最新!買ってよかった家電&ガジェットベスト20!

belkin & Devialetコラボ「SOUNDFORM ELITE」は三位一体の高音質スマートスピーカー

ども、デイブでございます。今日は、アップル製品の周辺機器を開発・販売するbelkinベルキン社がフランスの高級オーディオメーカーDEVIALETデビアレ社と共同開発した、SOUNDFORMサウンドフォーム ELITEエリートというワイヤレス充電機能つきスマートスピーカーをお借りしてレビューします。

【レビュー】belkin(ベルキン)USB Type-Cマルチメディアハブ:60Wパススルー&4K対応の高性能ハブ

私が使用してるベルキン製品は、例えばこのUSB Type-Cマルチメディアハブがあります。高いデザイン性と高機能で、価格もちょっと高い、というのが特徴の信頼のメーカーさんですよね。

そんなベルキンが開発した「SOUNDFORM ELITE」は、高音質なスマートスピーカーを探している方、スマホ周りをシンプルに纏めたい人にピッタリのアイテムでした!

デイブ

てっぺんに、ぽん!っと置くだけで、良い音で音楽を楽しめるし、かつワイヤレス充電もできちゃう!

ぱんだ㊙

なんか、これに設置してあげると、スマホが喜んでいるような気がするんだよね~

※本レビューはメーカーから製品を貸与いただいて作成しています

Belkin SOUNDFORM ELITE ホワイト
Belkin
Belkin SOUNDFORM ELITE ブラック
Belkin

SOUNDFORM ELITEのスペック

まず、SOUNDFORM ELITEのスペックをチェックしてみます。

項目スペック
ワイヤレス充電性能最大10ワット
フルレンジ最大入力ピーク電力2 x 60ワット
ウーファーの最大入力ピーク電力1 x 30ワット
周波数帯域40 – 20,000Hz
フルレンジドライバーサイズ35mm
ウーファードライバーサイズ2 x 70mm 振動をキャンセルする
「Push-Push」構造採用
最大SPL (Sound
Pressure Level)
90 dB SPL +/- 3 dB
Bluetooth対応規格Bluetooth 5.0
Wi-Fi対応規格Wifi 802.11b/g/n/ac(2.4GHz/5Ghz)
音声アシスタントGoogleアシスタント
同梱物スピーカー本体、ACアダプター
クイックスタートガイド
サイズ直径 16.2cm x 高さ 16.9cm
重量1.25kg

これを見ると、①最大10Wワイヤレス充電器であり、②Bluetoothスピーカーであり、さらに③Googleアシスタント対応で音声コントロールが可能あることがわかりますね。

デイブ

これ1つにまとまると結構机の上が片付くよね

ぱんだ㊙

寝室に置いたら、リラックスしながら充電も忘れないし、「OK Google」できてとってもいいかも!

スポンサーリンク

SOUNDFORM ELITEのパッケージとハードウェア

ベルキン SOUNDFORM ELITE:外箱

SOUNDFORM ELITEのパッケージはこんな感じです。ベルキンのグリーンがアクセントになった素敵なパッケージですね。

ベルキン SOUNDFORM ELITE:外箱を空けたところ

パッケージを開けると、SOUNDFORM ELITEが中央にどん!と収納されています。不織布だけを掴んで持ち上げると危険なので、しっかり全体を抱えて取り出しましょう。

ベルキン SOUNDFORM ELITE:底面にACアダプタとクイックスタートガイドが

同梱物はかなりシンプルで、底面にACアダプターがちょこんと収納されています。そこに、クイックスタートガイドも入っています。

ベルキン SOUNDFORM ELITE:正面

本体はこんな感じです。結構コンパクトな印象ですね。

ベルキン SOUNDFORM ELITE:背面

背中はむっくりした感じでかわいいです。だるまさんっぽいかな。

ベルキン SOUNDFORM ELITE:Amazon Echo Studioと比較

今、うちでメインで使用しているEcho Studioと並べてみました。同機は直径17.5cm x 高さ20.6cmで、SOUNDFORM ELITEが直径 16.2cm x 高さ 16.9cmなので、ちょっと細くて約4cmほど背が低い感じです。

ベルキン SOUNDFORM ELITE:背面電源ポート

背面に電源ポートがあります。差込口が本体の角度にフィットするようにデザインされていて、こんなところにも高級感がありますね!

ベルキン SOUNDFORM ELITE:正面LED

電源を入れると、正面中央に内蔵されたLEDライトが光ります。このへんもおしゃれですね。



SOUNDFORM ELITEのセットアップ

Google Homeのセットアップ

まずはGoogle Homeのセットアップを進めましょう。

ベルキン SOUNDFORM ELITE:Google Homeセットアップ1

Google Homeアプリを起動し「デバイスを追加」をタップすると、「Belkin-」から始まるデバイスが見つかります。

ベルキン SOUNDFORM ELITE:Google Homeセットアップ2

設置場所を指定すると、例えば他のGoogle Home対応スマートスピーカーと一緒にコントロールできるようになります。

ベルキン SOUNDFORM ELITE:Google Homeセットアップ3

はい、これで「書斎」にSOUNDFORM ELITEが設置されました。メチャクチャ簡単です。

Bluetoothのセットアップ

Bluetooth接続はさらに簡単です。他のBluetoothデバイス同様、初回起動時はBluetooth接続モードになっていますので、スマホやタブレットのBluetooth設定を起動して、「Belkin Smart Speaker」を選択すればOKです。

こんなふうに。も、表示が現れなくても大丈夫です。本体上面のBluetoothボタンを見つけてください。

ベルキン SOUNDFORM ELITE:各ボタンの役割
クイックスタートガイドより

この、本体正面の左端にあるBluetoothボタンを3秒以上押し続けると、ペアリングモードに入りますので接続が可能になります。

ワイヤレス充電の方法

これも、解説するほどではなく、見ればすぐわかるのですが、本機の上面は写真のように斜めにカットされており、スマホを斜めに立てかける形で置くことができます。

ベルキン SOUNDFORM ELITE:スマホを設置したところ

こんな感じ。これだけで、Qi充電に対応したスマホであれば充電が開始されます。主な対応機種として、公式サイトには下記のスマホがリストアップされていますが、例えば今私が使用しているiPhone 12 Pro Maxなど最新の機種でも充電できました。

Galaxy S10+Galaxy S10Galaxy S10eGalaxy S9+
Galaxy S9Galaxy S8+Galaxy S8Galaxy Note8
LG V30LG G6iPhone 11 Pro MaxiPhone 11 Pro
iPhone 11iPhone XRiPhone XS MaxiPhone XS
iPhone XiPhone 8 PlusiPhone 8Sony Xperia XZ2
スポンサーリンク

SOUNDFORM ELITEの音質について

色々な曲を聞いてみた感想を箇条書きで書いてみたいと思います。特に、このサイズのスマートスピーカーとして、Echo Studioとの比較も書いてみますね。

  • SOUNDFORM ELITEの音質は低中高音ともにバランスが良く、伸びが良い。そしてスピード感がある
  • 特に気持ち良いのがタイトな低音。筐体がしっかりしているのと、独自の「Push-Push」テクノロジー(多分内蔵した2つのウーハーで不要な振動を打ち消す技術)のおかげで、キビキビとなって気持ち良い。安いBluetoothスピーカーで感じるようなビビリは全くない
  • 音量はかなり大きく鳴らせるので、これ1台で部屋全体をリスニング空間にするような聞き方が適している
  • ただし、Echo Studioと比較すると、あちらはサラウンド的な360度の広がりが特徴だが、SOUNDFORM ELITEはあくまで1台のスピーカーから発しられたクリアな音が空間を満たす感じ。良い意味では定位が明確でクリア。逆に言えばBGM的に小音量で鳴らすのは不向きな感じ

以上となります。設置後初めて聞いた時、360度スピーカーにありがちな、本体の存在がなくなるようなほわっとした音かと思ったら、きりっ!としたクリアな音が出てきたのでびっくりしました。

実際は270度の角度で音が出ているそうなのですが、やはりメインは本体前面に音がでてくる設計になっています。

ぱんだ㊙

音の味付けがEcho Studioとは全然違うね!

デイブ

うん、ロックとかEDMとか、パワフルさとかスピード、音のキレが重要な曲にぴったりでした!



SOUNDFORM ELITEちょっと残念なポイント

設置も簡単、音のクオリティも非常に高かったので、特に不満はないのですが、ちょっとだけ残念ポイントがありましたので記載しておこうと思います。

  • スマホが縦置きしか対応していない
  • ステレオ対応なし
  • (iPhoneユーザーとして)接続がBluetoothなのが残念
ベルキン SOUNDFORM ELITE:スマホは縦置き専用

それは、「スマホが縦置きしか対応していない」という点です。本体上部のスマホを置く部分の形状が、縦置き時にスマホを囲むように壁が立ち上がっており、横に置くことができません。

多分、ワイヤレス充電パッドを限られたスペースで搭載し、いろいろなサイズのスマホを確実に安定して充電できるようにするためだと思います。平置きだとずれて充電できなくなったりしますもんね。

本機は一発で充電を開始できており、ワイヤレス充電の信頼性が高いのはメリットなのですが、一方良い音で映画を鑑賞したりしたいのに、縦置きの画面で動画鑑賞をしなければならないのはちょっと残念でした。

同社の「BOOST↑CHARGE™ ワイヤレス充電スタンド付きBluetoothスピーカー」はスタンドの形状に工夫があり、スマホ縦置き・横置き両対応になっているので、本機もなにか工夫できるのではないかと感じました。

また、多くのスマートスピーカーが2台をペアとしてステレオ再生に対応していますが、本製品は対応していません。せっかくクリアできりっとした音声を実現しているので、ステレオにすることで良くなると思いました。

最後にiPhoneユーザーとしては、HomePodやHomePod miniなどのアップル製スマートスピーカーと比較するとBluetoothのみの対応でAirPlay非対応なのはアップル関連のアクセサリーなどを多数しているベルキンの製品としてはちょっと残念でした。



SOUNDFORM ELITEまとめ

以上、ベルキンの「SOUNDFORM ELITE」のレビューとなります。デザイン的にも、音質的にも機能的にも、必要としている人のお家にはびし!っとハマる唯一無二のスマートスピーカーだと思います。

iPhone用の充電アクセサリーやハブなどの印象の強いベルキンですが、オーディオ関連製品も登場してきており、今後も非常に楽しみです。それでは、また!

Belkin SOUNDFORM ELITE ホワイト
Belkin
Belkin SOUNDFORM ELITE ブラック
Belkin
Amazonでおトクにお買い物!
Amazonで買い物をするまえにやっておくとおトクになる3つの方法について解説しています。ちょっとの手間で、Amazonポイントをがっつりゲット! ≫ Amazonを見る ≫ 記事を見る
【まとめ】買って良かったおすすめのガジェット・家電【ベスト20】
本ブログでご紹介している中から、特に「ガジェット・家電」のカテゴリに含まれる製品のベスト20をピックアップしてみました。どれも、人生をわくわく・楽しく過ごさせてくれるような一品揃いです ≫ 記事を見る
【まとめ】作ってみて本当に美味しかったホットクックレシピ 【ベスト20】
これまでにホットクックで140を超えるレシピを試してみましたが、その中でも実際に作って・食べてみて美味しかったレシピ「ベスト20」をチョイスしてみました。どれも本当に美味しいですよ! ≫ 記事を見る
2021年最新!買ってよかった日用品・雑貨ベスト10
2021年最新!買ってよかった日用品・雑貨ベスト10をまとめました。クオリティ・オブ・ライフ瀑上がりの一品が揃ってます。プレゼントの参考にもぜひ! ≫ 記事を見る



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA