Amazonでお得にお買い物をする方法!

【RAVPower RP-PB187レビュー】非常時に小型家電を動かせる! 最大300W出力でコンパクトなポータブル電源

ども、デイブでございます。今回はモバイルバッテリーやUSB電源アダプタなどで有名なRAVPowerラブパワーのポータブル電源RB-187をご紹介します。

【ポータブル電源】とは、いわばモバイルバッテリーが多様な機器に電力を供給でき、容量も巨大になったヤツですね。

種類コネクタバッテリー容量最大出力
モバイルバッテリーUSB Type-A
USB Type-C
5,000~
10,000mAhくらい
100W
ポータブル電源USB Type-A
USB Type-C
AC電源(交流)
DC電源(直流)
50,000mAh以上100W以上
(300Wなど)

ご覧のように、いわゆるコネクタも小型家電と呼ばれる製品に対応するのが大きいです。バッテリー容量と最大出力が大きいためそれが可能になっており、最大でも100Wのモバイルバッテリーとは大きく利便性が異なります。

デイブ

いざと言うときの備えと言う意味でも頼もしいんだけど、ソレだけじゃないんだよね!

ぱんだ㊙

そう、アウトドアでも活躍してくれること間違いなし! だって小型の家電だったら動かせちゃうしね!

本レビューはメーカーに製品をご提供いただいて作成しています

ポータブル電源 RP-PB187とは

RP-PB187本体

RAVPower RB187は、そんなポータブル電源の中では容量は少なめの70,200mAですが、同時にサイズ・重さともにコンパクトで、使い勝手を最大に高めたという製品になっています。スペック表を見てみましょう。

RP-PB187のスペック

項目数値
バッテリー容量70200mAh/252.7Wh
PD 入力(1ポート)5V/3A, 9V/3A, 12V/3A, 15V/3A, 20V/3A
最大60W
DC 入力(1ポート)12-24V/3.3-4A
最大60W
AC 出力(2ポート)110V 60HZ 250W出力
(2ポート使用時最大300W)
本体充電時間約4.5時間(60W入力の場合)
DC出力(1ポート)12-24V/3.3-4A:最大60W
USB Type-A(iSmart 1)5V/3A, 9V/2A, 12V/1.5A:最大18W
USB Type-A(iSmart 2)5V/2.4A:最大12W
USB Type-A(iSmart 3)5V/2.4A:最大12W
USB Type-C PD3.05V/3A, 9V/3A, 12V/3A, 15V/3A, 20V/3A
最大60W
その他LEDライト付き(点灯・点滅対応)
ベルト付きキャリングバッグ付属
本体サイズ幅 13cm x 奥行き 13cm x 高さ18.9cm
重さ2.5kg
価格29,999円

RP-PB187はAC 2ポート/DC入出力 2ポート/USB入出力 4ポートなど、多彩な出力ポートを備えています。それでいて、他社製品と比較してもコンパクトで軽量なのが特徴ですね。

デイブ

今使ってるメインスマホばiPhone 11 Pro Max(3,969mAh)だから…

ぱんだ㊙

約17.7回充電できちゃう! 11インチiPad Pro 11(7,940mAh)なら約8.8回だね!

スポンサーリンク

RP-PB187の外観とデザイン

RP-PB187パッケージ
RP-PB187のキャリングケース

RP-PB187はベルト付きのキャリングケースに収納されています。これ、アウトドアなどの用途で持ち運ぶのにも便利です。

RP-PB187キャリングケースを開けたところ

完全防水ではないと思いますが、厚手のクッションの入った布製のケースで、非常に安心感があります。

RP-PB187付属品:ユーザーガイド、キャリングケースベルト、USB Type-C to Cケーブル

キャリングケースの中に、キャリングケース用のベルト(左)、ACアダプタと1本USB Type C to Cケーブルが同梱されています。

RP-PB187付属の電源アダプター

ACアダプタは、海外でも使用できる100V~240Vにも対応したモデルで、出力はRP-PB187の最大である60W(15V x 4A)に対応したものです

① ACコンセント(2口)

RP-PB187:ACコンセント

いわゆるACコンセント、ですね。RP-PB187本体上部に、ゴムの端子カバーがあり、その下にACコンセントが2ポートあります。ACコンセントは他のポートと異なり、真ん中にあるボタンを長押ししないと電源が供給されなくなっています。

RP-PB187説明画像
画像引用元:RAVPower公式製品ページ

長押ししているとLEDライトが点灯するのですぐわかります。また、長押しして電源供給状態になっても、何も接続しないと1分間で電源供給がストップします。安全のための設計ですが、よくデキてますね。

デイブ

家電といっても、最大300W・定格250Wだからドライヤーや電子レンジとかは出力が足りないから使用できないね。

ぱんだ㊙

でも小型のテレビや扇風機、冷蔵庫だったら使えるんだね。これは便利!

② DC入出力ポート(2ポート)

RP-PB187:DC入出力ポート

本体背面に、DCの入力と出力ポートを備えています。付属の電源アダプタの接続先もこちらですね。ちなみに、本製品はソーラーパネルでの充電にも対応しています(80W以上の能力を持つ製品推奨)。

③ USB入出力ポート(4ポート)

RP-PB187:USBポート(Type-AおよびC)

本体向かって右にUSBポートが集中しています。USB Type-Aが3ポート、USB Type-Cが1ポートあります。

USB Type-A 3ポートのうち、1つは最大18W、残り2つは最大12Wで出力可能です。iSmartというRAVPOWER独自の充電規格に対応しており、接続先の機器に応じて最適な出力になるようコントロールしてくれます。

USB Type-C 1ポートは、PDに対応しており入出力が60Wとなります。これなら、MacBookやMacBook Pro 13インチ、あるいはWindowsノートPCでもかなりのモデルがRP-PB187だけでフル充電できますね。

④ 電源ボタンとLEDライト

RP-PB187:電源ボタンとLEDライト

本体左には、電源ボタンとLEDライトがあります。

まず、電源ボタンを1回押すとRP-PB187の電源が入ります。これで、ACポート以外のポートはすべて使用可能になります。同時に、本体正面の5つの青いLEDが点灯し、充電残量を確認できます。

RP-PB187:バッテリーインジケーター
点灯するLEDの数バッテリー残量
5つ100% ~ 81%
4つ80% ~ 61%
3つ60% ~ 41%
2つ40% ~ 21%
1つ20% ~ 0%
RP-PB187:LEDが点灯している模様

また、電源ボタンを連続して2回押すと、LEDライトが点灯します。2回押すごとにモードが【点灯→ゆっくり点滅→SOS点滅→消灯→】と変化します。

ぱんだ㊙

これも、大事な機能だよね

デイブ

SOSは使わないに越したことはないけど、いざというときには安心

本体内蔵ファンについて

RP-PB187:DC入出力ポート

RP-PB187は、本体充電時や出力時に内部温度が50℃を超えると本体裏面のDC入出力ポートの上にあるファンが回ります。機種によってはこのファンの音が非常にうるさいのですが、本機のファンは50dB未満以下と静音を謳っているので、実際に計測してみました。

RP-PB187:ファンの騒音レベルを測定

本体正面左斜から計測していますが、たしかに50dB未満ギリギリの数字になりました。50dBは「静かな事務所」や「換気扇(1m)」などの騒音レベルです。実際、静かだなと感じました。



RP-PB187まとめ

RP-PB187は、本格的なポータブル電源(20万mAhや1,000W、500W出力対応など)とは異なるいわばエントリーモデルのポータブル電源ですが、その分サイズがコンパクトで軽量、そしてなにより価格も手頃な点がおすすめです。

キャリングケースも付属しており、通常は自宅での非常用電源として、また車やアウトドアに持ち出して使用するなど、マルチに活躍してくれる良いポータブル電源です!

Amazonでおトクにお買い物!
Amazonで買い物をするまえにやっておくとおトクになる3つの方法について解説しています。ちょっとの手間で、Amazonポイントをがっつりゲット! ≫ Amazonを見る ≫ 記事を見る
2ヶ月間の無料体験でも十分楽しい!アマゾン オーディブル(Audible)を賢く使ってビジネス・エンタメ・語学学習も!
【耳で読む】アマゾン オーディブル(Audible)なら、ビジネス・エンタメ・語学学習もながらでできます! 今なら2ヶ月間の無料体験実施中! ≫ Audible無料体験 ≫ 記事を見る
【まとめ】買って良かったおすすめのガジェット・家電【ベスト20】
本ブログでご紹介している中から、特に「ガジェット・家電」のカテゴリに含まれる製品のベスト20をピックアップしてみました。どれも、人生をわくわく・楽しく過ごさせてくれるような一品揃いです ≫ 記事を見る
【まとめ】作ってみて本当に美味しかったホットクックレシピ 【ベスト20】
これまでにホットクックで130を超えるレシピを試してみましたが、その中でも実際に作って、食べてみて美味しかったレシピ「ベスト20」をチョイスしてみました。どれも本当に美味しいですよ! ≫ 記事を見る


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA