Amazonの買い物で損をしない方法!

【レビュー】eMeet Luna:eMeetのテレカン用スピーカー最新作はVoiceIA搭載でキーボードやエアコンの音が消える!【Amazonクーポンあり】

ども、デイブでございます。今日は、eMeetイーミート Lunaルナという会議用のスピーカーホンをレビューしたいと思います。eMeet社は中国深センに本社がある、スピーカーホンやWebカメラを開発・販売している会社です。

このご時世、どちらも非常に需要が高く、日本でもAmazonで購入できるので、結構注目が集まっている会社です。

【レビュー】eMeet M2:テレカン用のスピーカーホンに音質を求めるならベストなやつを見つけちゃいました!

以前、同じeMeet社のM2というスピーカーホンをレビューしたのですが、担当の方から「自信作ができたから、ぜひレビューして欲しい!」と1台送っていただきました。

【レビュー】Anker PowerConf:リモートワークでのテレカンやネット会議を救ってくれる、Ankerの技術の集大成!

直前にAnker PowerConfのレビューも行っていて、「コスパはAnker」「マイク・スピーカー音声はeMeet」という評価でした。まぁM2の実勢価格が2,1500円なので、約11,682円のPowerConfと比較するは厳しいのですが…

で、eMeetの最新作eMeet Lunaはというとなんとクーポン分を差し引くと8,799円!まじか。それでいて、M2でも評価の高かった「VoiceIA」(そう、AIじゃなくてIAです)というノイズリダクション機能も引き続き搭載していると言うことで、またガッツリレビューさせてもらいました。

デイブ

ガチンコ対決だね。実はこれを書いている時点でもう圧倒的勝者が決まっちゃってるんだけどね。

ぱんだ㊙

対決の結果をすぐにチェックしたい場合は一番下まで目次からジャンプしちゃってくださいね!

本レビューは、メーカー(eMeet)に商品の提供を受けて制作しています

eMeet Lunaの主な機能

まずは、eMeet Lunaの主な特徴をまとめてご紹介したいと思います。

eMeet Lunaのおもな特徴
  1. 豊富な接続方法: USB・Bluetooth・音声入出力端子に対応(Bluetooth用USBコネクタ付属・本体下部に内蔵可能)。
  2. クリアなマイク音声: 3つの高性能マイクで360°をカバーし、半径約8~10mの範囲で収音。eMeet独自の音声信号処理技術VoiceIAでコピー機やエアコンのノイズ、キーボード音など、会議を妨げるエコーやノイズをキャンセル
  3. 複数人でも使用可能なスピーカー性能:本体上部に埋め込まれた360°スピーカーでどこにいても聞こえます。1台で5~8名が参加する会議で使用可能
  4. 連結機能:2台を連結することで、8~12名の参加する中程度の会議にも対応可能
  5. バッテリー搭載による長時間動作:2600mAhのバッテリーを搭載し、一度の満充電で最大15時間の連続使用が可能
  6. 軽量・コンパクト:直径12cm x 厚さ 3.65cm、重さ 300g

USBケーブルでPCと接続するだけで、ドライバのインストールなどは不要ですぐ使えます。Bluetoothで接続する場合、PCにBluetooth機能を備えていなくても、付属のUSBドングルでBluetooth機能を追加可能です。さらには音声入出力もあるので、

スポンサーリンク

eMeet Luna vs M2 vs Anker PowerConf

これまで登場た、「eMeet Luna」および「eMeet M2」、「Anker PowerConf」の3機種のスペックを比較してみたいと思います。

スペックeMeet LunaeMeet M2Anker PowerConf
充電入力5V/1A5V/1A5V/2A
充電出力N/AN/A5V/2.1A
オーディオ出力3W3W3W
マイク個数344
バッテリー容量2600mAh2600mAh6700mAh
充電時間3~4時間3~4時間4時間
連続通話15時間12時間24時間
Bluetooth4.24.25.0
音声入力範囲10m10m10m
本体サイズ直径12cm x 厚さ3.65cm直径12.5cm x 厚さ3.5cm直径12.4cm × 厚さ2.8cm
重さ約300g約282g約340g
実勢価格8,799円21,500円11,682円

Anker PowerConfの最大の特徴は、価格のやすさと、モバイルバッテリーでも超有名なAnkerららでは、大容量バッテリー搭載による「24時間連続稼働」と「他のデバイスへのチャージが可能」ですね。

一方で、eMeet M2は価格は高いのですが、VoiceIAによるエコー・ノイズキャンセリングが秀逸でマイク&スピーカーの音質が良かったです。相手にも聞きやすく、かつこちらも相手の声がよく聞こえる、特に人の声を人の声としてクリアに表現していたのはAnker PowerConfより確実に1枚か2枚上手でした。

eMeet Lunaのマイク&スピーカー性能をチェック(動画)

じゃ、eMeet Lunaは、eMeet M2の欠点だった価格を大胆にカットしたモデルですが、じゃマイク・スピーカー性能が良ければ優勝じゃね?ということで、実際に使用しているシーンを動画にしてみました。

Voice IAの圧倒的な性能! キーボードタイプ音が消える…

まず、eMeet Lunaの内蔵マイク性能と、Voice IAの性能とやらを確認してみました。確認方法は下記のとおりです。

  • eMeet LunaをPCにUSB接続(前半)およびBluetooth接続(後半)
  • Adobe Audition CCの音声入力でeMeet Lunaを指定
  • Voice IAをオンオフしながら、10cm横のキーボード(Cherry MX 赤軸)をタイピングしたりしなかったりしてそれぞれの状態の音声をチェック

Adobe Auditionで録音した音声をビデオ編集ソフトで並べて動画を作成しました。音量以外のエフェクトは一切かけていません。

ぜひ聞いていただきたいのはVoice IAをONしたときの効果ですね。喋っていないときはほとんど無音レベルノイズもキーボードのタッチ音も消去されてます!

喋り始めると、キーボードの音も復活しますが、Voice IA OFFの状態よりは確実に抑制されていますね。多分、もっとガッツリノイズをカットすることもできると思うのですが、そうしてしまうと音声も大きく影響されてしまうので、このバランスになっているのだと思います。

スピーカーの音も十分きれいに聞こえてますよ

  • (前半)声のチェック:eMeet LunaをUSB接続したPCでZoom会議室に参加同会議室にiPhone 11 Pro Maxで接続してiPhoneからしゃべる
  • (後半)音楽のチェック:eMeet LunaをUSB接続したPCで音楽を再生する
  • eMeet Lunaのスピーカーからの音声を、SONY α7IIIに接続したショットガンマイク(ECM-B1M)で録音

こちらも、動画編集ソフトでタイトルなどをつけましたが、音量以外は一切加工していませせん。

前半の喋りのシーンですが、自宅の寝室から普通に喋っています。多少声の音域以外をカットしているため、固めで、若干「けろっ」ぽい響きが聞こえるシーンもありますが、エコーもノイズも十分カットされていると思います。

後半の音楽のシーンは、ボリューム最小→最大→最小→最大→最小と変化させてみました。音が小さいときのホワイトノイズの確認のために、編集ソフトではなく実際にeMeet Lunaの音量ボタンで上げ下げしているため、背景に「ぽぽぽぽ」とか「こくこくこく」という操作音が入っていると思います。

こちらも優秀じゃないでしょうか。中音重視なのは声のシーンと同じ傾向ですが、かなり音量を上げてもビビってませんし、十分きれいに聞こえていると思います。

デイブ

Voice IAの威力を見せつけるために、テレカンで「キーボードの音がうるさいと行けないので、AIを音にしますね」とい言っちゃったぜ

ぱんだ㊙

うざっ! 相手はそのウザさもキャンセリングしてほしかっただろうね…

スポンサーリンク

eMeet Lunaのパッケージとデザイン

ここからは、eMeet Lunaのパッケージとデザインをチェックしてみたいと思います。

eMeet Luna:パッケージ
eMeet Luna:同梱物

eMeet Lunaの同梱物はこんな感じです。左から、eMeet Luna本体、中央上がUSB Bluetoothドングル、下の左が3.5mmオーディオケーブル、右はUSB Type A to Cケーブル、そして右がUser Manualと説明書です。

eMeet Luna:裏面にUSB Bluetoothドングルを収納可能

USB Bluetoothドングルは、本体底面に収納できるスペースがありますので、置き忘れがありません。ただ、eMeet M2ではキャリングケースが付属したのですが、eMeet Lunaには付属していませんでした。

eMeet Luna:本体底面にマイクが3個

このように、底面側に120°間隔で3つのマイクがあります。

eMeet Luna:Lunaの理由

eMeet Lunaの名称は、このような角度だとわかりやすいですね。まさに月(Luna)のようなデザインになっています。

eMeet Lunaの各種操作方法

eMeet Luna:操作ボタン説明

操作系は、eMeet Lunaの正面手前に並んだ7つのボタンで行います。各ボタンと、それぞれの動作は下記のとおりです。

#ボタン動作
1Voice IAVoice IAのオン/オフ
2通話ボタン着信時に押す:通話開始
着信時2秒長押し:通話拒否
通話中に押す:通話終了
3ボリュームダウン押す:ボリュームダウン
4ミュートボタン通話中に押す:音声ミュート
5ボリュームアップ押す:ボリュームアップ
6Bluetoothボタン押す:Bluetooth接続オン/オフ
2秒以上長押し:Bluetoothペアリング開始
7電源ボタン電源オン/オフ

一方、接続ポート類はすべて本体背面に並んでいます。こちらも、それぞれ番号を振ってみましたので、下記表と対応させてチェックしてみてください。

eMeet Luna:背面ポート説明
#ポート名ボタンと動作
8USBUSB Type-Cポート。充電およびPC等との接続
9AUX OUT/LINK3.5mmオーディオジャックによる音声出力
連結モードの際に使用(別売の専用ケーブルが必要)
10AUX IN3.5mmオーディオジャックによる音声入力
11LOCK盗難防止用コネクタ

eMeet Lunaを2台接続することで、1台の場合5~8人だった推奨使用人数を、8~12人まで拡張することが可能です(残念ながら、現在Amazonでは販売を確認できませんでした)。

eMeet LuneのBluetoothでの接続方法

USB接続や、3.5mmのオーディオジャックを使った接続は特に難しくないので、Bluetooth接続の方法をご説明しておきます。下記の4ステップ(3ステップ)で簡単に繋がります。

付属のUSB BluetoothドングルをPCに装着する

(もしデスクトップPCやノートPCにBluetooth機能が備わっていれば、ドングルを使用する必要はありません。STEP.2から開始してください)

本体底面に収納できるUSB BluetoothドングルをPCのUSBポートに装着してください。初めは時間がかかりますが、ドライバーのインストールは自動で行われますので何もしなくて大丈夫です。

Mac/WindowsそれぞれのOSの「Bluetooth設定を起動する
  • Mac OS:「アップルメニュー」→「システム環境設定」を選択、「Bluetooth」をクリック
  • Windows:「スタート」 →「設定」→「デバイス」→「Bluetooth とその他のデバイス」をクリック
eMeet LunaをBlutoothペアリングモードにする

電源オンの状態で、Bluetoothボタン(電源ボタンの左)を2秒以上長押しします。すると、「ポン(エコー)…」という音がなって、LEDインジケーターが青く点滅します

PC側で「Bluetoothデバイスの追加」を行い「eMeeet Lunaを接続

先程起動しておいたBluetooth設定画面で、Bluetoothデバイスの追加を選択すると、周囲にあるデバイスの中でBluetooth接続できるデバイスの名前が現れます。「eMeet Luna」があるはずなので、それを選択して「接続」してください

eMeet LuneをZoomやMicrosoft Teamsで利用する方法

eMeet Lunaは、デスクトップPCやノートPCに接続するだけでドライバーなしでスピーカーやマイクとして認識されます。

ZoomやMicrosoft Teamsを起動した後でも、オーディオ設定の画面でeMeet Lunaを選択すればそのまま使用できます。

ZoomでeMeet Lunaを使用する設定

Zoomのオーディオ設定画面。プルダウンメニューの左に、それぞれスピーカーとマイクのテストができるボタンがありますので、これも活用してみてください。

TeamsでeMeet Lunaを使用する設定

Microsoft Teamsも同様です。画面中央、顔のアイコンのしたに歯車アイコンがありますので、それをクリックすると左にデバイスセッティング(Device Settings)のメニューが合わられます。一番上のオーディオデバイスでeMeet Lunaを選択すればスピーカーもマイクもeMeet Lunaが選択されます。

以上で完了です。これで、相手の声はeMeet Lunaから聞こえ、こちらの声はeMeet Lunaのマイクが伝えてくれます。

結論:今買うならeMeet Lunaで決まり!

色々テストしてみましたが、在宅で使用することを考えると、音質と価格のバランスが重要だと思います。、Anker PowerConfのモバイルバッテリー機能は面白いですが使用シーンが思い浮かびませんし、音質はちょっと残念でした。

eMeet M2は音質は問題ないのですが、価格が高いですね。そうなると、マイクもスピーカーも上出来で、値段が一番安いeMeet Luna以外の選択肢は無いと思います。Voice IAが音だと、ネットワークの状況によってはかすれてしまうシーンもあるみたいですが、ほとんどの場合テレカン相手から高評価をいただいています! おすすめです!

今ならお得なクーポンコードあります!(8月8日土曜日23:59まで)

そんなおすすめのeMeet Lunaが今週更にお安くなってます。Amazonで【D3U8TKHY】を入力すると、通常セール価格8,429円のところ、なんと7,568円になります!

Amazonのショッピングカートのプロモーションコード画面に【D3U8TKHY】を入力し、適用すると割引されます。かなりお得な価格になってますので、ぜひこの機会にゲットしちゃってください!

Amazonでおトクにお買い物!
Amazonで買い物をするまえにやっておくとおトクになる3つの方法について解説しています。ちょっとの手間で、Amazonポイントをがっつりゲット! ≫ Amazonを見る ≫ 記事を見る
2ヶ月間の無料体験でも十分楽しい!アマゾン オーディブル(Audible)を賢く使ってビジネス・エンタメ・語学学習も!
【耳で読む】アマゾン オーディブル(Audible)なら、ビジネス・エンタメ・語学学習もながらでできます! 今なら2ヶ月間の無料体験実施中! ≫ Audible無料体験 ≫ 記事を見る
【まとめ】買って良かったおすすめのガジェット・家電【ベスト20】
本ブログでご紹介している中から、特に「ガジェット・家電」のカテゴリに含まれる製品のベスト20をピックアップしてみました。どれも、人生をわくわく・楽しく過ごさせてくれるような一品揃いです ≫ 記事を見る
【まとめ】作ってみて本当に美味しかったホットクックレシピ 【ベスト20】
これまでにホットクックで110を超えるレシピを試してみましたが、その中でも実際に作って、食べてみて美味しかったレシピ「ベスト20」をチョイスしてみました。どれも本当に美味しいですよ! ≫ 記事を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA