Amazon初のブラックフライデーセール開催! お得に買い物する方法はこちら

ホットクック レシピ#97:「エリンギとしいたけのバター醤油炒め」の無敵感

ども、Daveでございます。今日は、前回食べておいしかったジャンボなエリンギ「エリンくん」としいたけを使ったバター炒めを作りたいと思います。

f:id:davetanaka:20190305213150j:plain

左から、エリンギ、しいたけ、太いちくわ3本、にんじんです。

f:id:davetanaka:20190305214035j:plain

f:id:davetanaka:20190305214119j:plain

ざっくざっくとカットして、どさどさとホットクックの内鍋に投入します。

f:id:davetanaka:20190305214729j:plain

バターは約15g使用します。写真でカットしているやつは11gくらいだったので、もうひとかけら足しました。バターをいれた状態で、改めてホットクックの内鍋ごと軽量します。ホットクックの内鍋は865gなので、重さ1,627 – 865 = 762gが食材の重さです。

f:id:davetanaka:20190305214902j:plain

お醤油は、食材に対して3.75%を入れるとちょうど目的の0.6%塩分量になるようにつくってあるので、762g * 0.0375= 約28.6のお醤油を入れればOKです。このように、計算で適量の塩分を算出できるので、食材の量が多少変わっても、またあまった野菜を追加してしまっても全く問題なのがロジカルクッキングの特徴ですね!

f:id:davetanaka:20190305215242j:plain

水分がほとんどないので、オリーブオイルを2回しほど鍋肌にまわしかけておきます。まぜ技ユニットをセット、フタをしめて「炒める」>「(沸騰後調理時間)5分」でセットします!

f:id:davetanaka:20190305221344j:plain

完成! 仕上がりを確認しましたが、各種きのこにもお野菜もしっかり火が通っているので、これでOKです! それより、バターとお醤油を炒めたときの香りが一気に立ち上って食欲をそそりますね! ホットクックは、フタをして密閉空間で調理するので、風味や香りを閉じ込めたままで調理できるんですよね。

f:id:davetanaka:20190305221443j:plain

いっただきまーす! まぁ、想像していた通り、美味しいですよ。そりゃ、キノコをバター醤油で炒めたら破壊力抜群ですよね。でも、こんな美味しい一品を、準備5分、ほったらかし調理20分でおいしく仕上げてくれるホットクックはやっぱりすごいなーと思いました。固めに炊いた玄米ご飯との相性もばっちり! 今日も大成功でございました。それでは、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA