キャンプ・デービッド

Oculus Goのストレスが激減:マグネット式充電ケーブルを買いました

Oculus Goすごい勢いで売れてますね!

ども、デイビッドのキャンプでございます。いきなりですけど、Oculus Goの周囲の導入率が以上に高いです。私、会社で1人、友人で2人の計4名にすでにOculus Goを買わせてます。友人の1人は女性ですよ。もうまさに「百聞は一見に如かず」で、一度かぶってしまえば、その凄さとか、違いを頭というより感覚で理解してしまうって感じですね。

f:id:davetanaka:20180612204645g:plain

前回の記事でご紹介したとおり、この状態でかわるPCリュックのメインコンパートメント部分にぴったり収まるので、特に重さやサイズを気にすることなく、持ち歩いてデモして普及に努めております。

f:id:davetanaka:20180529204610j:plain

無敵…いや、1つ改善してほしいポイントがありました

そんなグレートなOculus Goですが、1点ちょっと不満点がありました。それが、充電ケーブルの取り回しです

 

充電やデータ転送には、本体横のMicroUSB端子を使うんですが、Oculus Goの横はメガの形に丸くなっており、また端子自体もタイトにできているので、ケーブルを指すのが毎回面倒でした。

 

また、本体内蔵バッテリーはだいたい2時間くらいで切れてしまうので、時々USBケーブルを指したままでプレイしたりするのですが、3Dゲームなどをしていると、思わずケーブルを限界まで引っ張ってしまい、「ぶちっ!」と抜けてしまうこともありました

f:id:davetanaka:20180612200655j:plain

そこでマグネット式の充電ケーブルですよ、奥さん

ノートパソコンなど、持ち歩きや使用場所が固定されていないような製品では、やはりケーブルを引っ掛けて本体に深刻なダメージが行かないようにマグネット式でくっつく充電端子を備えているものがありますね。Mac Bookで2016年まで採用されていた、「MagSafe」という電源がそうでした。

 

MagSaheは、本体がはじめからそういう仕様になっていないと対応デキなかったのですが、今は便利な製品が売っているんですよね。接続先の端子もいろいろ交換できる、マグネット式の充電ケーブルが比較的安価に販売されいます。私が今回購入したのはこちらです。

ZRSE(ザスイ)【3in1ケーブル】充電ケーブル マグネット式

f:id:davetanaka:20180612200730j:plain

パッケージの中身は、

  1. USBケーブル2本
  2. USB Type-C用マグネット端子 x2個(装着済み)
  3. MicroUSB用マグネット端子 x2個
  4. Lightning用マグネット端子 x2個

となります。こちらのセットで、購入時は2,699円(税込)でした。

f:id:davetanaka:20180612201054j:plain

早速、Oculus Goの方にMicroUSB用の端子を装着し、USBケーブルの先を近づけていくと…

f:id:davetanaka:20180612204649g:plain

「ぱちっ!」という気持ち良い音と感触とともに合体しました。実際に充電も開始されているようです。いままでのように、しっかり差し込まなくてもUSBケーブル側をある程度適当にもっていっても吸い付くように正しく装着されますし、本体を持ち上がるときにもケーブルに気を使わず、ぱっと手に取れます。これ、本当に便利ですね。iPhone 8 Plusで非接触式のQi規格の充電スタンドを使っていますが、それくらいの手軽さ・気軽さ・スピードがあります。

f:id:davetanaka:20180612201814j:plain

端子も十分揃ってるけど、使用場所には注意が必要

ケーブルは2本あり、端子も他にまだ5個も余っているので、日頃抜き差しに面倒を感じているものに端子を装着してみました。Oculus Goの次に面倒なのはZOLO Liberty+という、左右完全分離型のBluetoothワイヤレスイヤホン用の充電ケースでして、これもMicroUSBを指す必要があり、いつも表裏や、垂直にしっかり指すようにしなきといけないので、こんなに簡単になったのは嬉しいです。モバイルWIFIルーターや、SONY α7IIIはUSB Type-Cにも端末を付けてみましたが、多分この3種類の端子の中で、唯一表裏というか、差し込む向きがあるMicroUSBはこのまま使用すると思います。

 

そうすると、今回購入したバージョンよりも、ちょっと安いケーブル1本のやつや、USB Type-C端子が付属しないバージョンなどでも良かったかも知れません。

 

また、各種の機器に挿しっぱなしになる小さい端子の方も磁気を帯びているので、磁気を避けたほうが良いようなデバイスとか、そういったものと接触する可能性がある場合は使用しないほうが良いと思います。私も、Oculus Goをケースにしまって、かわりゅに入れる際は、端子の付いている方を下にして収納しています。

 

もう1つ、意外なメリットとしては、反対側の凹んでいる端子部分を今回のマグネット式の端子で埋めることができ、ホコリの心配が不要になりました。当たり前ですがいい感じです。

 

ともかく、Oculus Goの充電ストレス問題を簡単に解消してくれたので、おすすめです!それでは、また!

 

※他にもいろいろOculus Go関連の記事を書いてます。もしよろしかったらどうぞ!