キャンプ・デービッド

ホットクック レシピ#103:たっぷりキノコと野菜の味噌炒めをトマトの風味でさっぱりと

ども、デイビッドのキャンプでございます。新元号、発表になりましたねぇ! なぜか私の頭の中ではエリック・クラプトンの、それもちょっと響きが似ている「Leyla」じゃなくて、「Forever Man」がエンドレスで流れる事態に見舞われていますが、クラプトン超絶かっこいいので良しとします。

さて、今週は海外からのビジターが目白押しでございます。 多分、お昼ごはんや夜ごはんなど、外食も増えると思いますので、家ではしっかりお腹に良さそうな食事をとっておこうと思います。

冷蔵庫にトマトが多めに残っていたので、トマトは決定として、ヘルシオ ウォーターオーブンでいくか、ホットクックにするか。今日は、「トマト+お味噌」の味付けでいってみたいと思います!

f:id:davetanaka:20190401200204j:plain

食材はお野菜たっぷり目で。左から、ほうれん草1束、しめじは1株、小さめのトマト3個、えのきだけ、にんじん1本、とちおの油揚げ、そして玉ねぎ2個です。

f:id:davetanaka:20190401201617j:plain

それぞれ食材を続々カットします。う、さすがのホットクック2.4Lでもちょっと量が多いかもしれませんね…さてどうでしょう?

f:id:davetanaka:20190401205726g:plainなんとかぎりぎり入りました! 油揚げは煮込みすぎると残念なので、あとから投入します。

f:id:davetanaka:20190401202136j:plain

今回、味付けは味噌だけにしました。トマトの酸味と味噌って意外に合うので。そして、お味噌はいつも愛用している福寿さんの百年蔵みそです。

f:id:davetanaka:20190401223800j:plain

このお味噌は本当に愛用しています。あきたこまち米・大豆・塩で作られた非常にシンプルなお味噌なのですが、その分変な癖がなく、お野菜を美味しく仕上げるのにはぴったりです。勝間和代さんの「勝間式 食事ハック」でも紹介されていましたが、0.6%の塩分量を達成するには、総材料の5%の味噌を加えればOK、となっており、分量の計算もすごく簡単になっているのもポイントです。

今回、食材の総量は1,385gだったので、その5% = 69.3g分のお味噌を投入してホットクックで調理開始します。「炒める」>「(沸騰後調理)5分間」の絶対失敗しないメニューで調理しました。全体では、25分くらいかかりました。

f:id:davetanaka:20190401205217j:plain

f:id:davetanaka:20190401205233j:plain

完成! だいぶかさが減ってますね! すでにトマトのいい匂いがしています。ここで油揚げを加えて、さらに5分追加加熱します。

f:id:davetanaka:20190401205856j:plain

完成! アツアツの時はちょっと味が薄めに感じましたが、ちょっと冷めてくると、酸味の角が取れたトマトと、お味噌の風味がちょうどバランスです。味付けがお味噌だけなのに、ちょっと洋を感じるのはトマトのおかげですかね。

 

にんじんは皮ごとカットしてますので、しっかり食感が残っています。それをとろとろになった玉ねぎやほうれん草がくるみ、しっかり汁のしみ込んだ油揚げのおかげで食べ応えもあります。これはお腹いっぱいになりますね!

 

これだけ多くの野菜を、楽々調理で安心して美味しくいただけるのはほんと、ホットクックのおかげですね。それでは、また!