キャンプ・デービッド

ホットクック レシピ#38:冷蔵庫一掃「野菜たっぷり味噌汁」の巻

ども、デイビッドのキャンプでございます。3日連続で、B2Bデジタルマーケティング関連のイベントメモをまとめたのですが、こうして自分なりにメモを作るのは非常に良いですね。

メモとは言え、人に見せる目的で作成するので、強弱・見せ方・共感ポイントなどを整理してみました。ただ「勉強になった」だけではなく、アウトプット・ファーストを実行できたと思います。

 

さて、今日はいつもの通り、ホットクックで料理したいと思ったのですが、冷蔵庫を開けると結構消費期限がヤバめなお野菜が…せっかくの週末なので、それらのお野菜を冷蔵庫から一掃するために、今回は「具だくさんのお味噌汁」を作ってみたいと思います。ホットクックが得意とする種類のメニューなので、出来上がりが楽しみです!

f:id:davetanaka:20180805175410j:plain

今回調理するお野菜は、左上から時計回りに、ごぼう、大根、ネギ、ピーマン、パプリカ、ナス、玉ねぎとなります。ちょっとしなびかけのものもあってアレなので、カットした後の写真のみ、ご紹介しました。

f:id:davetanaka:20180731194652j:plain

今日も勝間和代さんオススメの調味料を使います。今回は、だしなどは使用せず、浅利佐助商店 百年蔵みそ 500gだけで作ります。

f:id:davetanaka:20180731195907j:plain

こちらのお味噌の塩分含有率は12%(100gで12gの塩分を含む)なので、投入したい塩分を0.12で割ると、味噌の量が計算できますね。

材料 重量 (g) 材料 重量 (g)
ネギ 68 ごぼう 188
ナス 147 野菜の重量 743
ピーマン 51 同量の水 931
パプリカ 80 総重量 1,674
玉ねぎ 98 塩分0.6% 11.17
大根 299 味噌(12%塩分) 93.1

 

  • 野菜の重量(931g)と同量の水(931g)の合計=1,674g
  • その0.6%の塩分 = 11.17gの塩分を味噌から摂取
  • 11.17 / 0.12 = 93.1g

このように計算することで、93.1gの味噌を入れればいいことがわかります

f:id:davetanaka:20180805200309g:plain

それでは、いつもの通りどさどさいれちゃいます!味噌汁だと、投入順番も気にする必要はありませんね!

f:id:davetanaka:20180805182645j:plain

「具だくさんみそ汁」ももちろんメニューに掲載されてます! No.0032ですね。

f:id:davetanaka:20180805190701j:plain

完成しました…けど、ちょっと大根の火の通りが弱かったので、再加熱+5分して完成です。

 

あぁ、味噌の国に生まれて良かったなぁ…一口味噌汁をすするだけで、混じりっ気のない味噌の、絶妙な塩分。これ以上薄いと物足りないし、これ以上濃いと塩分が心配になってしまいます。お野菜の甘みも風味もしっかり味噌汁に溶け出しているので、これだけでなにか上等な和食のスープをいただいているような気になります(残り物一掃レシピなのに!)。

 

お野菜も、歯ごたえを楽しめるもの、とろっとした舌触りを楽しめるものといろいろあって、食べていて飽きません。お味噌汁なんですけど、主役級にゆっくり食べて、ゆっくり味わって食べられます。ホントは、これとご飯だけで十分お腹いっぱいたべられるんですよね。相変わらず、失敗しないホットクック先生に感謝しつつ、週末の夜をゆっくり楽しむことにします。

 

さて、今日もここまで読んでいただき、ありがとうございました。よろしかったら、こちらから読者登録していただけると嬉しいです。それでは、また!