キャンプ・デービッド

ホットクック レシピ#31:すじこん(牛すじこんにゃく煮)を作ります

ブログをHTTPS化した日曜日

ども、デイビッドのキャンプでございます。今日ものんびりだったので、昼間はこのブログのHTTPS化にトライしました。HTTPS化につきましては、こちらのブログを参考にさせていただきました。先人の知恵の数々、非常にありがたかったです!

www.notitle-weblog.com

blog.minimal-green.com

blog.wackwack.net

HTTPS化のメリットとしては通信がセキュアになる、という本来の目的ももちろんあるのですが、Googleが検索順位の上でHTTPSサイトを優遇すると明言しているというのが一番でした。見ていただける可能性があるななら、いつかは対応しなければならないので、まずチャレンジしてみました。

ただ、当ブログは2017年の12月から開始したばかりで、ちょっとその分楽だったかも知れません。例えばこのブログで使用している写真ははてなブログの写真ツール=はてなフォトライフ経由で貼り付けているのですが、同サービス側ですでにHTTPSに移行してくれていたので、混在コンテンツ(Mixed Content)の問題がありませんでした。デザインテーマ「Brooklyn」もすでにHTTPS対応になっています。

その意味では、はてな側でやったことは、バックアップを取ることと、HTTPSに設定を変更したくらいでした。他には、ちょっと大変だったのは「Google Search Console」くらいで、あとは設定の変更だけで済んだり、そもそも「http:.//」「https://」については設定不要だったりしたので、結構すんなり移行できたと思います。もうちょっと早くやっとけばよかったです。

晩酌のお供にホットクックで「すじこん」作ります

今日ホットクックのアプリ「COCORO KITCHEN」を立ち上げたら、本日のオススメレシピとして下記の「牛すじの煮込み」がプッシュされていたので、なんか美味しそうだったのでこれを作ることにしました。

cook-healsio.jp

私的には、牛すじの煮込みでこんにゃくが入ったものは「すじこん」と呼ばれることが多いと思うんですがどうなんでしょうね? Wikipediaで調べると「神戸市の長田区周辺ではぼっかけと称している」と記載されてます。ふむふむ。

下ごしらえ~牛すじをキレイにします

材料はシンプルで、牛すじとねぎ(青い部分のみ)、こんにゃく、しょうがくらいです。

f:id:davetanaka:20180708201359j:plain

まずは、牛すじを茹でてきれいにするのですが、それにはネギの青い部分と、生姜の薄切りといっしよに煮ます。

f:id:davetanaka:20180708201804j:plain

ホットクックの内鍋に、水800ccと一緒に入れます。ホットクックのメニューは、「手動で作る」>「スープを作る(まぜない)」>「 約10分」で下茹でします。 

f:id:davetanaka:20180708203644j:plain

f:id:davetanaka:20180708210633j:plain

完成するとこんな感じになります。

f:id:davetanaka:20180708211310j:plain

水であらって、一口大にカットしておきます。同時に、こんにゃくも手で一口大にちぎって塩で揉んでおき、茹でておきます。

f:id:davetanaka:20180708204109j:plain

f:id:davetanaka:20180708205304j:plain

また、調味料として「酒 大さじ4」「みりん 大さじ4」「砂糖 大さじ3」「しょうゆ 大さじ2」を予め計量して準備しておきます。

調理開始。結構時間かかるけど、他の事できるから楽ですね

f:id:davetanaka:20180708211451j:plain

先程牛すじを下茹でしたので、ホットクックの内鍋が汚れていますので、一度ちゃんと洗います。そこに、カットした牛すじ、こんにゃく、そして先程の調味料を投入します。 f:id:davetanaka:20180708211638j:plain

改めて、メニュー #29の「牛すじの煮込み」を選択します。さすがに牛すじを柔らかくするために、調理時間が1時間半と長めでした。

ねっとり、ぷりぷり、うまー!

f:id:davetanaka:20180708224718j:plain

辛めが好きなので、一味をぱらぱらと振っていただきます。うまっ! 牛すじは噛むとねっとりと柔らかく、ちょっと残っているお肉の部分からも旨味がでて、口の中に濃厚な美味しさが広がります。次にこんにゃくを口に運ぶと、ぷりん!と歯で噛み切れる一方で、中までしっかり味が染み込んでいます。非常にお酒が進みそうな、甘辛さが嬉しいです。

この味付けですが、牛すじを食べているときには、牛すじ特有の味わいや食感の方が前面に出てしまい、ちょっと後ろに控えている感じです。一方で、こんにゃくを食べているシーンだとぐっと前面に出てくる感じで面白いです。

そう考えると、牛すじとこんにゃくという取り合わせって、非常によく考えられた料理だなぁと関心しちゃいました! 今日は遅いのでお酒は飲まないですが、明日は晩酌の肴にしようっと!

 

さて、今日もここまで読んでいただき、ありがとうございました。よろしかったら、こちらから読者登録していただけると嬉しいです。それでは、また!