キャンプ・デービッド

ありがとうルンバ980、そしてようこそルンバe5!(ルンバ980レビュー最終回)

ルンバ・ラル(ルンバ980)は良きパートナーでした

ども、デイビッドのキャンプでございます。8月からアイロボット ファンプログラムの企画でルンバのモニターに参加させていただいています。3ヶ月というかなり長期のモニター期間も、ついに今月末で終了。来週頭には返却しなければなりません。そこで、レビュー最終回としてこれまでの「ルンバ・ラル」ことルンバ980の我が家での輝かしき功績を讃えてみたいと思います。

ルンバ・ラルとの歩み

ルンバ・ラルがうちに来た8月6日から約12週、毎週3回、時には土日にも手動で発進させたりした結果、数値的にはこんな感じになりました。

  • 清掃回数:135回(短時間のエラーなど含む)
  • 合計清掃時間:72時間36分
  • 合計清掃面積:1607.17㎡

うわ!すごくないですか? 1607㎡って、約486坪分であり、約970畳分もあるんですよ!ルンバ・ラルは本当に働き者だなぁ…

でも、そんなルンバ・ラルですが、初めはルンバを活用する側の我々の準備ができていませんでした。ルンバ・ラルが。初めて家中隅々まで掃除して、自動でホームに帰還してくれるようになった出撃4回目、約1週間経ってからのことでした。

その間、私のパ◯ツを巻き込んだり、イーサケーブルやヘッドフォンケーブルを巻き込んでエラーで止まってしまったり、ホームに辿り着く前に力尽きてしまったりと、いわゆる「ルンバブル」な状態になるまでは、ちょっと時間がかかりました。 

f:id:davetanaka:20180805135100j:plainf:id:davetanaka:20180805134814j:plainf:id:davetanaka:20180807191504j:plainf:id:davetanaka:20180809194501j:plain

返却が1ヶ月後に迫った家族会議(2人)の模様

妻「もうルンバ・ラルのいない生活は考えられない」

私「そうだねぇ」

妻「ルンバ・ラルを使ってみてわかった。人類にロボット掃除機は必要」

私「そうだねぇ」

妻「このまま買い取るとかできないのか」

私「できないねぇ」

妻「こまったねぇ…」

私「こまったねぇ…」

妻「こまったねぇ…」

私「こまったねぇ…」

 

…いや、我ながら頭の悪い会話だなぁと思うのですが、本当にルンバがあって、いつも床がキレイに保たれているのがわかっているので、安心して他のことをできている現実があるわけです。一度それを体験してしまうと、これを手放すのはキツイ。

夫婦で毎日のように愛用しているホットクックもそうですが、やはり「毎日やらなければならない面倒くさいこと・手のかかること便利にしてくれる道具」は、高くても、実際にそれで得られる時間を考えて、価値があるなら投資すべきだと実感しています。

そして! タイミング良すぎる「ルンバe5」の発表!

そんなふうに、一日一日が過ぎていた10月10日、なんとアイロボットが新機種「ルンバe5」を発表しました!

e5の機能を、最上位機種の980と比べると、

  • 価格は4万9880円(税別)と、5万円を切るお値打ち価格(ちなみに980は税別12万5,000円)
  • 丸ごと水洗いできるダクト容器を初採用
  • 1回の稼働時間が上位機種と同等の90分(980は120分)
  • スマートフォンによる操作でスケジューリングや外出先から掃除開始できる

ただし、

  • ルンバ980はiAdapt 2.0を搭載し、本体内蔵カメラを搭載、周囲の状況をカメラで判断し、さらにマップも作成できる。一方のルンバe5は、iAdaptは搭載するがカメラやマップの作成機能は非搭載
  • 吸引力も980が700シリーズの約10倍に対してe5は約5倍

マップ作成機能や、稼働時間の長さ、吸引力の強さなどを含め、もちろん最上位機種の980がベストオブベストルンバであることは間違いありません。一方で、プレス発表の内容や、オンライン系のニュース記事、そしてなによりもこれまでの3ヶ月に渡るルンバ・ラルとの日々を思い出しながら緊急家族会議を行った結果「これ買うしかないじゃない!!!」となりました。そう、我が家ではe5を購入することにしたのです。

ルンバe5を購入しました。早速開封します!

f:id:davetanaka:20181027093948j:plain

ということで、早速到着しました。左が、モニターでお借りしているルンバ980の箱で、右が今回購入したe5の箱になります。

f:id:davetanaka:20181028150553j:plain

f:id:davetanaka:20181028150643j:plain

箱の裏表です。見た目ではあんまり980と変わりませんね。

f:id:davetanaka:20181028150755j:plain

f:id:davetanaka:20181028150825j:plain

同梱物は、本体、ホームベース、バーチャルウォール1個(電池)、交換用フィルター1個とシンプルでした。

f:id:davetanaka:20181028151134j:plain

箱から出したe5です! なんかかっこいい。せっかくのモニター期間中なので、980と並べて比較してみます。

ルンバ980とe5を横に並べて比較してみます

f:id:davetanaka:20181028151701j:plain

f:id:davetanaka:20181028151639j:plain

 

本体を真上に近い視点と、ちょっと斜め手前の視点から撮影してみました。左がルンバ980、右がe5です。1回り、e5の方が小さいですね。そしてe5は、980と違って、本体上部にカメラが無いのでちょっとシンプルですね。本体周囲のバンパーもちょっとあっさりしたデザインになっています。

f:id:davetanaka:20181028152719j:plain

本体後部にあるダストボックスを取り外して比較してみました。あ、ちなみにルンバは、ホームベースの上の方が正面です。掃除を始める時、くるっと回転してから動き出すんですよね。

980のダストボックスは、本体後方のバンパー部分を押すと、本体後部がまっすぐ着脱し、大きなダストボックスが現れます。一方で、e5のダストボックスは980と比較して約70%くらいの大きさのダストボックスが、左にある爪を中心に手前に回転するように飛び出してきます。

f:id:davetanaka:20181028151100j:plain

こんな感じですね。本体の側に、押せるところがあるのが見えるでしょうか。

f:id:davetanaka:20181028152735j:plainダストボックスのエアフィルターはここです。これを外すと水洗いできます。

f:id:davetanaka:20181028152749j:plain

ここを外すとゴミが捨てられます。説明書を読まずに操作しちゃいましたが、絵も書かれていて、非常に簡単に構造を理解することができました。

f:id:davetanaka:20181028151158j:plain

e5の本体下部ですね。中央のデュアルアクションブラシ、左上の3本のひげみたいなエッジクリーニングブラシと、ほとんど980と同じです。

新しいルンバの名前は「ハモン」さん

あ、すいませんここは読み飛ばしていただいても(恥)…まぁ、ほら。そりゃそうなりますよね。早速、スマホのiRobotアプリで、早速ハモンさんにルンバ・ラルと同じ発進スケジュールをセットしておきました。iRobotアプリの接続方法は過去記事で詳しく解説しました。こちらをご参照ください。注意点は、2.4Ghz帯のWifiが必要、といったところでしょうか。前回予習済みだったので、さっくり接続・設定することができました。

f:id:davetanaka:20181029211833p:plain

早速e5 a.k.a ハモンさんの出撃です!

今日は月曜日、10時からe5の初出陣となりました。iAdapt搭載とはいえ2.0ではないので、ちょっと心配していましたが結果は初戦から大勝利!しっかり74分も掃除して、ちゃんとホームベースに自動帰還してくれました。

f:id:davetanaka:20181029200227p:plain

f:id:davetanaka:20181029184026j:plain

f:id:davetanaka:20181029184654j:plain

ゴミもしっかりキャッチ! 初日から完全勝利とは、さすがハモンさんですね。これで安心して、モニター期間を終えたルンバ・ラルを箱詰めして返却できます。

f:id:davetanaka:20181029215458j:plain

これまでありがとう、ルンバ980。そしてよろしくハモンさん!

これからルンバを導入しようかどうか考えている方へ

これまでも書いてきたように、ルンバを十分に活用しようとしたら、自分たちのライフスタイル、具体的には家具の配置やケーブル処理、朝の段取り(ウチではリビングのイスを重ねてルンバが出入りしやすくしたり、キッチンのゴミ箱を重ねたりしてます)が必要になります。

うちでも、ルンバ980を最大清掃範囲&自動帰還させるためにいろいろ工夫したあとだったから、初回からe5もしっかり掃除をして、自動帰還してくれる結果につながっているわけです。

まぁ、最適化の部分は購入してしまえば、自ずとやらざるを得なくなるとは思うのですが、できれば購入前に試して見ることをおすすめします。え、モニターなんか参加できなよって? そうですね。でも、有料ですが公式のレンタルサービスがあります。

f:id:davetanaka:20181024214406p:plain

前回の記事では、ルンバとよく比較されるブラーバ380jをレンタルして比較していますが、もちろんルンバ本体もレンタル対象です。今回我が家で購入したe5と同等でしたら、885をレンタルしてみてはいかがでしょうか。まずは、ロボット掃除機とお家のライフスタイルが合うかどうか、確認すれば安心してルンバを家に迎えられると思います。

エピローグ:3ヶ月のモニター期間を振り返って

すでに、上の方でも書いてしまっていますが、もちろん、違ったスタイルの方もいらっしゃるでしょうが、私達夫婦は生活を豊かにしてくれる家電、面倒を少なくしてくれる家電はどんどん活用していきたいと思っています。

そんな我が家には、ルンバはなくてはならない存在になりました。それを実感できたのは、3ヶ月間という長いモニター期間があってこそ。これを実現してくれたアイロボット・アンバサダープログラム事務局のみなさまに感謝です。 

3ヶ月、季節が夏から秋に変わる中で、ルンバに隅々まで掃除してもらうにはどういう家具の配置、どういう配線の工夫、どんな外出時の準備をしたらいいんだろうと、こちらのライフスタイルを積極的にルンバに合わせていく必要がありました。でも、その試行錯誤が実を結んで、ある時点からルンバ・ラルは当たり前のように掃除をこなし、当たり前のように充電ホームに戻って我々を出迎えてくれるようになりました。

f:id:davetanaka:20181029213112p:plain

それがとても嬉しかった。でもこれって、別にロボット掃除機だから、ルンバだからじゃないと思うんです。日常生活は、毎日の繰り返しだから不便さがあってもなんだか一日が終わればまた忘れて、見過ごしていってしまいがちです。

でも、そのちょっとした不便さや、面倒くささに目を向けて、改善することって、まさに日々の生活を大事にするということなんだと思うんです。

微力ながらこんなブログでも、率先していろいろ試させてもらって情報発進することで、誰かの背中をぽんっ!と押すことができたら。改めて、そんなことがしたくて、毎日ブログ書いてるんだなぁと実感しています。

f:id:davetanaka:20180805131221j:plainf:id:davetanaka:20180805131330j:plain

f:id:davetanaka:20180805132258j:plainf:id:davetanaka:20180805135324j:plain

ありがとう、ルンバ980。また、モニターとか、レンタルに貸し出されたりしてどこかの家をキレイにしてあげるのかな? 君のおかげで、うちはまたちょっと便利で楽しくなったよ。ありがとう。じゃね!

 

さて、今日もここまで読んでいただき、ありがとうございました。本日の内容はいかがだったでしょうか? よろしかったらコメントや、こちらから読者登録していただけると嬉しいです。それでは、また!