Amazonでお得に買い物する3つの方法

SONY WH-1000XM3用ヘッドフォンカバー&ヘッドバンドカバー:見た目を取るか、実益を取るか、それが問題だ

ども、Daveでございます。先日、いろいろ悩んだ末にSONYのWH-1000XM3を購入しました。

WH-1000XM3 【SONY WH-1000XM3レビュー】あえて今、SONYのノイズキャンセリング”ヘッドホン”の方を購入した理由

良いヘッドフォンだなーと思って毎日使っているのですが、ちょっと気になる部分があります。

上記の赤字の部分です。クッションになっていて、非常に手触り・装着感が良いのですが、汚れが気になります。結構高いヘッドフォンですし、大事に使いたいので、ちょっとグッズを探してみました。

「ヘッドフォンカバー 」と「ヘッドバンドカバー 」

アマゾンで「WH-1000XM3 カバー」で検索したら、いろいろな商品がでてきたのですが、とりあえずヘッドホンカバー(耳にあたるところを保護するもの)と、ヘッドバンドカバー(頭頂部にあたる部分を保護するもの)という商品があったので、購入してみました。

ヘッドフォンカバー

これはわかりやすい商品ですね。耳の部分に、のびのびするちっちゃい靴下みたいなものをすっぽりかぶせるタイプの商品です。

アマゾンベストセラーのアイテムもあったのですが、今回購入したアイテムよりも倍くらい高かったのと、レビューで具体的に機種名を挙げて低評価なレビューがあったのでこちらを購入してみました。

装着は非常に簡単でカップの部分をくるっと包むだけです。

ちょっとだけ残念なのは、WH-1000XM3の左のカップの下部に電源ボタンやノイズキャンセリング・アンビエントサウンドの切り替えボタン、有線の3.5mmジャックなどが集中しているのですが、そこもカバーされてしまうことですね。

ボタンに関してはカバーされていてもクリックできるので、覚えてしまえば問題ないのですが、ジャックを使用する場合はちょっとめくらないといけないので不便かもしれません。

ヘッドバンドカバー

「ヘッドフォン用ヘッドバンドカバー」というアイテムがあるんですね。こちらも非常にシンプルなものです。1枚布を筒状にできるジッパーがついているだけですね。

洋服のジッパーと同様、先端をジッパーの反対側の部分に差し込んで、ジッパーを締めるだけだけなのですが、さすがに太い部分では締めにくいので、上記のように細い部分でジッパーをかみ合わせておいて、

その状態で左右を調整し、ジッパーを締めるのがコツですね。これも1分くらいで装着できました。ちょっと心配していたジッパーのつまみの部分ですが、ジッパーのレール側の方に倒すことで固定され、どこかにぶつかるようなことはありません。

スポンサーリンク

機能的には十分。でも見た目は…

ヘッドバンドカバーとヘッドバンドカバー両方を装着したところはこんな感じです。

これ、同じWH-1000XM3でも、ブラックの方であれば全く気にならなかったかもしれないのですが、グレーだとちょっと違和感ありますね。まぁ、右の方が普段外側から見えている状態なのでそれほどでもないのですが、見た目が悪くなったのは確かです。

ただ、機能的には思った通りの性能を発揮してくれます。両方とも、装着感は非常によく、特にヘッドバンドカバーはノイズキャンセリング性能・音質も含めて悪い影響は一切感じませんでした。耳に対する圧迫感もなく、かつ耳触りは向上しています。また数日使ってみて、何か変化があったら追記してみたいと思います。それでは、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA