キャンプ・デービッド

勝間さんのレシピで豆乳スープを作ってみた

ども、デイビッドのキャンプでございます。やっと週末金曜日、美味しいものを作って週末に備えたいと思います。今日は、勝間和代さんが先日ブログでおすすめされていた、「沸騰させないなめらか豆乳スープ」を作ってみたいと思います。勝間さんのブログ記事はこちらです。

材料は、厚揚げ、しめじ、えのき、豆乳を入れます。しめじは冷蔵庫にあったので、勝間さんのレシピには無いのですが使って見ました。

f:id:davetanaka:20180705221123j:plain

材料の合計の半分の豆乳と半分の水を入れる=材料の合計の2倍の重量に対して0.6%の塩を計測して追加します。今回は、11.3gの塩となりました。

f:id:davetanaka:20180705222054j:plain

材料は適当にカットして、ホットクック の内鍋にどさどさと追加し、さらに上から豆乳、水、計測した塩を入れます。

f:id:davetanaka:20180705222119j:plain

予め登録されたメニューには存在しないので、「手動」メニューで温度を「90度」を指定し、沸騰後の調理時間は「20分」としました。冷たい豆乳を使用したからか、沸騰するまで約45分かかったので、合計で調理が終了するまで65分かかりました。

f:id:davetanaka:20180705233906j:plain

出来上がりはこんな感じです。器にとりわけた後で、ゴマ油を振りかけてます。さすがに、沸騰させていないので豆乳がダマになったりせず、非常にスムーズで滑らかな仕上がりになっていて、とても美味しいです! 翌日温め直す時も、焦がさないように注意して温めたところ、小麦粉や片栗粉などは入れていないのに、作りたてよりもねっとり感が増して、さらに美味しさに磨きがかかりました

今回の味付けと考えると、豆乳本来の味と塩だけで、あとはキノコや厚揚げから染み出た旨味のみでしか入っていません。普通は、コンソメなどの味付けをしないと、豆乳臭さが気になる場合もあると思います。

でも、今回のレシピだと、全くそんなことはなくてただただスムーズで、適量に加えられた塩によって旨味を引き出された豆乳を思う存分、混じり気なしに楽しめます。そういう意味で、味はこれだけで必要十分であり、いくらでもスルスルと美味しく飲めるスープに仕上がったのでびっくりしました。他にも、具材は、人参や玉ねぎ、ピーマンなどを追加しても全然ありだと思いますので、アレンジバージョンにもチャレンジしてみたいと思いました。

 

今日もここまで読んでいただき、ありがとうございました。よろしかったら、こちらから読者登録していただけると嬉しいです。それでは、また!