Amazon初のブラックフライデーセール開催! お得に買い物する方法はこちら

ホットクック レシピ#87:アドリブで大豆のトマト煮を作ります

ども、Daveでございます。今日は、またまた多量に蒸してしまった大豆と、冷蔵庫に残っている野菜を使った一品を作ろうと思います。

f:id:davetanaka:20190113210027j:plain

勝間さん流に、塩分0.6%を実現できればなんでも美味しく調理できてしまうので、とりあえずアドリブでいきます。冷蔵庫に、玉ねぎ、人参半分、トマト2個、しいたけ4個が残っていたので、すべてカットしておきます。

f:id:davetanaka:20190113211041j:plain

トマト以外の野菜を適当にカットして重量を計ります。

f:id:davetanaka:20190113211044j:plain

トマトも細かめにざくざくとカットして、こちらも計測します。

f:id:davetanaka:20190113212415j:plainf:id:davetanaka:20190113212429j:plainf:id:davetanaka:20190113212544j:plainf:id:davetanaka:20190113212751j:plain

ホットクックの内鍋に、トマト、そのほかの野菜、大豆、それらの材料全量の0.6%の塩を計測して投入します。今回は、

トマト 414g + そのほかの野菜 550g + 大豆300gだったので、材料の総量は1,264gあります。その0.6%なので、1264 * 0.006 = 約7.6gの塩を入れます。味付けはこれだけ!です。塩だけの味付けなので、できれば「わじまの海塩」のような良い塩を使いたいところです。

f:id:davetanaka:20190113215721j:plain

メニューNo.50の「チリコンカン」で作ります。約35分と調理時間も短いですね。

f:id:davetanaka:20190113215805j:plain

できました! ニンニクとトマトって相性抜群だと思います。 さらに大豆がたっぷり入ってますので、食べ応えもかなりありますね。

f:id:davetanaka:20190113221121j:plain

結構な量ができるので、耐熱ガラス容器に移して、また明日も食べたいと思います。「健康でおいしい食事」、なんか安心して食べれるのでとてもうれしいです。

さて、本日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。よろしかったらコメントや、こちらから読者登録していただけると嬉しいです。それでは、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA