キャンプ・デービッド

ホットクック レシピ#37:味噌・醤油でブレイズ(蒸し煮)を作る

ども、デイビッドのキャンプでございます。今日は久しぶりにブレイズ(蒸し煮)を作ります。決まった分量でレシピがあるわけではないので、材料の送料の0.6%の塩分を計算して投入します。

f:id:davetanaka:20180731195256j:plain

今日準備した材料はこんな感じです。キャベツ・れんこん(水煮)・エリンギ・ピーマン・豚こま切れですね!

材料 分量
キャベツ 498
れんこん 139
エリンギ 114
ピーマン 60
豚肉 332
総重量 1,143
0.6%塩分 6.86

豚肉とキャベツといえば、お味噌が合いそうなので今回は醤油に加えて味噌を合わせて6.86gの塩分を用意すればいいんですね。

f:id:davetanaka:20180731194651j:plain

今日も今日とて、勝間和代さんオススメの調味料を使います。

 

f:id:davetanaka:20180731200219j:plain

井上古式じょうゆの塩分含有率は16%ですね。

f:id:davetanaka:20180731195907j:plain

一方、百年蔵みその塩分含有率は12%になります。

こういうふうに、複数の調味料をミックスで使用するときもコツは、塩>醤油>味噌の順番に決めると良いと思います。今回は醤油ですね。

  • 醤油大さじ1杯=18g * 0.16 = 2.88gの塩分を含みます
  • 残り3.978gの塩分を味噌で取るとすると = 3.978 / 0.12 = 33.15gの味噌

となりますね。「大さじ1杯の醤油+33.15gの味噌」を投入すればよいわけです。この計算、ちょっと面倒かもしれませんが、慣れると結構簡単ですよ!

f:id:davetanaka:20180731205414g:plain

それでは、材料をどさどさいれて、醤油・味噌を最後に追加します。

f:id:davetanaka:20180731203356j:plain

ホットクックのメニューは「炒める(かきまぜる)」>「10分」でセットします。

f:id:davetanaka:20180731205851j:plain

完成です! 早速食べてみましたが、0.6%の塩分って本当にぴったりですね! 口に入れた瞬間は、ちょっと味が薄いかな?と思うのですが、この薄さだから、キャベツはキャベツ、豚肉は豚肉、エリンギはエリンギの素材の味をしっかり味わうことができて、総合的に美味しく仕上がります。

 

いやぁ、だしも化学調味料も砂糖も使っていないのに、しみじみ美味しいなぁと感じるんですよね。キャベツも芯の部分と葉の部分で味が変わりますし、ピーマンが入った場合と入らない場合でも全然違うんですよね。塩分控えめで健康と、美味しさが両方実現できるなら、こんな良いことはないですよね!

f:id:davetanaka:20180731223241p:plain

さて、今日もここまで読んでいただき、ありがとうございました。よろしかったら、こちらから読者登録していただけると嬉しいです。それでは、また!