Amazonでお得に買い物をするための3つの方法!

ホットクック レシピ#122:けんちん&豚フュージョン汁をホットクックでさらっと作る

ども、デイブでございます。今日は、なんか「けんちん汁」が食べたくなったのでホットクックで作ってみました。

ぱんだ㊙

あれ、けんちん汁って豚汁となにが違うんだっけ?

デイブ

けんちん汁は本来精進料例なのでお肉は入らないし、お汁も基本はだしで味噌は入らないんだよね

そうそう、鎌倉時代に建立された禅寺「建長寺」が発祥で、野菜くずを無駄なく使うために作る精進料理に由来しているので、基本お肉は入らないんですよね。

まぁ今は味噌けんちんみたいなものもありますし、お肉もあれば入れてしまうお家もあると思います。今回も、さといもは入れましたがごぼうは面倒なのでいれませんでした。

けんちん&豚フュージョン汁の食材を準備をします

今回のけんちん&豚フュージョン汁の材料は下記になります。だいたい4人前の分量です。

  • 長ネギ 1本
  • 木綿豆腐 1丁
  • にんじん 1本
  • 大根 1/4本
  • しいたけ 3個
  • こんにゃく 1パック
  • さといも 1パック(200g)
  • 豚肉 200g

こんにゃくは細かくカットして、沸騰したお湯で1分くらい煮て、湯通ししておきます。

後の食材も、小さめにカットしておきます。サイズは適当でいいと思います!

スポンサーリンク

調理開始! いつものようにぶっこむだけですけどね…

今回は無水調理ではないですし、かき混ぜもするメニューなので投入順序もあまり気にする必要はないのですが、一応大根→にんじん→しいたけ→豚肉→さといも→こんにゃく→豆腐→長ネギの順で投入します。最後に各種調味料ですね。

  • 水 1200ml
  • 醤油 大さじ2杯
  • 塩 大さじ1杯
  • ごま油 大さじ2杯
  • 顆粒だし 適量(1200mlの水に対して)

上記の分量で作ってみました。これもホットクックの内鍋にどんど入れておけばOKです。

今回のフュージョン汁の味付けは塩と醤油が重要なので、勝間和代さん推奨のシンプルで美味しい調味料を使います。ということでいつものわじまの海塩 500g井上古式じょうゆ 900mlを使いました。

「けんちん汁」はプリセットメニューありますので、おまかせで調理します。25分くらいで完成です。

完成! フュージョン汁美味しいです!

できました! ちょっと薄味だったので、塩を少々追加したら食材の旨味が引き立つようになり、美味しくいただけました。シンプルな味付けが良いですね! 寒いときにはとても良いメニューだと思います。それでは、また!

これを書いている時点でオススメなホットクックは、この記事内でも使用しているKN-HW24C-Rというモデルです。Amazonで2,000円引き+プライム会員5%引きになっており、42,122円になってました。最新モデルのKN-HW24E-Rが51,929円なので約1万円差です。フタを開けて加熱する「煮込み」機能が必要な方は最新機種を。

Amazonでおトクにお買い物!
Amazonで買い物をするまえにやっておくとおトクになる3つの方法について解説しています。ちょっとの手間で、Amazonポイントをがっつりゲット! ≫ Amazonを見る ≫ 記事を見る
2ヶ月間の無料体験でも十分楽しい!アマゾン オーディブル(Audible)を賢く使ってビジネス・エンタメ・語学学習も!
【耳で読む】アマゾン オーディブル(Audible)なら、ビジネス・エンタメ・語学学習もながらでできます! 今なら2ヶ月間の無料体験実施中! ≫ Audible無料体験 ≫ 記事を見る
【まとめ】買って良かったおすすめのガジェット・家電【ベスト20】
本ブログでご紹介している中から、特に「ガジェット・家電」のカテゴリに含まれる製品のベスト20をピックアップしてみました。どれも、人生をわくわく・楽しく過ごさせてくれるような一品揃いです ≫ 記事を見る
【まとめ】作ってみて本当に美味しかったホットクックレシピ 【ベスト20】
これまでにホットクックで110を超えるレシピを試してみましたが、その中でも実際に作って、食べてみて美味しかったレシピ「ベスト20」をチョイスしてみました。どれも本当に美味しいですよ! ≫ 記事を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA