キャンプ・デービッド

Oculus Go:VRの楽しさを満喫できる1コイン優良アプリ3本

ども、デイビッドのキャンプでございます。

 

最近、Oculus Goで遊んでますか? 私の周囲では「寝っとフリックス」(寝ながらNetflixを観る)とか、FANZA(旧DMM.R18)の人気は根強いみたいですが(伝聞)、残念ながらその他のアプリを楽しんでるという話をあまり聞かなくなってしまいました。

新旧ごちゃまぜではありますが、私が「やっぱOculus Go買ってよかったなぁ」と思っているオススメアプリ3本をご紹介したいと思います!

f:id:davetanaka:20180809223340p:plain

※過去のOculus Go関連記事はこちらをご参照ください!

では、いきます!

①真の力を発揮するGoogle Street View。実家の前で佇んで涙ぐむ「Wander」

Wanderは、簡単に言えば360度見渡せるGoogle Street Viewです。世界中どこでもGoogle Street Viewのピンが立てられるところに移動でき、そこで周囲を全部写真に囲まれたような状況の中に立つことができます。

 

…これ、実際に見回しているところを動画にしてお見せできればよいのですが、いまいちどうやってアプリプレイ中の動画を録画すればよいのかわからないので、他の方が作成されたYouTubeをご紹介しておきます。

 いわゆる世界各国の名所旧跡なども登録されているので、アメリカ・ニューヨーク・ユニオンスクエアとか、オーストラリア・シドニーのオペラハウスの広場とか、世界のディスニーパークとかすぐにアクセスできます。日本だと「Okinawa」ってプリセットがありました。

 

でも、一番エモいのは、自分が過去に済んでいた場所、例えば実家とか、昔住んでいたアパートとか、そういう場所に佇むことでした。Google Street Viewなので、まるで自分だけが時間が止まった世界で1人佇む感じが、非常にぐっとくる体験でした。ぜひ、一度体験してください!

 

もちろん、外出や旅行の下準備などにも使えますので、590円は決して高くないと思います!

 

②走る、走る、俺とゾンビ!ゾンビ障害競走「Evil Dead」

これも、どんなゲームかをわかっていただくには動画をみていただくのが一番わかりやすいと思いますので、まずはご覧ください!

そう、ゾンビ障害競走+ゴールでボス戦闘、です。ゾンビ的味付け多数なので、大味なゲームかと思いきや、ゾンビをぶち倒す爽快感と、(慣れれば)楽しいボス戦がなかなか良くできていると思いました。

 

注意点としては、道は選べるのですが、小山というか丘を越えるとき、かなり上下の視点移動があって酔いやすいのと、左右にクイックに移動して、ゾンビやボスの攻撃を避けるには左右に頭を大きく動かす必要があり、周囲に広めの場所を確保しておかないと、壁に頭を打ち付けるハメになりますので、ご注意ください(左の側頭部痛い…)

 

③ポップ&カラフル&キュートなパズル。でも歯ごたえ十分「GNOG」

 最後、今回オススメしている3本の中でも一番オススメなのが「GNOG」(ノッグ)です! あぁ、なにこのポップでキュートな世界観!

これ、ジャンルはパズルなんです。「9種類のいろいろなテーマをもったロボットの頭の中を覗いてパズルを解く」というものです。「カエル」「潜水艦」「お菓子屋さん」「5階建てのビル」「宇宙船」「木」などなど。

f:id:davetanaka:20180810002727p:plain

GNOGが凄いなぁと思う点が3つくらいあるのですが、まず起動してすぐ感じることとして、気がつくこととしては①グラフィックとBGMが素敵ってのがあると思います。ワン&オンリー、独特かつ独創的ですごく楽しいです。わお!って感じ。

 

次に、②手触りがとても良いです。押したり、引いたり、裏表に回転させたり。いろいろ触っているうちに、だんだん仕掛け・仕組みがわかってきて、正解に近づきます。

ただボタンを押しているだけでも、アニメーションや効果音でのフィードバックが楽しくて、パズルが解けない状況でも、子供がおもちゃを触るように、好奇心の塊になって熱心に遊んでしまいます。私、初回のプレイをなぜか立っている状態で初めたのですが、1時間近く立ちっぱなしでGNOGの世界にどっぷりつかってました

f:id:davetanaka:20180810002748p:plain

最後に、これ凄いなぁと思ったのは③「パズルを解く」こと=ロボットと共感することになっているところですね。GNOG、パズル自体のヒントとかは全くないんですが、それぞれのロボットのテーマはストーリーボードのような形で見れたり、オープニングのときに提示されたりします。

「このロボットの願望・要望・困っていることってどういうことなんだろう?」「なにがしたくて、どうなりたいんだろう」というのを、絵や音を通じて考えることが、実はパズルを解くヒントに直結しているって、これ考えた人天才じゃないですかね?

わたし、正直カエルと蝶の面(FRG-Y)を解きながら泣いてました

f:id:davetanaka:20180810002801p:plain

そう、立ちながらだったので立ち泣きですよ(笑)。パズルでこんな表現ができるとは…と感動してしまいました。これも、490円でプレイできますので、ぜひ一度、プレイしてみてください!

 

さて、今回は私が「Oculus Goを買って良かったなぁ」と思ったソフトを3本ご紹介しました。

 

さて、今日もここまで読んでいただき、ありがとうございました。よろしかったら、こちらから読者登録していただけると嬉しいです。それでは、また!