手に持ってみました。

  • 本体サイズ:幅 約46 mm x 高さ 約98mm × 厚さ 約24mm
  • 重量: 約205g

と、厚みが結構ありますが、全体的にコンパクトな仕上がりになっています。手の中にもすっぽり入りますし、四角いのでビジネスバッグや机の上でのおさまりも良いですね。丸いと、手には握りやすいのですが、机の上やカバンの中で滑りやすい印象があります。

cheero Power Plus 5 10000mAh

机の上での安定感もばっりり。TPOをわきまえて使えるのがうれしいですね。

cheero Power Plus 5 10000mAh

写真は、無印良品のポリエステル吊るせるケース小物ポケットの下の段にしまってみたところです。縦に入れてもちゃんとファスナーが締まります。

スポンサーリンク

見た目だけではなく、中身の設計も真面目です

次に、性能面での特徴を見ていきたいと思います。

cheero Power Plus 5 10000mAh

ポートは本体上部に2ポートあります。

  • 左:Power  Delivery 3.0に対応したUSB Type-C入出力ポート
  • 右:USB Type-A出力ポート(5V/2.4A最大:AUTO-IC機能搭載)

となります。そして、2台同時接続・充電が可能なのですが、その際も2ポート合計の出力が最大18Wまでとなっている点です。例えば、右のポートで最大の5V/2.4Aで出力したとすると、Wに直すと5*2.4で12W使用してしまうので、残りは6W分しかありません。この点は注意が必要です。

実際に充電チェックしてみました

電源オフになるまで放電したiPhone XS Maxを、本製品+USB Type-C Lightningケーブルの組合せで充電した結果がこちらです。10分ごとの充電状況、また本製品のバッテリーの減り具合をチェックしてみてください。

cheero Power Plus 5 10000mAh

開始時のモバイルバッテリーの充電残量は85%でした。そうそう、このように、本製品には充電残量が一目で把握できるデジタルインジケーターを備えています。サイドにあるボタンを押すことで、残量%が表示されます。これ、本当に便利ですね。

さて、改めて計測スタートです!

cheero Power Plus 5 10000mAh
cheero Power Plus 5 10000mAh
経過時間USB Type-C
(Power Delivery)
iPhone充電状況
USB Type-A
(Auto-IC)
iPhone充電状況
 
10分15%12%
20分32%25%
30分48%37%
40分63%48%
50分75%60%
60分78%72%

はやっ! USB Type-CでPower Deliveryを活用した場合、60分でiPhone XS Maxが0%から78%まで充電が回復しています。一方で、USB Type-Aでcheero独自規格のAuto-ICを使用した場合は72%まで充電できていました。Auto-ICもなかなかですが、やはりPDは早いですね。

バッテリーの減り方ですが、USB Type-Cで充電した場合44%分消費しています。iPhone XS Maxの電源容量は3174mAhということなので、カタログスペック上は約3回分充電ですが、2.5回分充電できると思われます。

スポンサーリンク

早いだけじゃなく、安全設計も優れています

cheero Power Plus 5 10000mAh with Power Delivery 18W」は、充電性能だけなく、安心して使用できるようにかなり安全設計になっています。例えば、

  • 高品質な電池を使用
  • 温度センサー:温度センサーを搭載しバッテリー内部の温度以上を感知
  • 温度センサー:本製品内温度が139℃に上昇した場合、回路をクローズ

などなど、「過充電」「過放電」「発熱」「ショート」などの、万が一の事態にも備えているので、その点も良いと思いました。

レビューのまとめ

コンパクトでビジネスシーンにも合う、実力派のモバイルバッテリーだと思いました。またシンプルな表示ですがデジタルでの残量インジケーターがあるだけで、モバイルバッテリーに感じるストレスが大部分なくなったことにちょっと驚いています。

また値段もお手頃なわりに、安全・安心への配慮もしっかりされているのでお勧めの1台となっています。それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA