キャンプ・デービッド

ホットクック レシピ#66:牛こまと小松菜の醤油麹炒め

ども、デイビッドのキャンプでございます。おととい、昨日と連続でキャンプ関連の投稿をしてしまいました。だって、「デイビッドのキャンプ」というタイトルで、イラストもキャンプになっているのに、肝心のキャンプ関連の投稿がなかなかできなかったので…

そんなキャンプも終わり、今週は明日から3日間シンガポールから出張者を迎えてミーティングが連続します。夜ご飯を食べに行ったりもするので、今日はホットクックで自炊して、明日からの栄養を蓄えようと思ってます!

元気を出すために、牛こまと小松菜をチョイス!

とりあえず、元気を出すにはお肉!ということで、奮発して牛こまを買ってきました。191gあります。

f:id:davetanaka:20181023201326j:plain

f:id:davetanaka:20181023201316j:plain

お野菜の方は、小松菜と大根の1/3カットくらいのやつを買ってきて、あとは冷蔵庫にあったしめじ、玉ねぎ1個、ピーマン5個(写真は3個ですが冷蔵庫の奥から発見されたので急遽投入しました。

f:id:davetanaka:20181023202254j:plain

カットしては分量を測り、の繰り返しです。

調味料は醤油麹だけ!作り方も簡単です 

材料 分量 (g)
小松菜 185
しめじ 158
ピーマン 136
玉ねぎ 195
大根 332
牛肉 191
総量 1,197
塩分量 7.18

塩分量の計算は、勝間和代さんの「勝間式食事ハック」180p「味付けの基本はとにかく塩分0.6%の法則」に書いてあるとおり、「材料の総量の0.6%の塩分」から逆算します。

  • 材料の総量は1,197g なので、その0.6%の塩分 =1197*0.006 = 7.18gの塩分を投入
  • 醤油麹の塩分量は10%なので、塩分の10倍すれば醤油麹 = 7.18 *10 = 71.8g

です。醤油麹の作り方は下記の記事をご参照ください。

調理開始~といってもいつもの通りホットクックにお任せ

f:id:davetanaka:20181023214047g:plain

一応、水分の出そうな野菜から順に投入します。大根→玉ねぎ→ピーマン→小松菜→しめじ→牛こま→醤油麹の順です。で、まぜ技ユニットをセットし、「炒める」>「(沸騰後調理時間)5分」をセットします。

f:id:davetanaka:20181023210149j:plain

できあがりはこんな感じです。ちょっと大根とかまだ色が薄めですが、火は通っているので、これで完成!

 味の感想~美味しくできました!

f:id:davetanaka:20181023210310j:plain

一口食べて、ちょっとびっくりしたんですが、ピーマンがとっても甘いです! そして、小松菜って食べるとキシっとする感じがあってちょっと苦手だったのですが、これはそんなことはありませんでした。大根も、カブの煮物のようや柔らかさでとろとろです。

そして、野菜から滲み出たスープがまた美味しい! なぜかバターの風味がするんですよね。多分、醤油麹の麹部分と、牛こまの脂の甘さが合わさったものだと思います。塩分・味付けともにちょうどよかったです。やはり「塩分0.6%」は偉大ですね。素材の旨味を最大限に活かしつつ、美味しく食べられちょうど良いラインだと思います。これ、結構材料は適当に選んだ割には、すごく美味しくできちゃいました!良かったよかった。

 

今日もここまで読んでいただき、ありがとうございました。本日の内容はいかがだったでしょうか? よろしかったらコメントや、こちらから読者登録していただけると嬉しいです。それでは、また!