Amazonでお得にお買い物をする方法

【レビュー】TaoTronicsの新ミニサウンドバーTT-SK028は6ユニット搭載&Bluetooth対応で活用シーンが格段に向上!

ども、デイブでございます。今回はメーカーのTaoTronics様から製品をご提供いただき、同社のヒット作であるサウンドバーの最新作【TT-SK028】をレビューさせていただきます。

PCやTVの音声をグレードアップしたいと思っている方には、設置も簡単で使い勝手も音質もパワーアップした本製品、ぜひチェックしていただきたいと思います!

ぱんだ㊙

これ、見た目以上にいい音でなるんだよね!

デイブ

そう、そしてBluetoothを搭載してぐっと使い勝手がアップしたのさ!

TT-SK028は大ヒットしたサウンドバーのパワーアップ版です

TT-SK028はいわゆる「サウンドバー」と呼ばれる製品で、一般的に横長の筐体に通常スピーカーを2つ以上配置した製品です。横長の形状を活かして、ステレオ効果が高い音楽再生や迫力あるサウンドを楽しめる製品です。

TT-SK028:TaoTronicsロゴ

ホームシアター向けの1mを超える大きなものもありますが、TT-SK028は横幅42cmとコンパクトな形状になっています。メインの使用用途は、PCやTVの音声をより良い音質や音量で楽しむためのものになっています。

TaoTronicsは前作のサウンドバー【TT-SK018】がAmazonで1,000件を超えるレビューがついく大ヒットとなっていますが、TT-SK028から何が変わったのか、どこが良くなったのかをまずはチェックしたいと思います!

スポンサーリンク

TT-SK028のスペックとデザイン

スペックシート

まずはTT-SK028のスペックをチェックしてみましょう。

TT-SK028仕様
出力合計6W
スピーカー構成フルレンジスピーカー x2基
パッシブラジエーター x2基
ツイーター x2基
音声入力AUX接続(3.5mm)
Bluetooth 5.0
電源USB給電
保証期間合計30カ月(基本 12カ月+製品登録後18カ月)
サイズ幅 42cm x 奥行き 6.0cm x 高さ 7.3cm
重さ962g
TT-SK028:ドライバユニット構成
ユニット構成(公式製品ページより参照

一番メインのスピーカーユニットですが、前作TT-SK018が2基のユニットだけだったのに対して高音の再生が得意なツイーターを2基、そしてこれは電気的なユニットではないのですが低音をアップさせるための

6Wと聞くと小さめ?と感じるかもしれませんが、音量はかなり大きいです。ニアフィールドと呼ばれる、手が届く範囲に置く限りは多分音量を1/3以上にすることはないでしょう。

筐体デザインについて

TT-SK028:パッケージ
TT-SK028:同梱物一覧

まず、パッケージを開けてみました。同梱物は、とてもシンプルで、本体(USB充電ケーブルは固定式で取り外せない)、3.5mmオーディオケーブル、ユーザーガイドのみです。

TT-SK028:正面左アップ

正面左から見たところはこんな感じです。スピーカー面は5度くらいの軽い傾斜がついています。

TT-SK028:本体右にあるボリュームノブ

本体右がボリュームノブになっており、上下に回すだけではなく、押し込む動作で各種コントロールが可能です。

アクション操作方法
電源オンUSB電源ケーブルを有効なUSBポートに接続
電源オフUSB電源ケーブルを抜く
Bluetoothモードオン/オフボリュームノブを2度押し
音量+ / –ボリュームノブを時計回り/反時計回りに回す
再生/一時停止ボリュームノブを1度押す
電話応答/終了ボリュームノブを1度押す
電話拒否ボリュームノブを1秒間長押し
TT-SK028:本体背面入出力ポート

本体背面には、3.5mmのオーディオ入出力ポートがそれぞれ付いています。

ぱんだ㊙

なんか操作ボタンも入出力もえらくシンプルだね!

デイブ

そう、電源ボタンさえないからね。操作も設置もシンプル!

TT-SK028おすすめの活用方法

TT-SK028:PCモニター下に設置したところ

基本的には、サウンドバーとしてPCやテレビと3.5mmオーディオケーブルで接続することで、音量と音質のアップを図るのが一般的な使用方法だと思います。

電源用のUSBポートやイヤホン・ヘッドフォン端子などを備えていますので、そこに接続するだけですぐ迫力ある音声を楽しむことができます。

TT-SK028:ボリュームノブが点灯している模様

さらに、TT-SK018からTT-SK028になって変わった一番大きなポイントが【Bluetoothに対応したこと】です。

アウトドアイメージ

そのため、例えば電源をUSBモバイルバッテリーから供給し、スマホからBluetooth接続すれば、アウトドアやキャンプのときも、大人数で良い音で音楽を楽しめます。これは大きなポイント!(防水機能は無いのであくまで晴天時やテント内で)。

デイブ

近隣の方の迷惑にならないように音量や時間帯には配慮をお願いします!

ぱんだ㊙

というか、気にしなきゃならないほど、アウトドアでの仕様に耐える音量も音質なんだよねー。

スポンサーリンク

TT-SK028がイマイチなポイント

かなり優秀なTT-SK028ですが、何点か改善ポイントがありそうなので、ちょっとリストアップしてみます。

TT-SK028イマイチポイント
  • 音量の上がり方がデジタルで、1段ずつの音量増減が大きい
  • 電源ON/OFFスイッチが無く、USBを抜き差しする必要がある
  • USBケーブルが直付けで脱着できない

改善はどれも可能だと思うので、自バージョンでは採用していただきたいと思います。音量設定は、【0→1→2→】と上げている場合の、【0→1】はまぁ問題ないのですが、その後の【1→2】【2→3】とそれぞれのアップ分が大きくてちょっとイラッとします。

本体横のボリュームノブも「コクコク」としたひっかかりがあるタイプになっていて、ノブをつかってもやはりデジタルっぽい音量調整になります。ここはちょっと残念。

電源スイッチについては、自分で対応しちゃいました。私は上記の写真のようにPC用のモニタの下の隙間に設置して使っていますが、USB電源は電源付きUSBハブから取っているので、電源がオフできません。

ちょっと気になるので、下記のようなUSBをON/OFFできるスイッチを挟むことで、パチパチとオンオフしています。これオススメです!

TT-SK028の音質は?

TT-SK028の音質は、期待以上のデキでした。さすがの6ユニット搭載ということで、低音から高音までしっかり鳴らしてくれます。他の3,000円台のスピーカーの音とは全然違いますね。

あまり小さい音では楽しめないのは事実で、ボリューム5以上くらいでしっかりしたクオリティで音楽を楽しむことができる感じですね。

使い始めるまでは、多分机の反射音なども使って音量を稼いでいるのかな、と思っていたのですが、あまりそれは関係なかったです。手で持っても音質は変わりませんでした。

形状的に、横方向の広がりはあまりないのですが、正面において、軽く見下ろすくらいの位置に本機を設置して再生すると非常に迫力がありますね。

TT-SK028レビューまとめ

TT-SK028は、安価なミニサイズのサウンドバーで、定価でも4千円を切るリーズナブルな価格ながら、前作からスピーカーユニットを4つも増やし、さらにBluetooth接続にも対応することで、非常に使い勝手が良い製品に仕上がっています。

音質も、ステレオ成分は弱めながら、音量をアップすることで筐体サイズからは信じられない非常に迫力のある音声が楽しめる、なかなかのスグレモノスピーカーでした。手軽にPCうやTV、スマホ関連の音質をアップさせたい人にオススメのガジェットです!

Amazonでおトクにお買い物!
Amazonで買い物をするまえにやっておくとおトクになる3つの方法について解説しています。ちょっとの手間で、Amazonポイントをがっつりゲット! ≫ Amazonを見る ≫ 記事を見る
2ヶ月間の無料体験でも十分楽しい!アマゾン オーディブル(Audible)を賢く使ってビジネス・エンタメ・語学学習も!
【耳で読む】アマゾン オーディブル(Audible)なら、ビジネス・エンタメ・語学学習もながらでできます! 今なら2ヶ月間の無料体験実施中! ≫ Audible無料体験 ≫ 記事を見る
【まとめ】買って良かったおすすめのガジェット・家電【ベスト20】
本ブログでご紹介している中から、特に「ガジェット・家電」のカテゴリに含まれる製品のベスト20をピックアップしてみました。どれも、人生をわくわく・楽しく過ごさせてくれるような一品揃いです ≫ 記事を見る
【まとめ】作ってみて本当に美味しかったホットクックレシピ 【ベスト20】
これまでにホットクックで110を超えるレシピを試してみましたが、その中でも実際に作って、食べてみて美味しかったレシピ「ベスト20」をチョイスしてみました。どれも本当に美味しいですよ! ≫ 記事を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA